中古品
¥ 6,000
+ ¥ 257 配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
発売元 赤尾照文堂
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 2013/5 カバー 海外への発送、土日祝日の発送はしておりません。悪しからずご了承ください。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

島村抱月の文藝批評と美学理論 (早稲田大学学術叢書 27) 単行本 – 2013/6/10


その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本, 2013/6/10
¥ 10,800 ¥ 5,743
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。


商品の説明

内容紹介

島村抱月が美学理論の体系化の試みにより目指したものとは何か。日本自然主義、近代日本文学を支える思考方法と感性に光を当てる。


登録情報

  • 単行本: 546ページ
  • 出版社: 早稲田大学出版部 (2013/6/10)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4657137042
  • ISBN-13: 978-4657137043
  • 発売日: 2013/6/10
  • 梱包サイズ: 22 x 15.8 x 3 cm
  • おすすめ度: この商品の最初のレビューを書き込んでください。
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 912,602位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

まだカスタマーレビューはありません。
他のお客様にも意見を伝えましょう