¥ 2,484
通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
工学のためのデータサイエンス入門―フリーな統計環境... がカートに入りました
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

工学のためのデータサイエンス入門―フリーな統計環境Rを用いたデータ解析 (工学のための数学) 単行本 – 2004/4

5つ星のうち 4.4 5件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 2,484
¥ 2,484 ¥ 607

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 工学のためのデータサイエンス入門―フリーな統計環境Rを用いたデータ解析 (工学のための数学)
  • +
  • 解析学概論
総額: ¥5,184
ポイントの合計: 153pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



今、大注目を集める星野源のエッセイ「いのちの車窓から」
怒涛の駆け上がりを見せた2年間の想い、経験、成長のすべてがここに! 今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

大学専門基礎レベルの数理統計学のテキストをオープンソースの高機能統計ソフト R を使って解説した本です。一応講義での R の使用を前提にはしていませんが、その気になれば実際に自分で実習できるように、解析コードを逐一解説してあります。R は先端的な S 統計解析システムの完全フリー版で、全世界の熱狂的統計ユーザーの手により、現在も急速な改良が進んでいます。統計的手法は理屈だけでは、実際に使うことはできません。それを支える、信頼でき柔軟な機能(言語体系、数値処理、グラフィックス、データ管理機能、等)を備えた、統計解析システムが不可欠になります。R は将来専門課程、大学院、社会でデータを解析する必要がある方に、最高の選択肢になるでしょう。

内容(「BOOK」データベースより)

統計学の本来の意味が理解できるように、現実的なデータを使用。理論と数値解析の詳細をRにまかせることにより、従来のテキストでは不可能であった現代的で重要な統計手法も紹介。様々な統計手法を、Rで解析する手順に沿って解説し、解析結果の具体的意味がわかるように工夫。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 254ページ
  • 出版社: 数理工学社 (2004/04)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4901683128
  • ISBN-13: 978-4901683128
  • 発売日: 2004/04
  • 商品パッケージの寸法: 21.2 x 14.6 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.4 5件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 291,196位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.4
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本 Amazonで購入
Rを使って統計処理をしてみようかな・・・と思っている人にお勧めです。「Rによる統計解析の基礎」よりも,こちらをお勧めします。Rのコマンドについても,”やや”詳しく書いてあります。でもまだ説明不足の感が否めません。専門書によく見受けられることなのですが,著者が当然と思っていることが,読者にはそうでないこともしばしばあります。たとえば,数式の結果よりも,その計算過程の方を知りたい時とか・・・。著者の意図として,「それくらいは自分で勉強しなさい」ということなのかもしれませんが・・・。Rコマンドの詳細は別途調べる必要がありますが,Rの雰囲気にふれることはできると思います。
高速なインターネット回線につながったパソコンを前にして,コーヒーでも飲みながらRをいろいろさわってみる時に,横に置いておくような感じの本です。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 カスタマー 投稿日 2004/4/24
形式: 単行本
こんな本を待ってました。統計解析の理論を解説した本は数多くありますが、本書のように統計ソフトの使い方と合わせて説明してあるものは多くありません。見つけたとしても大体はSASなど、とても個人で購入できない統計ソフトが対象になっています。本書ではフリー統計ソフト「R」を使い、統計解析の理論と実際の数値解析が手軽に学習できます。
コメント 16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
S言語について書かれた本をこれまで多数読みましたが、どの本も
説明が不親切で、グラフひとつ書くのにも苦労する日々が続いていました。
そんな時、データ解析環境Rの存在を知りました。Sに劣らず高機能
でありながら、なんとフリーソフト!
間瀬先生が中心になって書かれたこの本のコードを入力すると簡単に
すばらしいグラフィックスを出すことができました。

本書もRもお薦めです。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
この本は統計の基礎的なことを勉強できるだけでなく、データ解析のフリーソフトであるRでの実際の統計解析の手法も学べる点ですばらしいと思います。Rについて勉強するには別の書籍やインターネットも参考になりますが、両方を同時並行的に勉強するなら、この本です。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
基本的に僕が書評を書く場合は☆1個か☆5個の2種類しか付けません。と言うのも、『イイ』か『悪い』か、結局その2つしかないからです。

一々中間的な評価をしても見た人が困るだろう、ってのもあるからです。結局カスタマー側としては一番知りたいのは『イイ』か『悪い』か、だからです。ってなワケで極端にしてるのですが……。(こう思ってるのは僕だけでしょうか?)

珍しくこの本には☆3つです。と言うのも視点として2種類存在するからです。それは『統計の入門書』としては○だけど、Rの解説本としては×だからです。ですから、中間の☆三つにしたのですが……☆は数量データではなくってカテゴリーデータですので、この『平均』の取り方は統計の本に関しては怒られるでしょう(笑)。その内、判別得点でも計算しておきたいと思います(笑)。

さて、Rの本としては全然なってないのですが、統計の入門書としてはかなり秀悦だと思います。かなり広範囲のトピックに渡っていて、しかもRを利用する前提で書かれてますので、大量の数式展開に煩わされる事なく明解な解説になっております。恐らくこう言う観点は東工大の雰囲気なのでしょうか?東大の先生達が書く本が、『理論の厳密性』を重視するのに対し、ある意味投げやりとも取れそうな割り切ったプラグマティックな解説は好感を持てます。特にコラムが
...続きを読む ›
コメント 16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

関連商品を探す