この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

嵐の後で飛び立つ鳥は―天安門事件秘話・戦車を止めた男 単行本 – 2005/5/1


その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
¥ 2,799
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。


商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

業界紙記者山本健一のところに、中国人の青年が訪ねてくる。その青年は、天安門事件の時、民主化運動の活動をして当局から追われている身だった。山本は中国に留学している日本人青年の帰国を促す任務を与えられて、訪中。その青年も、天安門事件の時に北京にいた。青年の口から中国人女性との恋や事件の背景を聞かされる。山本が帰国後、雑誌カメラマンが撮ったスクープ写真で中国人青年の正体が判明していく。天安門事件の真相を描いた問題作。発禁覚悟で公開されたネット小説を単行本化!第22回新風舎出版賞奨励賞受賞作品。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

小松崎/松平
1957年茨城県生まれ。東京都在住。ジャーナリスト、作家。1974年、ラジオドラマ劇賞受賞。1980年、日本ジャーナリスト専門学院卒業。同年4月から日刊紙記者を経て、放送界誌記者、情報通信紙記者を務め、1987年、光産業誌を創刊、編集長に就任。この間、欧米や中国を中心に海外取材。中東戦争、天安門事件、ソビエト崩壊などを取材。1995年からフリーランスになる。2004年、『嵐の後で飛び立つ鳥は―天安門事件秘話、戦車を止めた男』で、第二十二回新風舎出版奨励賞受賞。これまで、ゴーストライターとして産業・経済ルポなどの書籍を多数執筆(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 単行本: 300ページ
  • 出版社: 新風舎 (2005/5/1)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4797458089
  • ISBN-13: 978-4797458084
  • 発売日: 2005/5/1
  • 梱包サイズ: 21.2 x 15.4 x 2.4 cm
  • おすすめ度: この商品の最初のレビューを書き込んでください。
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 2,464,511位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

まだカスタマーレビューはありません。
他のお客様にも意見を伝えましょう