通常配送無料 詳細
残り5点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
市場間分析入門~原油や金が上がれば、株やドルや債券... がカートに入りました
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 中古品のため商品は多少のキズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。商品はアマゾン倉庫内にある為、商品に関する個別のお問合せにはお答えできません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせます)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

市場間分析入門~原油や金が上がれば、株やドルや債券は下がる! (ウィザード・ブックシリーズ) 単行本 – 2005/4/28

5つ星のうち 4.1 9件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 6,264
¥ 6,264 ¥ 4,473

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 市場間分析入門~原油や金が上がれば、株やドルや債券は下がる! (ウィザード・ブックシリーズ)
  • +
  • 先物市場のテクニカル分析 (ニューファイナンシャルシリーズ)
総額: ¥11,192
ポイントの合計: 336pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

出版社からのコメント

マーケットは相互に関連し合っている!
これから上がる市場がわかる!
 市場間分析(インターマーケットの分析)は、ジョン・マーフィーの画期的な著書『インターマーケット・テクニカル・アナリシス——トレーディング・ストラティジーズ・フォー・ザ・グローバル・ストック・ボンド・コモディティ・アンド・カレンシー・マーケット(Intermarket Technical Analysis : Trading Strategies for the Global Stock, Bond, Commodity, and Currency Markets)』の刊行から10年を経てようやく脚光を浴びるようになった。グローバルなマーケットは相互に関連し合っているという考え方は今から10年前には疑いの目で見られていたが、現在では最も重要なテクニカル分析の原則のひとつになっている。現在のマーケットウオッチャーは歴史のなかに、将来のマーケットの動きを予測する手掛かりを得ることができる。 マーフィーは本書のなかで、グローバルな各マーケットの最新データを駆使して、世界のさまざまなマーケットが相互に関連し、またそれぞれに影響し合っていることを明らかにしている。1980年代のアメリカの株高をもたらしたインターマーケット(市場間)の相互関係を概説したあと、1987年の株式臓�暴落とインターマーケットの原則におけるその重要性を分析。イラク危機による1990年の株式暴落はその後のグローバルな出来事と関連付けて検討され、また1997年のアジア通貨危機に端を発したデフレトレンドが、どのように2000年の株式バブル崩壊とそれに続く3年間の弱気相場をもたらしたのかについても深い分析が加えられている。 一方、長期のグローバルなマーケットの関係を大きく変化させた最近の状況について、従来のインターマーケットの原則は今でも立派に機能しているとしながらも、大きく変質したインターマーケットの相互関係を詳しく分析している。本書ではインターマーケットの原則は「静的な」ものではないという前提に立ち、次の点にも鋭いメスを入れている。
二度にわたる湾岸危機とイラク戦争
10年以上に及ぶ日本経済のデフレスパイラル
テクノロジー株の異常な人気化とナスダック株バブルの崩壊
 テクニカル分析の教育者であり、また熟練したトレーダーとしても豊富な経験を持つ筆者は、グローバルなインターマーケットの相互関係を理解するための分析ツール、それを使って投資家がどのような景気でも利益を上げられる方法を紹介している。各景気局面でどのマーケットとマーケットセクターが人気化するのかが分かっていれば、上昇するマーケットにタイムリーに参入し、下降するマーケットからうまく退出することで大きな利益を上げられるだろう。

レビュー

マーケットは相互に関連し合っている!
これから上がる市場がわかる!
市場間分析(インターマーケットの分析)は、ジョン・マーフィーの画期的な著書『インターマーケット・テクニカル・アナリシス——トレーディング・ストラティジーズ・フォー・ザ・グローバル・ストック・ボンド・コモディティ・アンド・カレンシー・マーケット(Intermarket Technical Analysis : Trading Strategies for the Global Stock, Bond, Commodity, and Currency Markets)』の刊行から10年を経てようやく脚光を浴びるようになった。グローバルなマーケットは相互に関連し合っているという考え方は今から10年前には疑いの目で見られていたが、現在では最も重要なテクニカル分析の原則のひとつになっている。現在のマーケットウオッチャーは歴史のなかに、将来のマーケットの動きを予測する手掛かりを得ることができる。 マーフィーは本書のなかで、グローバルな各マーケットの最新データを駆使して、世界のさまざまなマーケットが相互に関連し、またそれぞれに影響し合っていることを明らかにしている。1980年代のアメリカの株高をもたらしたインターマーケット(市場間)の相互関係を概説したあと、1987年の株式臓�暴落とインターマーケットの原則におけるその重要性を分析。イラク危機による1990年の株式暴落はその後のグローバルな出来事と関連付けて検討され、また1997年のアジア通貨危機に端を発したデフレトレンドが、どのように2000年の株式バブル崩壊とそれに続く3年間の弱気相場をもたらしたのかについても深い分析が加えられている。 一方、長期のグローバルなマーケットの関係を大きく変化させた最近の状況について、従来のインターマーケットの原則は今でも立派に機能しているとしながらも、大きく変質したインターマーケットの相互関係を詳しく分析している。本書ではインターマーケットの原則は「静的な」ものではないという前提に立ち、次の点にも鋭いメスを入れている。
二度にわたる湾岸危機とイラク戦争
10年以上に及ぶ日本経済のデフレスパイラル
テクノロジー株の異常な人気化とナスダック株バブルの崩壊
テクニカル分析の教育者であり、また熟練したトレーダーとしても豊富な経験を持つ筆者は、グローバルなインターマーケットの相互関係を理解するための分析ツール、それを使って投資家がどのような景気でも利益を上げられる方法を紹介している。各景気局面でどのマーケットとマーケットセクターが人気化するのかが分かっていれば、上昇するマーケットにタイムリーに参入し、下降するマーケットからうまく退出することで大きな利益を上げられるだろう。 --書籍カバー内容紹介より

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 326ページ
  • 出版社: パンローリング (2005/4/28)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4775970518
  • ISBN-13: 978-4775970515
  • 発売日: 2005/4/28
  • 商品パッケージの寸法: 21.2 x 14.6 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.1 9件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 448,847位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.1

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本 Amazonで購入
経済の事なんかほとんどわからない自分には理解できない言葉がたくさん書いてあって、自分が理解するには人生3回分くらいの時間が必要だと感じた本でした。
自分のようなアホではなく、頭のいいみなさんには使える知識満載だと思われます。
過去の市場の上昇トレンド、下降トレンド、それらのトレンドはその他の市場とどのような関係があったのか。この本で出て来る主な市場は、債券、商品、株式、通貨の4つです。これらの市場がどういった経済状況の時に(インフレ、デフレ、ディスインフレ時)、どのようなトレンドの時に(上昇、下降トレンド)、どのようにお互いに関連しているのかという感じで説明してくれてます。 その具体例も、その他のトレード本で参考として出て来るような、1970年代の商品のインフレ、1987年のブラックマンデー、1990年代初めの湾岸戦争など、興味深いサンプルも多くあります。
また1980~2000までの市場間の関係性と2000年以降の市場間の関係性の変化の理由を探るのには、1930年代のマーケットを参考にするなどして説明してくれているので、債券、商品、通貨、株式、これら、4つの市場のチャートを見ながら、その2000年以後の市場間の関連性を自分なりに解釈して、優位性を見つける手がかりにできるかもしれません。
しかしながら、自分は、見やすいアメリカの債券のチャート
...続きを読む ›
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
複数の市場を比較して、どのような関係があるか。その関係をどう見ていくかを解説したのが本書の内容です。主に米国の市場について書かれていますが、考え方は日本市場を始めとしてどの国の市場でも使えそうです。為替と金利、株価などを比較したり、日米の株式市場の関係を見ることで、その後の動きを読んだりすることに役立てることができそうです。個人的には、もっと短期的な関係についての考察があると、より実践的で活用できると感じました。マーケット同士の相関関係を利用するというのが非常に新鮮で、新たな取引手法の開発に役立てることができます。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
先物市場のテクニカル分析(きんざい)で有名なジョン・J・マーフィーの新刊です。この本は資金がどのマーケットに向かっているのかを突き止めようとしています。市場間の相関や逆相関についても分析しています。著名なシステムトレーダーであるラリー・ウィリアムズは債券の動きをもとにS&Pを売買しているそうです。ラリーのもとでプログラミングをしていたマレー・ルジェーロもジョン・J・マーフィーの市場間分析に影響されたと語っています。市場間の動きをルールにしたシステムはファンダメンタルズに基づいてトレードすることになるのでそのロジックはより堅牢であるといえるでしょう。
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 master-trader VINE メンバー 投稿日 2006/7/6
形式: 単行本
二つのマーケットの長期チャートを重ねてみるか指数の比を見ることで世界の株式・債券・商品・通貨のメガトレンドを把握することが出来る、

というのがこの本の主眼です。

統計やチャートを見るときの一般的な注意事項(統計的関連は必ずしも因果関係を意味しない、

トレンドラインやそのブレイクアウトなどのパターン認識は多分に主観的なものである、など)に気を配って読めば、

今までインターマーケット分析に注意を払わなかった人にとっては目からうろこのいい本だと思います。

ただ10年前ならいざ知らず現代では初心者にも常識となっている部分もあり、真新しいとは思わない方もいるでしょう。

薄い本ですが過去の事象の羅列が多くあまり読みやすいほうではありません。

また本文の内容は2003年までの分析で終わっているため、それ以降に関しては著者のサイトにアクセスするか自分でデータを解析する必要があります。

個人的には、今後のマーケット展開に関して、テクニカル分析主体のこの本の結論がファンダメンタル分析主体のジム・ロジャースと同じであることが興味をひきました。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
債権や商品は、勉強するソース自体少なくて、体系的に学ぶことができませんが
この本を読んで、お金の「流れ」をつかめました。すでに知ってる知識も多々ありましたが
一読する価値はあると思います。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告