中古品
¥3,120
+ ¥340 配送料
中古商品: 良い | 詳細
発売元 第2ボタン
コンディション: 中古商品: 良い
コメント: カバーに多少のスレあります
この商品は1-Click注文できません。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。

著者をフォロー

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。


工学屋の見たコーヒーの世界 (日本語) 単行本 – 1999/5/1

5つ星のうち4.0 1個の評価

その他 の形式およびエディションを表示する 他の形式およびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本
¥3,120
¥3,120
お届け日: 12月5日 - 7日 詳細を見る

本2冊以上で3%ポイント還元

click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton


5日間のBig Sale 12/1[火] 23:59まで
第2弾 サイバーマンデー 開催中
今すぐチェック

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

著者の専門は、材料強度学で、金属疲労についての研究が中心となっている。そんな著者の趣味ともいえるコーヒーへのこだわりが、ふとしたことから、北国新聞社の知るところとなり、「北国新聞」に、平成四年一月六日から、週に一度「コーヒー天国」という題のコラムとして掲載されたことから、より徹底的に、著者はコーヒー研究と行脚に熱中する結果となった。さらに、平成五年に結成された「日本コーヒー文化学会」への入会と常任理事の就任、そして、金沢大学の公開講座「コーヒー学入門」の取り組みへと至っている。本書は、そんな著者のコラムの文章と、いなほ書房発行の季刊誌「珈琲と文化」に発表した文を基に、加筆修正してまとめたものである。

内容(「MARC」データベースより)

材料強度学を専攻する著者が、ある出会いからコーヒーにのめりこんだ…。コーヒーの基礎知識、出会った珈琲人、世界コーヒー紀行などを綴った、『北国新聞』『珈琲と文化』連載をまとめる。

登録情報

  • 発売日 : 1999/5/1
  • 単行本 : 212ページ
  • ISBN-10 : 4795205957
  • ISBN-13 : 978-4795205956
  • 出版社 : いなほ書房 (1999/5/1)
  • 言語: : 日本語
  • カスタマーレビュー:
    5つ星のうち4.0 1個の評価

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.0
星5つ中の4
1 件のグローバル評価
星5つ 0% (0%) 0%
星4つ
100%
星3つ 0% (0%) 0%
星2つ 0% (0%) 0%
星1つ 0% (0%) 0%
評価はどのように計算されますか?

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

上位レビュー、対象国: 日本

2006年12月15日に日本でレビュー済み
3人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告