通常配送無料 詳細
残り1点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、ラミア通商が販売し、Amazon.co.jp が発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
希望のビジネス戦略 (ちくま新書) がカートに入りました
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 本体、カバーともに状態良。こちらの商品はAmazonからの発送となります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

著者をフォローする

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。


希望のビジネス戦略 (ちくま新書) 新書 – 2002/12

5つ星のうち 4.0 7件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
新書
¥ 1,650
¥ 1,650 ¥ 1
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。


商品の説明

メディア掲載レビューほか

希望のビジネス戦略
経営のキーワードは戦略とミッション(使命)だという。早くからITバブルを見抜き、米国信仰に警鐘を鳴らした著者が、マイクロソフト日本法人の元社長である成毛眞氏との討論を通じて企業再生の処方箋を示す。(聞き手は磯道 真)

日本モデルで再生を

――経済や財政が専門なのに企業経営や経営戦略に関心を持たれているのはなぜですか。

グローバルスタンダードの名の下に、無批判にアメリカンスタンダードを受け入れたことが日本経済にデフレ圧力をもたらしたと考えるからです。

まず米国型の企業経営を信奉する人たちは、米国の実情について嘘をつくなと言いたい。例えば、一時もてはやされた株式公開を目指すベンチャーキャピタル市場育成よりプライベート・エクイティ・ファイナンスの方が米国では役割が大きいのです。ペイオフ(定期預金などの払戻保証額を元本1000万円とその利息までとする措置)だって預金者保護制度なのに、預金を保証しない制度だとか非効率な銀行を淘汰する制度というイメージが広がっているのもおかしいと思います。

次に米国に学ぶとしても、米国にはいいものも悪いものもあるので、見極めが重要です。日本に米国の制度をそのまま持ってきていいのかということです。日本には日本に適したやり方があるはずです。日本モデルを構築して再生を目指すべきです。

重要なのは、自分の持つ使命感を商売で生かすことです。これが戦略につながります。長期停滞下での経営者の革新能力に注目したシュンペーターと同じです。

――対談相手に成毛さんを選んだのはなぜですか。ビジネスで成功した成毛さんと弱者保護の視点に立つ金子さんでは考え方が異なるように見えます。

IT(情報技術)革命といった浅薄な議論をずっと批判してきた手前、僕が言いたかったことを実践しているような人、モデルになる人を示したかったのです。彼はマイクロソフトの日本法人社長を退任した後、ハゲタカファンドともベンチャーキャピタル市場育成とも違う「不思議」な投資ファンドを作りました。しかもオールドエコノミーで優秀なところを支援してきました。株主になったうえでコンサルタントとして企業に入っていく手法に彼の独創性を感じた点が大きいですね。

こういう人がもっとたくさんいたら、日本経済は長期デフレの中でも次の芽を育て、新しい日本モデルを開発していける気がします。もっとも、今のままでは政策の失敗が大きく個別企業の努力は限界がありますが。

――日本の経営者にとって、成毛さんのどこが参考になりますか。

彼が面白いのは、まずアメリカンスタンダードと呼ばれるものを直輸入していないということ。日本に合うように変形しています。

次に彼は現在の日本企業や社会システムの欠陥を補っています。企業社会は本来、様々な仲介機能から成り立っています。例えば、資金や人材、技術、マーケティング、販路を他の企業に媒介してもらうことです。間接金融が主体だった時代は、銀行や商社、問屋などがそういう役割を演じてきました。それが今、ずたずたになっています。いい技術を持っていてもどう応用したらいいかが分からない。彼がその仲介機能の回復を目指しているというのも面白い視点です。

3番目は企業のIT化に際し、これを道具として企業にどう生かしていくかを考えている。単にシステムを構築すればいいというのではなく、企業組織の変革にどうつなげるかという視点です。企業の内部に入り、市場を変えていくことに長けています。


(日経ビジネス 2003/04/21 Copyright©2001 日経BP企画..All rights reserved.)
-- 日経BP企画

内容(「BOOK」データベースより)

デフレ不況が深刻化する中で、身動きが取れずにいる企業は少なくない。ばら色の夢をふりまいた「IT革命」論も今は鳴りをひそめ、日本経済は展望を失ったままだ。こうした状況から抜け出すには、企業再建が欠かせない。その処方箋を提示するべく、戦略的ベンチャー企業家と気鋭の経済学者が徹底討論。自己革新能力を低下させた企業の再生に必要なのは何か、問題の核心は何なのかを明らかにしてゆく。企業再建の実例も示され、これからのビジネスを考える上で、多くの手がかりが得られるはずだ。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 新書: 200ページ
  • 出版社: 筑摩書房 (2002/12)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4480059784
  • ISBN-13: 978-4480059789
  • 発売日: 2002/12
  • 梱包サイズ: 17 x 11 x 1 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 7件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 741,813位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

7件のカスタマーレビュー

5つ星のうち4.0

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

7件中1 - 7件目のレビューを表示

VINEメンバー
2007年5月23日
形式: 新書Amazonで購入
2003年6月8日
形式: 新書Amazonで購入
5人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2007年4月28日
形式: 新書
殿堂入り
2003年4月15日
形式: 新書
5人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2003年5月27日
形式: 新書
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2002年12月27日
形式: 新書
4人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2004年9月13日
形式: 新書
4人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告