この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

島崎警部のアリバイ事件簿 (天城一傑作集 (2)) 単行本 – 2005/6/1

5つ星のうち 3.6 5件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
¥ 15,304 ¥ 497
click to open popover


この商品を見た後に買っているのは?

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。


商品の説明

出版社からのコメント

 お待たせしました。“幻の探偵作家”天城一の第2短編集をお届けします。

 前著『天城一の密室犯罪学教程』は、「このミステリーがすごい!」3位に選ばれ、本格ミステリ大賞(評論・研究部門)を受賞するなど、長年の不遇を一挙に吹き飛ばして、お釣りがくるほどの評価を頂戴しました。編集者というより、いちファンとしてこれほど嬉しいことはありません。
 何より嬉しいのは、前著を最初で最後になるだろうと覚悟を決めていたにもかかわらず、こうして2冊目を読者のみなさんにお届けできることです。
 1冊目に負けず劣らずの、「本格の醍醐味」が凝縮された中短編揃い。前著も評論+実作という型破りの構成でしたが、今回も時刻表トリックあり、アリバイ犯罪あり、密室あり、形式も戯曲あり、超短編あり、とバラエティに飛んでいます。その濃厚な味付けには、きっと本格好きの舌も満足いただけると思います。
 ただ、あれもこれも入れたいと欲張った結果、600ページを超えてしまいました。そのためお値段も前著より少しばかり張るものとなっております。その点は、どうかご容赦を。
 『密室犯罪学教程』と『島崎警部のアリバイ事件簿』の2冊で、天城一の代表的な短編はほぼ網羅したつもりです。2冊揃えて、「純粋本格推理」ともいうべき、その精髄をぜひ味わってみてください。

内容(「BOOK」データベースより)

不可能興味満載で本格推理ファンに挑む!2005年度『このミス』3位に輝いた“幻の探偵作家”待望の第2弾。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 624ページ
  • 出版社: 日本評論社 (2005/6/1)
  • ISBN-10: 4535584265
  • ISBN-13: 978-4535584266
  • 発売日: 2005/6/1
  • 梱包サイズ: 18.4 x 13.8 x 4.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.6 5件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 917,438位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

2013年1月14日
形式: 単行本
0コメント| 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年8月1日
形式: 単行本
0コメント| 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
VINEメンバー2005年7月9日
形式: 単行本
0コメント| 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年7月22日
形式: 単行本
0コメント|このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2005年7月7日
形式: 単行本
0コメント| 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
同様の商品をご覧になりませんか? こちらのリンクで参照ください。ペットフード 犬