¥ 1,620
通常配送無料 詳細
残り6点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
川を歩いて、森へ がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

川を歩いて、森へ 単行本 – 2017/2/8

5つ星のうち 4.0 1 件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本, 2017/2/8
"もう一度試してください。"
¥ 1,620
¥ 1,620 ¥ 1,481

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

一九歳で釣りを知った少女は、日本中の川や湖や海辺を歩くようになった。川のせせらぎの美しいたたずまい、森の中にいるここちよさ、海で波や魚と一緒になって遊ぶ楽しさに目覚め、耽った。
しかし、自然の中へ分け入っていけばいくほど、その自然が年々、人間の都合で変貌させられてゆくことに気づかずにいられなかった。
鮎が溯上できる川を失わせまいと、体を張って、ダムや河口堰の反対運動に打ち込んだ。これは1997年の河川法の改正につながっていく。
日本の川、そして世界の川を歩くことは、それらに連なる森の恵みの尊さに気づくことでもあった。
日本の各地に、森・里・川・海を守るために労を惜しまない人たちがいる。そうした人々との交流も本書の大きな魅力である。

内容(「BOOK」データベースより)

日本の川のかけがえなさに気づいた若き日々、開高健氏のもとでの修業時代、国を相手に体を張った反ダム運動、そして、養老孟司氏らの協力を得ながら進めている地域再生。現代日本が抱える問題に水辺から光をあてる自伝的エッセイ。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 189ページ
  • 出版社: 中央公論新社 (2017/2/8)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4120049426
  • ISBN-13: 978-4120049422
  • 発売日: 2017/2/8
  • 商品パッケージの寸法: 19.2 x 13.2 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 1 件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 155,860位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.0
星5つ
0
星4つ
1
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
カスタマーレビューを表示
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 Lance-Hawk トップ500レビュアー 投稿日 2017/3/25
当初、タイトルから推して、ソローの『森の生活』のような静謐な世界に誘うエッセイかと思った。開高健とのつきあいもあるというので、文学的興味から手にしたのだが・・・

「オーパ!」である。開高健に『オーパ!』というブラジルへの釣り紀行があるが、そこには《何事であれ、ブラジル人は驚いたり感嘆したりするとき、「オーパ!」という》という一文があった。本書を読んでの印象は、まさしく「オーパ!」である。日本人でも「オーパ!」であった。

内容からいえば、著者の半生記といっていい本書だが、読んで思い浮かんできた言葉は、「女・小田実だア!」である。日本の河川3万本を保護していこうとするその行動力には凄いものがある。長良川河口堰反対運動では開高健、C・W・二コルを担ぎだし、林野庁の林業再生では「大阪に天野さんというすごい女性がいるから」と養老孟司の推薦を受けて動き、養老さんを会長、自分は事務局長に座って、がんばっている。脳動静脈奇形という病気をかかえながら、時々気絶しながら、である。

森が海を育てる話はかねて聞いていたが、サケ(鮭)が森を育てる話がでる。「面会謝絶」の開高を探しだして見舞う話もある。著名政治家たちとの人間味ある話も出る。元気の出て来る本だし、元気を出さないといけないと思わせる本でもある。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告