この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。

著者をフォロー

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。


巨大戦艦ビスマルク―独・英艦隊、最後の大海戦 (ハヤカワ文庫NF) (日本語) 文庫 – 2002/7/1

5つ星のうち3.0 4個の評価

その他 の形式およびエディションを表示する 他の形式およびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本 ¥259
文庫
¥384

click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

「巡洋戦艦フッド、爆沈!」1941年5月24日早朝、ナチス・ドイツの誇る超弩級戦艦ビスマルクは勝利の興奮に打ち震えていた。イギリス海軍屈指の巨艦を、戦闘開始から数分で葬り去ったのだ。しかし、乗り組む2000余名の将兵は、わずか1発の魚雷が彼らにもたらす非情極まる運命を、まだ誰も知らずにいた…巨艦ビスマルクの栄光と悲劇の生涯を、戦史に残る貴重な写真を多数駆使して克明に再現する、ファン必読の海洋戦記。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

ミュレンハイム=レッヒベルク,ブルカルト フォン
1910年、代々軍人を輩出する男爵家の長男としてベルリンに生まれる。1929年、ドイツ海軍兵学校に入学。卒業後は海上勤務、駐ロンドン大使館付き海軍武官補佐官などを歴任し、第二次大戦の勃発とともに帰国。巡洋戦艦シャルンホルストの砲術士官や駆逐艦エーリヒ・ギーゼの航海長を経て、戦艦ビスマルクに配属される。ビスマルク沈没時は少佐で、生存者では最も階級が高かった。戦後はドイツ連邦共和国(旧西ドイツ)の外交官として活躍

佐和/誠
1928年生、青山学院大学英文科卒、英米文学翻訳家(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

登録情報

  • 出版社 : 早川書房 (2002/7/1)
  • 発売日 : 2002/7/1
  • 言語 : 日本語
  • 文庫 : 484ページ
  • ISBN-10 : 4150502692
  • ISBN-13 : 978-4150502690
  • カスタマーレビュー:
    5つ星のうち3.0 4個の評価

カスタマーレビュー

5つ星のうち3.0
星5つ中の3
4 件のグローバル評価
星5つ
51%
星4つ 0% (0%) 0%
星3つ 0% (0%) 0%
星2つ 0% (0%) 0%
星1つ
49%
評価はどのように計算されますか?

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

上位レビュー、対象国: 日本

2016年1月26日に日本でレビュー済み
4人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2006年3月14日に日本でレビュー済み
21人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告