中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 中古品のため多少のヤケ、傷み、ヨゴレ、使用感等がございますが、本文及び中身は、概ね良好で、中古本としては、普通の状態です。一通りの検品で、書き込み、線引き等はございませんでした。☆カバーなどの外観は、中古のため使用感や小さな破れ、擦れ、ヨレ、細かな傷がある場合がございます。 ご承知の上でご購入ください。 記載のない場合は 原則 付属品等は付かないものとお考えください。☆書き込み等の見落としがあった場合は誠実に対応させていただきます(メールを入れて頂ければ 大至急対応させていただきますので、評価の前にご一報よろしくお願い致します)☆状態説明に錯誤、瑕疵等ある場合は返品返金等 誠意をもって 柔軟に対応させて頂きますので安心してお買い求め下さい。(メールを入れて頂ければ 大至急対応させていただきますので、評価の前にご一報よろしくお願い致します)☆御注文確定後 ゆうメールにて迅速に発送させていただきます
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

工藤公康 粗食は最強の体をつくる!―食事を変えれば、体が楽になる!強くなる!若くなる! 単行本 – 2006/4

5つ星のうち 4.5 6件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報

  • 【出版社の方へ】e託販売サービスの紹介はこちら

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容紹介

球速148キロ・通算200勝──40歳を過ぎても最盛期を続ける巨人軍の工藤投手。本書では、その活躍の原動力となっている「粗食」(和食を中心とした食生活)を基本からわかりやすく解説。是非この効果を体感してください!

内容(「BOOK」データベースより)

読売巨人軍の工藤公康投手は、現役最年長である四一歳で、「通算二〇〇勝」を達成しました。四〇歳を超えた今なお、最盛期を続ける工藤投手の原動力が「粗食」(和食を中心とした食生活)にあることは、意外に知られていません。工藤投手は、八〇年代後半に成績を落としましたが、九〇年、食生活に「粗食」を導入。以来、五年連続で二ケタ勝利をあげ、驚異の復活を果たしました。本書では、工藤家と親交の深い著者が、「粗食」の基本的な考え方から、工藤投手の「粗食レシピ」までをわかりやすく解説。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 164ページ
  • 出版社: 三笠書房 (2006/04)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4837921868
  • ISBN-13: 978-4837921868
  • 発売日: 2006/04
  • 商品パッケージの寸法: 20.6 x 14.8 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 6件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 57,800位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.5
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
 2006年5月5日で43歳になり、日本のプロ野球界最年長選手として活躍する巨人軍の工藤公康投手。年齢を超えた彼の体力の秘密に食生活の面から迫る一冊です。著者は工藤夫人が食事について相談をした管理栄養士。

 題名にあるとおり、工藤選手の若さと強さを支えているのは、日本伝統の粗食です。でんぷんをしっかりと摂るためのご飯、豆腐や味噌汁などの発酵食品、旬の野菜、そして肉ではなく魚介類中心の食事が、過度の油や糖分を避け、健康な体を作ることにつながるのです。

 と、書かれていることは驚きも何もないごく当たり前のことです。しかし、これこそがいまや驚くほど珍しいことにしてしまったのが、洋食化した日本の食卓の風景です。

 著者によれば、ひとは「戻ってこられる食事」を作る必要があるようです。「戻ってこられる食事」とは、子供時代に覚えた「美味しいご飯の味と香り」が埋め込まれた食事の記憶のことで、こうした正しい食事を覚えておけば、少し食生活が乱れてもひとはそこに帰ってくることができるのです。

 工藤投手の実家は貧しく、粗食生活を送っていました。プロになって20代の前半で贅沢食とアルコール痛飲を覚え、肝臓を壊してしまいます。その彼が戻っていったのが粗食だったのです。

 さらに著者は、工藤家の「お父
...続きを読む ›
コメント 46人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
 食を通じて、生き方へつながっていく本である。スポーツを真剣にする人も、ただ楽しんでいる人も、一度は食を深く考えてみる必要がある。そのためには、最適の本である。

 工藤投手が有名であり、その活躍がテレビでも観戦できることが大きい。40歳を越えてなお、すごいボールを投げていることは、多くの人が観ている事実である。しかもそれが、一度挫折を経験してからの復活であることによって、さらに説得力を持っている

 理論や経験から生まれた食事の方法は、とても面白い。ただ、粗食という言葉は、本当は正しくない。観点を変えればとても豪華な食事だとも言える。とくに、旬のものをおいしく食べるというようなことは、最高の贅沢かもしれない。

 何をどのように食べるかは、結果的にはどのように生きるかと通じるものである。40歳を越えた人だけでなく、若い人にも読んでもらいたい。
コメント 36人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
40歳を超えてなおジャイアンツで活躍する工藤選手。その工藤選手の活躍の原点となっているのが食事だったというのがこの本の内容です。

工藤選手は、プロになって間もない頃、暴飲暴食がたたり一時期は野球どころか命まで危ないというような状況になってしまったそうです。その後、彼が気をつけたのが食事。その食事の内容をよく調べてみると、世間で言われるところの「粗食」を実践しているということがわかったそうです。

実際に読んでみると、どれも思い当たる節が多い内容で、これはプロスポーツ選手だけではなく、自分のようなビジネスパーソンにも役に立つ内容だと思います。具体的な内容は実際に中身を読んでもらえばわかりますが、工藤家は夏に鍋料理を食べて夏バテを防ぐなどなど、「ほー」と思う内容も多くて、純粋に読み物としても面白いです。

粗食と言っても決して特別な食事を食べるわけでもないですし、粗末なものを食べるわけでもない。しかも、もちろんそれを毎日3食実践できれば理想ですが、まずは自分の出来る範囲で実践してみるということが大事なのかもしれません。
コメント 24人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック