中古品
¥ 900
中古品: 良い | 詳細
発売元 京林堂書店
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 帯付。中古品につき多少スレはございます。(FBA対象商品)アマゾンと同じサービスをご利用頂けます。アマゾンプライム、お急ぎ便、その他アマゾンが展開するキャンペーン、配送期間などが適応になります。コンビニ決済もご利用できます。Amazon.co.jpより年中無休で発送しますので安心ください。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

工場グラフィティ 大型本 – 2009/4/30

5つ星のうち 4.5 2件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
大型本
"もう一度試してください。"
¥ 643
click to open popover

この商品を見た後に買っているのは?

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

◆『工場萌え』の石井哲と『社会科見学』の小島健一が工場好きのために贈る、全編撮り下ろしの工場写真集。工場内部で特別に撮影された作品も多数収録。

[収録工場] 東京都下水道局/日本製紙/常石造船所/川口鋳物工場/ザ・インクテック/巨大地下変電所/京浜工業地帯/鹿島臨海工業地帯/中京工業地帯/瀬戸内工業地域など

出版社からのコメント

巨大プラント群からメカニカルな内部まで全てを網羅した工場写真集の決定版が登場! <書籍・B5横変形判>

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 大型本: 114ページ
  • 出版社: コアマガジン (2009/4/30)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 486252530X
  • ISBN-13: 978-4862525307
  • 発売日: 2009/4/30
  • 商品パッケージの寸法: 22.4 x 17.8 x 1.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 2件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 1,056,193位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.5
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 大型本
本書は
●工場外観グラビア
●工場内部グラビア
の2つで構成されており、

外観は
・瀬戸内工業地域(山口県宇都宮市)
・中京工業地帯(三重県四日市市)
・鹿島臨海工業地域(茨城県鹿嶋市)
・京浜工業地帯(神奈川県川崎市)
の期待を裏切らない写真と、
・上記工業地帯の解説
が載せられています。

内部については、
(個人的にこれがこの本の大きな特色だと思うのですが)
・東京都下水道局 南部スラッジプラント
・日本製紙 富士工場(鈴川)
・ツネイシホールデングス 常石工場
・伊藤鉄工/永井機械鋳造
・ザ・インテック 宇都宮工場
・東京電力 地下変電所
の内部写真と、
その工場で行われていること・造られているものが紹介されており、
工場が身近なものとして感じられます。

抽象的なイメージとしての工場から一歩踏み込み、
工場は自分の生活に関わっているのだという気づきを与えてくれた様に感じました。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 大型本 Amazonで購入
工場萌えの石井氏と、社会科見学の小島氏、両氏の本は今まで何冊か見てきたのでこちらも購入。
工場の外観写真と内観写真に関しては、写真のクオリティは高く、どのページをめくっても迫力のある写真の目白押しなのだが、外観と内観の結びつきがないのは少々残念。いっそ内部だけで本にしてくれた方が存在感があったと思う。
また、どの写真をどちらの写真家が撮ったのかが非常にわかりづらく、両氏に対して失礼な構成だと思う。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告