通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
崎門学と『保建大記』―皇政復古の源流思想 がカートに入りました
+ ¥350 配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【使用感少なく良好です。もちろん書込み・頁折れ等ありません!! 】 ★『在庫限り』ご検討の方は、お早めにどうぞ♪ ★『信用第一』お客様からいただいている高い評価を、ぜひご覧ください! ★『ビニール防水』&『厚紙封筒またはクッション材』で、しっかり梱包の上、迅速丁寧にお届けいたします o(^.^)o
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

崎門学と『保建大記』―皇政復古の源流思想 単行本 – 2019/6/21

5つ星のうち 5.0 2件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本, 2019/6/21
¥ 2,419
¥ 2,419 ¥ 2,036

ブックマイレージカード
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton


無料で使えるAmazonオリジナルブックカバー
10種類のロゴ入りデザインから好みのデザインを印刷して取り付けよう。 詳しくはこちら。

商品の説明

内容紹介

崎門学(きもんがく)は、江戸時代前期の神道家・儒者である山崎闇斎が創始したが学問であり、明治維新の源流思想となった。『保建大記(ほうけんたいき)』は、栗山潜鋒の著であり、浅見絅斎の『靖献遺言(せいけんいげん)』と並ぶ崎門学の必読書である。そこで本書は、第一部において、闇斎から絅斎、若林強斎へと受け継がれた崎門学の正統について述べ、『靖献遺言』についても詳細な解説を加えた。第二部では、『保建大記』の解説と現代語訳を試み、第三部では、崎門学の実践者である竹内式部、梅田雲浜、有馬新七という三人の人物の伝記を収めた。明治維新の本義を皇政復古に見出し、その源流思想となった崎門学を紹介する。

著者について

折本龍則(おりもとたつのり) 昭和59(1984)年、千葉県浦安市出身 早稲田大学政治経済学部卒業 崎門学研究会代表、浦安市議会議員


登録情報

  • 単行本
  • 出版社: 崎門学研究会 (2019/6/21)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4600001524
  • ISBN-13: 978-4600001520
  • 発売日: 2019/6/21
  • 梱包サイズ: 18.6 x 12.6 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 2件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 435,585位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


2件のカスタマーレビュー

5つ星のうち5.0

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

2件中1 - 2件目のレビューを表示

2019年7月2日
Amazonで購入
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2019年7月5日
Amazonで購入
review image