通常配送無料 詳細
残り8点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
巨大ウイルスと第4のドメイン 生命進化論のパラダイ... がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 表紙に軽度のいたみと使用感がありますが、中のページは書き込みや折れなどなく良好な状態です。十分な検品をしてから出荷をしていますが、まれにチェック漏れによる書込や欠品がある場合がございます。その際はご連絡頂ければ返金などの対応を致しますので、ご連絡をください。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
3点すべてのイメージを見る

巨大ウイルスと第4のドメイン 生命進化論のパラダイムシフト (ブルーバックス) 新書 – 2015/2/20

5つ星のうち 4.8 13件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
新書
"もう一度試してください。"
¥ 929
¥ 929 ¥ 285

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 巨大ウイルスと第4のドメイン 生命進化論のパラダイムシフト (ブルーバックス)
  • +
  • ウイルスは生きている (講談社現代新書)
総額: ¥1,728
ポイントの合計: 53pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



「ユーリ!!! on ICE」 公式ガイドブック 『ユーリ!!! on Life』
描き下ろしイラストによるA2両面ポスター2枚付きで予約開始 >> 今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

2013年7月、「超巨大ウイルス」に関する第1報が、科学誌『サイエンス』に掲載された。発見当初は「新しい生命の形」というニックネームが与えられていたというこの巨大ウイルスは、論文では「パンドラウイルス」という名が付けられていた。むろん、その名の由来はギリシア神話の「パンドラ」である。
当初、このウイルスが「新しい生命の形」と名付けられたのには理由があった。その姿が、それまでのウイルスとは大きく異なっていたからだ。かといって、これを生物とみなすにはあまりにもウイルス的であった。ウイルスでもない。生物でもない。だとしたら、これまでに全く知られていない新たな生命の形なのではないか。そもそも、「生物」とはいったい何なのだろうか?
現在、生物の世界は3つのグループ(ドメイン)に分けられることになっているが、ウイルスはそれにあてはまらない。しかしもしかしたら、新たな「第4のドメイン」が付け加わることになるかもしれない。そんな議論が巻き起ころうとしている。
巨大ウイルスには、パンドラウイルスのほか、ミミウイルス、ママウイルス、メガウイルス、ピトウイルスなどが発見されている。本書は、そんなウイルスたちと、彼らにまつわる生物たちの話である。

内容(「BOOK」データベースより)

次々と発見される巨大ウイルスは、サイズが大きいだけでなく、多彩な遺伝子を持ち、細胞性生物に近い機能を備えているものもいる。これらの新発見により、「ウイルスは生物ではない」という定義が揺らぎ、巨大ウイルスは未知の生物グループ(ドメイン)ではないかという議論が湧き上がってきた。最先端のウイルス研究が「生物とは何か」をあらためて問い直す。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 新書: 224ページ
  • 出版社: 講談社 (2015/2/20)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4062579022
  • ISBN-13: 978-4062579025
  • 発売日: 2015/2/20
  • 商品パッケージの寸法: 17.2 x 11.2 x 1.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.8 13件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 108,036位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.8
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 新書 Amazonで購入
本書のタイトルに見える『第4のドメイン』とは抽象的であるが、この概念は本書を読み進めていくと、第2章以下、特に95ページ以下で解説されている。それに依ると、「生物」をカテゴライズするこれまでの「3ドメイン説」(「バクテリア」、「アーキア」、「真核生物」)に加えて、文字通り「第4のドメイン」(カテゴリ)として「ミミウイルス」などの「巨大ウイルス」(物理的構造・質的構造・遺伝子規模等の面で“巨大”と観る)を位置付けるものである。そうすると右「ドメイン」の定義、ひいては「生物」或いは「生きている」ことの意義が問題となるところ、かかる問題を考察するのが本書の趣旨であると私は理解している。著者は本書末で「『生きている』とはどういうことか。その完璧な答えを、私たち生物学者はまだ用意することができていない。『生物』という言葉の意味も同様である。そこにさまざまな意味を求める人たちがいる以上……統一的な答えを与えることは不可能かもしれない」(201頁)と吐露していることからも頷けよう。その意味で端的に言えば、本書は「巨大ウイルス」を中心に、「生物」または「生きている」ことを「巨大ウイルス」の生物的特性・分析結果等から(「ウイルス」自体の位置付けを含めて)探求するものである。しかしながら生態・増殖・複製などの多義・多様性、「遺伝子」や「DNA」組成の一面性(相同性)、語義の多面性等から明確かつ一元的な...続きを読む ›
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書 Amazonで購入
ウイルスは,かつては「濾過性病原体」と呼ばれたように,細胞よりはるかに小さい遺伝子のカプセルで,結晶にさえなる非生物とみなされてきた.しかし最近小さな単細胞生物よりもサイズも大きく,遺伝子数も多い巨大なウイルスが次々と発見されるに至り,生物とウイルスの区別はきわめてあいまいになってきた.ウイルスは自前のリボソームを持たないため,遺伝子情報を翻訳してタンパク質を合成することができない.したがって細胞に感染して宿主のリボソームを利用するしか道はないので,独立した生命体とはみなされてこなかった.だがそれだけの理由でウイルスを非生物とみなすのは早計で,むしろそのような繁殖方法を選択した寄生生物と考える方が合理的なのかもしれない.
生物という概念を細胞もしくはその組織的集合体として定義する立場では,界(kingdom)の上位にある分類単位としてドメインという呼称が使われる(「ドメイン」という術語は数学や物理学でも古くから用いられていて,どうも紛らわしい).現在の定説では,生物は細菌(バクテリア),古細菌(アーキア),真核生物という3つのドメインに分類される.そこに新たに第4のドメインとして巨大ウイルスを登場させようというのが,本書の主題である.巨大ウイルスも進化の原初においては,リボソームに頼らずに何らかの原始的な手段でタンパク質を合成していたと考える.しかし,細胞生物が繁栄してく
...続きを読む ›
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書 Amazonで購入
ウイルス学で、現在最も注目を集めている話題の一つである巨大ウイルスについて書かれた221ページ。2015年2月の発行だが、2014年までの科学文献を論文掲載の図と本書オリジナルの図を交えて解説しているため、一般読者のみならず、ウイルス学者で、この分野を抑えておきたいという人にも薦められる。第1章は巨大ウイルスの直径や遺伝子の大きさやユニークな生活環を解説。第2章では、巨大ウイルスの生物界での位置づけを、生物の分類とは、生物とはという基本からわかりやすく解説。第3章は「生きている」とはどういうことかを、巨大ウイルス、ポックスウイルス、ミトコンドリア、葉緑体などを例にとって解説。最終章は、著者の仮説なので、学問として確かなものだけを勉強したいという人は飛ばしても構わないが、この部分は短いので、肩の力を抜いてリラックスして読みたい。巻末には7ページの参考文献もついているので、ウイルス学の専門家レベルでも、学習が深められる構成になっている。私は医学部で微生物学を講義している教員であるが、本書の第二章などは微生物学の入門にも適しており、授業でも紹介している。巨大ウイルス自体は、ほとんどのウイルス学者にとってすら専門外であるが、その魅力は、本書で十分に紹介されている。よって微生物学の入門にも、ウイルス学の専門家にも広くすすめたい一冊である。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書 Amazonで購入
 巨大ウイルスについては最近新聞の科学欄でも取り上げられたりしており気になっていた。それをタイトルとする本書が刊行されることを知り、予約してすぐに読んだ。

 巨大ウイルスは2003年に最初の報告があったということで、まだまだ分からないことは多いようだが、ウイルス自体やDNA(ゲノム)のサイズの大きさや保有する遺伝子の多さ、いずれをとってもこれまでのウイルスの常識を超えている。21世紀になってこのような、(まだ一部の科学者の提案で一般的に認められたものではないそうだが)生物の分類の一番上位に新しい単位(本書では「第4のドメイン」と言っている)を加えるような発見がなされたということは驚きである。

 またそのような常識破りのもの(生物か非生物かについてまだ結論は出ていない)が見つかったことで、生物とは何か、生きるとはどういうことか、進化はどのように起こったのか、という生物学の根本的な課題に多くの仮説や提案がなされているとのこと。本書もそれに関する解説や紹介がむしろメインである。

 発見から十数年、現代の「微生物ハンター」により、色々な種類の巨大DNAウイルスが発見されている。これまではウイルスそのものの大きさやDNAのサイズの大きさがより大きいものが話題の中心になってきたようであるが、更に色々な種類のウイルスが見つかり、ま
...続きを読む ›
コメント 19人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー