中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
発売元 東京 ブック
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ヤケ、擦れ、軽いヨレが見られますが、その他特に大きな損傷などなく概ね良好です。アマゾン掲載画像とカバーデザインなどが違うことが御座います。中古品の為、使用感がある場合もありますがご了承くださいませ。【検品担当者より】中古品の為、できる限りの確認作業を心がけておりますが、もし見逃しがあった場合はご了承下さい。※土日、祝日出荷作業は行っておりません。2営業日以内にゆーメールにて発送いたします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

左ききのたみやさん。―哀愁ただよう左きき爆笑エッセイ 単行本 – 2005/12

5つ星のうち 3.4 5件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

右ききの人が気づかない。左ききの小さなこだわりや左ききだけが知っている、毎日の苦労ばなしを描いた左ききの生態学。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

たみや/ともか
広島生まれ。キャラクターデザイナーとして会社勤めの後、2004年に独立(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 単行本: 127ページ
  • 出版社: 宝島社 (2005/12)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4796650628
  • ISBN-13: 978-4796650625
  • 発売日: 2005/12
  • 梱包サイズ: 20.8 x 15 x 1.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.4 5件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 1,001,790位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.4
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
私自身も100%の左利きです。確かに「あるある!」というエピソートが多々ありましたけど、さすが○○年も右利き世界で生活していると、ほとんどの不便に慣れてしまいます。若干不便さを大げさに書きすぎと思うところがあります。しかしぜひ右利きのみんなさんに読んで頂きたいです。私たち左利きはなれてても、決して「右利き用に設計するのがしょうがない」という考え方を持っていただきたくないのです。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
左利きであるがゆえの苦労や面白いエピソードを綴ったコミックエッセイ。「左利き」というと芸術家っぽいイメージがあり、昔から憧れていましたが、駅の改札が通りづらかったり、役所のボールペンについている紐が邪魔で書類が書きづらかったりと、こんな苦労もあるのか、と驚くことばかりでした。逆に、テレビゲームなどでは、コントローラーの配置の関係上、必然的に格闘技系のゲームが得意になるというメリット(?)があると知り、「へぇ!」と驚き、笑ってしまいました。日常の些細なことがひとつひとつ丁寧に描かれていて面白かったです。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
まさに左利きの心の叫びを代弁してくれている1冊、電車の中や喫茶店などでは、爆笑してしまうため読めません!世にいる数少ない左利きの人にはぜひ読んでいただきたい1冊です。

その爆笑を誘うのがかわいいイラストです。セリフ一言一言も面白い。ただ右利きの人が爆笑するかはわかりませんが、内容は充分面白いと思います。近くにいる左利きの人を、かわいいイラストとともに想像していただければ楽しいのではないでしょうか。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
みうらじゅんが使う表情を彷彿させる絵柄でありながら、

オンナの子したイラストも交互に出てくる。

そこがかなり中途半端な仕上りの原因に思う。

サブタイトル「爆笑」はこの本にはありません。

たみやさんはとてもいい人なんだろうと伝わってくるけど、

学生時代ちょっと面白いマンガを書いてる子の作品が回ってきたみたいで、

読むんだけど爆笑に同意させられると困る本だ。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
私の場合、母によると、小学校入学時に自主的に右利きになおしたそう(本人記憶無し(^_^;))で、鉛筆とお箸は右です。

が、他は基本的に左なので、自動改札も左で出し入れしますが、特にやりにくいと感じません。わざわざ両手クロスなんてしませんよ。
自動販売機も、立ち位置次第。右に寄って立てば、普通にお金を入れられるし。なんで、ふぬっ!なんて力んで体をねじるのか?

たみやさんが、特別不器用なのでは?と感じ、いらつきましたね。

缶切りも、私、右で使えます。ハサミと包丁は左ですが。 左利きの地味〜な苦労は、右利きにわかって欲しいとは思うけど、左利きが皆こんな感じとは思って欲しくないですねー。

ちなみに、私は携帯電話と歯ブラシは両手で使えます。最近は、いろいろ両手でできるようになってきた気がします。

字は、左より右の方が書きやすいんだから、矯正した方がいいのに、なんで頑固に左使うの?確かに字はヘタだけど、そのうち慣れるし。ちなみに消しゴムは左。大人になってから指摘され、右利きは消しゴムも左なんだと気付きましたよ(^▽^;)

一部矯正したら、いろいろ便利です。利き腕は、12歳くらいまでは変わる事もある、とTV番組で見た事あります。他人が強制するの
...続きを読む ›
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告