¥1,111 + ¥ 257 配送料
残り2点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、※キャッシュレス5%還元※ ThreeHappiness が販売、発送します。 この出品商品にはコンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いが利用できます。
¥1,111 + ¥ 257 配送料
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

著者をフォロー

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。


巨乳の誕生 大きなおっぱいはどう呼ばれてきたのか (日本語) 単行本 – 2017/11/18

5つ星のうち3.7 10個の評価

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
Kindle版 (電子書籍)
単行本
¥1,111
¥1,111 ¥780
5%還元 キャッシュレス払いなら、お得 詳細


ブックマイレージカード
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報

  • キャッシュレス・消費者還元5%の対象商品です。5%の還元が注文確定時に適応されます。 Amazonによる割引。 詳細はこちら (細則もこちらからご覧いただけます)

よく一緒に購入されている商品

  • 巨乳の誕生 大きなおっぱいはどう呼ばれてきたのか
  • +
  • 痴女の誕生 アダルトメディアは女性をどう描いてきたのか
  • +
  • 日本エロ本全史
総額: ¥6,181
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

内容紹介

巨乳?ボイン?デカパイ?
以後、おっぱいについて語る者は、この本を避けて通ることはできないだろう。

「おっぱい」はいつから性器になったのか。巨乳愛の虚実を谷間に探る! 都築響一(編集者)

いつの時代でも大きなおっぱいが好まれていたわけではない。70年代にはユニセックスで華奢な体つきこそがファッショナブルであり、80年代のAV業界でさえも胸の大きなAV女優は人気を得ることができなかった。ようやく「巨乳」という言葉が誕生し、一般的に普及したのは1990年頃になってから。それまでは「ボイン」「デカパイ」「Dカップ」などと呼ばれていた。江戸時代から開国、敗戦、経済成長を経て現在、社会の「大きなおっぱい」の受け止められ方は、時代を反映して変わっていく。なぜ変わっていったのか。その理由と全貌をあきれるほどの調査で明らかにした革命的論考。

【目次】
はじめに
序章 原宿に日本初の巨乳専門ショップがあった
第一章 巨乳をめぐる世界史
第二章 おっぱいは性的対象ではなかった
第三章 グラマーの襲来
第四章 ボインの時代 ナインの時代
第五章 デカパイからDカップへ
第六章 巨乳の誕生
第七章 それは爆乳と呼ばれた
第八章 21世紀の巨乳たち
おわりに
巨乳年表 1871〜2017
参考文献一覧

内容(「BOOK」データベースより)

いつの時代でも大きなおっぱいが好まれていたわけではない。70年代にはユニセックスで華奢な体つきこそがファッショナブルであり、80年代のAV業界でさえも胸の大きなAV女優は人気を得ることができなかった。ようやく「巨乳」という言葉が誕生し、一般的に普及したのは1990年頃になってから。それまでは「ボイン」「デカパイ」「Dカップ」などと呼ばれていた。江戸時代から開国、敗戦、経済成長を経て現在、社会の「大きなおっぱい」の受け止められ方は、時代を反映して変わっていく。なぜ変わっていったのか。その理由と全貌をあきれるほどの調査で明らかにした革命的論考。

著者について

安田理央(やすだ・りお)
1967年埼玉県生まれ。ライター、アダルトメディア研究家、漫画原作者。美学校考現学研究室(講師:赤瀬川原平)卒。主にアダルトテーマ全般を中心に執筆。特にエロとデジタルメディアとの関わりに注目している。AV監督としても活動し、2011年には、AV30周年を記念し、40社以上のメーカーが参加するプロジェクト「AV30」の監修者を務める。著書に『痴女の誕生 アダルトメディアは女性をどう描いてきたのか』(太田出版)、『日本縦断フーゾクの旅』(二見書房)、雨宮まみとの共著『エロの敵』(翔泳社)など。漫画原作者としては『たちまち はだかの業界物語』(作画:前川かずお 日本文芸社)がある。また80年代よりモデルプランツ、野獣のリリアンなどのバンドで音楽活動も活発に行っている。
安田理央Blog「ダリブロ」 http://rioysd.hateblo.jp/

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

安田/理央
1967年埼玉県生まれ。ライター、アダルトメディア研究家、漫画原作者。美学校考現学研究室(講師=赤瀬川原平)卒。主にアダルトテーマ全般を中心に執筆。特にエロとデジタルメディアとの関わりに注目している。AV監督としても活動し、80年代よりモデルプランツ、野獣のリリアンなどのバンドで音楽活動も活発に行っている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 単行本: 288ページ
  • 出版社: 太田出版 (2017/11/18)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4778316053
  • ISBN-13: 978-4778316051
  • 発売日: 2017/11/18
  • 梱包サイズ: 20 x 13.6 x 2.4 cm
  • カスタマーレビュー: 5つ星のうち 3.7 10件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 86,272位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち3.7
評価の数 10

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

10件のカスタマーレビュー

2018年5月11日
形式: Kindle版Amazonで購入
10人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2018年2月11日
形式: Kindle版Amazonで購入
3人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2017年11月20日
形式: 単行本Amazonで購入
37人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
VINEメンバー
2018年1月10日
形式: 単行本Amazonで購入
2人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2017年12月24日
形式: 単行本
11人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2018年1月14日
形式: 単行本Amazonで購入
2人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2019年3月31日
形式: 単行本
2人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告