中古品
¥ 127
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
発売元 愛鷹屋
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 表紙に軽度のいたみと使用感がありますが、中のページは書き込みや折れなどなく良好な状態です。十分な検品をしてから出荷をしていますが、まれにチェック漏れによる書込や欠品がある場合がございます。その際はご連絡頂ければ返金などの対応を致しますので、ご連絡をください。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

巨怪伝〈上〉―正力松太郎と影武者たちの一世紀 (文春文庫) 文庫 – 2000/5

5つ星のうち 4.8 13件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 3,840 ¥ 107
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

長嶋のサヨナラホームランで知られる「天覧試合」は正力松太郎にとって36年前の事件に決着をつける大芝居だった。その事件とは……

内容(「BOOK」データベースより)

九回裏、背番号3・長嶋の放ったサヨナラホームラン―昭和三十四年、昭和天皇を迎えた“天覧試合”の劇的な幕切れは、その時天皇の背後に座っていた一人の老人にとって過去の恥辱を雪ぐことを意味した。その男・正力松太郎。読売新聞、日本テレビ、巨人軍の上に君臨し、大衆の欲望を吸いつくした男を描く大河ノンフィクションの傑作。


登録情報

  • 文庫: 550ページ
  • 出版社: 文藝春秋 (2000/05)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4167340038
  • ISBN-13: 978-4167340032
  • 発売日: 2000/05
  • 商品パッケージの寸法: 15 x 10.6 x 2.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.8 13件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 68,284位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.8
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫
 原発と正力松太郎との関係を知りたくて本書を手にとった。各章がかなり独立した読み物になっていて、原発については、12-13章のみ読めばわかるが、人物描写があまりに面白くて全部読みとおしてしまった。彼のとんでもない傍若無人ぶりや、目標に向かって強引に突進する行動力、そして百を優に超す政財界・メディア・スポーツ界の著名人が登場する豪華な人脈には驚かされた。もし自分の周囲に彼のような人がいたら辟易するだろうが、織田信長や毛沢東を連想させる強烈な個性は、大衆好みのヒーロー像としては最高にふさわしいし、正力自身もそれを理解していたようだ。

 彼が生きたのは、警察官として大衆と血みどろの格闘を演じた米騒動から、大衆の不定形な欲望をメディア・スポーツさらには天皇制にまでリンクさせた天覧試合まで、地縁・血縁共同体から切り離された「大衆」が社会の主役に躍り出た時代だった。本書には、警察・メディア・スポーツ・政治を通して「大衆」と格闘しこれを飼い慣らそうとした正力と、彼に操られたかのようにうごめく影武者たちの激しい感情が、膨大なエピソードの積み重ねによって生き生きと再現されている。まさに本書は、正力とその惑星たちの個人史の発掘であり、なおかつ近代日本の大衆社会史でもあると言えよう。
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
質・量ともに著者の代表作である。執念の作品といってもいいかもしれない。丹念で綿密な取材が持ち味の著者だが、それにしても巻末に掲載されている取材協力者、参考文献、登場人物一覧は膨大である。総理大臣もいればお笑い芸人もいる。戦後の著名人は殆ど登場している、といっていい程である。

彼は確かに欲望のままに動いたのかもしれない。彼は倒産寸前の読売新聞に乗り込み、大衆の心をつかむ革新的な紙面を作り出し、その後もテレビ、プロ野球、プロゴルフ、プロレスetcと彼は戦後日本で発展した興行の殆どに「父」として君臨している。「大衆の夢と欲望を食い尽くした男」というくだりがあったが、まさにその通りである。

しかし、実際に彼のアイデイアを実現してきたのは、この作品では“影武者”と呼ばれる男達である。ところが、正力により彼らの功績は切り捨てられた。それでも、彼の周りには人が集まってくる。この人脈の広がりは尋常ではない。善悪やイデオロギーを超越したまさに大きな怪人「巨怪」である。

そんな正力は、衆議院選挙に出るにあたって「総理大臣になるのが夢だった」と漏らしているのだが、これも彼の単なる欲望の一つなのだろうか、それとも、原子力発電も含めて、それまで彼が実現してきたことは総理になるための布石だったのであろうか…。

著者の作品は
...続きを読む ›
コメント 29人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
面白すぎで、すっかり圧倒されてしまった。一つには正力松太郎の巨大さにであり、もう一つは本書に9年間かけたと言われるノンフィクション作家佐野眞一氏の圧倒的な取材力と筆力にである。膨大なエピソードがちりばめられた上下巻1,000ページにものぼる大著だが、あきっぽい私でも読み終えるのが惜しいと思ったほど。

正力松太郎は"大衆操作の天才"と呼ばれ、プロ野球の父、テレビ放送の父、原子力発電の父と称される。正力の遺産はとにかく巨大なものだった。弱小だった「読売新聞」をプラウダを超える世界一の大新聞に育てたことに始まり、自由民主党の大連立を仕掛け、日本初のプロ野球チーム「読売巨人軍」発足、日本初の民放テレビ局「日本テレビ」開局、当時そのテレビで独占中継され根強い人気を持つ「プロレス」の立ち上げ、Jリーグ発足の基となった「読売サッカークラブ」創設、カナダ・カップ日本開催による「プロゴルフ」ブーム、原子力平和利用ブームを起こし「原子力発電」の日本への導入と、昭和大衆史は正力抜きでは語れないことを痛感する。

彼の業績は現在でいうと、新聞・テレビのクロスメディア、記者クラブなどの「マスメディア」問題や、原子力ムラと言われる「原発」問題につながり、そこに冷戦構造下のアメリカの思惑が深くかかわっていたことがよく理解できる。このことを紋切り型にいい悪いというのではな
...続きを読む ›
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
 エリート警察官僚が天皇警護の不始末の責任を取り、野に下り左に傾いた「読売新聞」に天下る、そして一代で稀代の日本最大の「反共」新聞を作り上げるまで。
 社会の公器といわれる新聞を、私物化しただけではなく、側近や他人の功績まで独り占めしなければいられない、強欲で強引なワンマン経営、読売新聞の戦前の再建から、巨人軍の設立、よみうりランド・後楽園の建設、戦後労働運動史に残る、読売大争議屋、原子力行政への食い込み、まさに巨怪と呼ぶに相応しい正力松太郎の伝記的一代記。
コメント 23人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー