通常配送無料 詳細
残り4点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
工学部ヒラノ教授 (新潮文庫) がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
発売元 木挽小屋
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 【中古良上】★★★☆☆ カバー(表紙)には経年相応の全体的な小汚れ、小キズがございます。 使用感は比較的少なく、概ね中古良上品クラスの良い状態にあると存じます。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

工学部ヒラノ教授 (新潮文庫) 文庫 – 2013/6/26

5つ星のうち 4.2 24件のカスタマーレビュー

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,620 ¥ 1
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 497
¥ 497 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 工学部ヒラノ教授 (新潮文庫)
  • +
  • ヒラノ教授の論文必勝法 教科書が教えてくれない裏事情 (中公新書ラクレ)
総額: ¥1,318
ポイントの合計: 42pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

朝令暮改の文科省に翻弄され、会議と書類の山に埋もれながらも研究、講義に勤しむ工学部平教授。安給料で身体を酷使する「女工哀史」さながらの毎日。累々たる屍を踏み越えつつ頂上を目指す大学出世スゴロク。そして技術立国日本の屋台骨を支える「納期厳守」「頼まれたことは断らない」等エンジニア七つの鉄則。理系裏話がユーモアたっぷりに語られる、前代未聞の工学部実録秘話。

内容(「BOOK」データベースより)

朝令暮改の文科省に翻弄され、会議と書類の山に埋もれながらも研究、講義に勤しむ工学部平教授。安給料で身体を酷使する「女工哀史」さながらの毎日。累々たる屍を踏み越えつつ頂上を目指す大学出世スゴロク。そして技術立国日本の屋台骨を支える「納期厳守」「頼まれたことは断らない」等エンジニア七つの鉄則。理系裏話がユーモアたっぷりに語られる、前代未聞の工学部実録秘話。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 245ページ
  • 出版社: 新潮社 (2013/6/26)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4101251614
  • ISBN-13: 978-4101251615
  • 発売日: 2013/6/26
  • 梱包サイズ: 15 x 10.8 x 1.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2 24件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 92,109位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.2
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫
沖大幹著「東大教授」に紹介されているので読んでみました。こんなこと言っていいのか、と思うような皮肉たっぷりに大学内の教授職や組織や研究費を巡る暗闘や文科省の政策の誤りを述べています。それらにはやや怨嗟をこめたものもなくはありません。ゴシップ週刊誌的でとてもおもしろい。ご自分に対して客観的に書いていらっしゃっていて、それは立派なほどです。

しかし、本書のメッセージは、もちろん最終章の、工学研究者へのエールと、高等教育への投資不足への注意喚起です。さらに、沖大幹先生同様に、さほど高くはないけれど固定給のある、しかしながら自由業さながらに何をしてもいい、大学教授という職のユニークさと価値を訴えています。

また、随所に工学部の研究者と、文科系、物理や数学の研究者とは考え方が異なることを面白おかしく説明しています。ふーん、そう言えばそうかな。それにしても工学部の教授というのはまじめに長時間コツコツと働き続けるものだな、生産性の高い人たちだな、と感心します。

すべての研究者同様、今野浩先生は、これまで誰も知らなかった新しい知識や理論を世界で一番早く見つけて証明するために、血眼になって研究を続けています。そういう生き方がある、ということが文系サラリーマンには新鮮。そして、工学という性質上、その知識が相対的に狭い範囲のものであり、1
...続きを読む ›
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 道端 VINE メンバー 投稿日 2014/2/1
形式: 単行本
『文学部唯野教授』に乗っかりたくてこのようなタイトルになっているが、大学のエンジニアによる自叙伝で、同じ感覚で読めるところは多くない。その分、事実に基づいていて非常に興味深い。語り口も軽妙でよい。一流の学者がエンジニアの生態をつまびらかにしているだけでなく、スタンフォード大学、黎明期の筑波大学、東京工業大学、中央大学と多様な組織を渡り歩いてきた経験から語られる大学業界の裏側が興味深い。

著者のエッセイは、ORや金融工学を扱った著書の中にも端々に織り込まれていて(それらの好評が単行本化につながったのだろう)、それとの重複もあるが、それらと較べると大学裏話の比重が高く(その点で『唯野』的である)、それらに興味のある人には面白く読めるだろう。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
これは面白い。ユーモアを交えながらも、応用物理を専攻したある意味では数学の天才でもある著者がなぜ金融工学という俗にまみれた異端の領域に足を踏み入れることになったかの背景が伺われる作品でもあります。それは日本の一流大学と工学部という独特の社会の競争原理が生み出した副産物だったのです。ある程度の国際的に名の通った専門雑誌に論文を載せないと生きていけないこの狭い社会のルールの下で、自分の専門領域での行き詰まりに直面した数学ができる元天才にとっては,数学を没文化的に道具として使える金融工学ほど転身しやすい領域はなかったというわけです。
これは金銭という欲への執着の欠如という意味では特異な日本的な現象です。ここにはアメリカに見られるような大きな毒はありません。せいぜい見受けられるのは、狭い社会での見栄とプライドだけなのです。
でもこれほど優秀な人たちにこれほどの雑務を強いる日本の一流大学っていったいどうなっているんでしょう。これじゃあまりもの無駄遣いです。一流の大学教員って本当に大変なんですね。よほどの万能の頭脳と体力がなければこれほどの多様な職務をこなしていけませんわ。逆説的な意味で、さすがに日本を代表する知性の持ち主たちだからできる職業なのです。著者がいう一流の才能を持つ若者との接触の喜びだけが彼らを支えているのかもしれません。
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 USC VINE メンバー 投稿日 2011/1/27
形式: 単行本
 自身が電力系の研究所から国立大学に助教授(今では准教授)に赴任して、東工大に教授として赴任し、そこで繰り広げられる人事など色々な出来事がユーモラス溢れる文章で綴られています。著者自身、筑波大学、東工大そして中央大学と教鞭を執られていて、そこで様々な役職という名の雑務などを書き綴っています。本書ではあくまでも平(ヒラ)教授として書かれて言いますが、登場人物はほぼ実名で登場しています。東工大の統計学を教える傍らに金融工学(理財工学)を研究し、東工大に理財工学のセンターまで立ち上げて、中央大学に赴任したらその研究所が種々の影響で潰されてしまった忸怩たる思いも文章から読み取れます。最近は著者の過去の人物交友録ものが出版されていますが、その中でも自分自身を書いたものとして評価できます。読み終えるまでそんなに時間がかかるものではありません。
コメント 32人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー