通常配送無料 詳細
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
崩壊 (光文社文庫) がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
発売元 こりき丸
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ★中古品の為、裏表紙や表紙に擦れや小キズなどの使用感がございますが、切り抜き、書き込みや折れはございません。★Amazonコンディションガイドラインに基づき『良い』での出品となります。★主観になりますが、中身の状態は概ね良好です。(入念に確認させていただいておりますが、漏れがある可能性がございます。御了承くださいませ。)当日もしくは翌々日までにゆうメールにて発送いたします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

崩壊 (光文社文庫) 文庫 – 2015/8/6

5つ星のうち 2.0 3件のカスタマーレビュー

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,728 ¥ 1
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 756
¥ 756 ¥ 149

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 崩壊 (光文社文庫)
  • +
  • 女神のタクト (講談社文庫)
  • +
  • 盤上のアルファ (講談社文庫)
総額: ¥2,160
ポイントの合計: 67pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

地方都市で起きた殺人事件。
元新聞記者の著者が挑む警察小説!

市議会議長が殺された。
波山署の刑事・本宮は県警本部の若手女性刑事と組み、事件の足取りを追う。奇しくも、封印していた高校時代の苦い思い出と事件が絡み合い――。
時代に翻弄された人々の哀しみを丁寧に描いた感動の警察小説。 --このテキストは、絶版本またはこのタイトルには設定されていない版型に関連付けられています。

内容(「BOOK」データベースより)

雨の夜、市議会議長が殺害された。波山署の本宮は県警捜査一課の若手・平原優子と組み捜査にあたるが、意外な容疑者が浮かび上がる。その影を追ううち、本宮たちは一人の青年の心の闇に出会う―。八〇年代のバブル経済に呑み込まれた男女と、それを見つめた彼らの子どもたち。ある家族の崩壊と殺人事件を通して、時代を生きる人間を鋭く描き出す、傑作刑事小説。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 367ページ
  • 出版社: 光文社 (2015/8/6)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4334769497
  • ISBN-13: 978-4334769499
  • 発売日: 2015/8/6
  • 商品パッケージの寸法: 15.5 x 10.6 x 1.3 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 2.0 3件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 370,937位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 2.0
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 富嶽 投稿日 2014/5/20
形式: 単行本
登場人物がやたらと多い割りにストーリーがつまらない。
話がところどころ、本当にわからないし、わかったところで、つまらない。
これは、文章中の主語の省略が甚だしいからか。
わかりやすく書くという工夫がなさ過ぎる。

バブル崩壊に伴う、多くの家族の崩壊をネタにしたミステリ、なんだろうが。
終章の50頁ぐらい、本当につまらなく、ただ、マラソンを完走するという意地だけで読み終えた。

レビューが少ないはずである。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 manimani 投稿日 2015/8/13
形式: 文庫
葉真中さんの『絶叫』と酷似してますが、意図があるのでしょうか?
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版
この方の小説を初めて読みました。事件そのものはたいしたことなさそうですが、登場人物、特に警察官の本宮さんと優子さんの描き方に興味をもち最後まで読みました。たしかに登場人物も多く、思わせぶりなこともあったりしますが、時代背景や人物描写、小物などささいなことを大切にする描写に好感持てます。ラストはうーん、そうきたか・・・という最後までもやもやがありますが、読後数日たち地味な話がじわじわきます。本宮さんをシリーズで描いてほしいです。これだけ地味な話を書ききったことに今後を期待して☆4つにしました。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告