中古品
¥11
中古商品: 非常に良い | 詳細
コンディション: 中古商品: 非常に良い
コメント: 表紙にわずかなスレ、使用感が確認できますが紙面の状態は非常に良好です。稀に値札シールがついている場合がございますが、納品書の記載価格となります。丁寧な検品、迅速な発送でゆうメールにてお届けいたします。
この商品は1-Click注文できません。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。

著者をフォロー

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。


峠越え (角川文庫) (日本語) 文庫 – 2001/11/22

5つ星のうち5.0 2個の評価

その他 の形式およびエディションを表示する 他の形式およびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本 ¥189
文庫
¥11
¥1
お届け日 (配送料: ¥247 ): 10月27日 - 28日 詳細を見る
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

日光にほど近い北関東の小藩では、新藩主、石見守成重の国入りが間近に迫っていた。石見守は、男児がなかった前藩主の養子で、領国に入る前から諸事検約を指示するなど切れ者との評判が高かった。若い藩士たちは新藩主の藩政に熱い期待を寄せるが、筆頭家老の嫡男、榎戸与一郎の立場は微妙だった。父をはじめとする家老たちが、従来のしきたりを重んじ、新藩主との間に確執を深めていたからである。与一郎は父に反目しつつも、いつしか藩の存亡を左右する暗闘に巻き込まれてゆく…。お家騒動をめぐる青春群像を爽やかに謳い上げた傑作時代長編。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

羽太/雄平
1944年、台湾生まれ。カメラマン、広告会社経営を経て、1988年、『完全なる凶器』で小説CLUB新人賞を受賞。以後、作家生活に入る。『本多の狐』で第2回時代小説大賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

登録情報

  • 発売日 : 2001/11/22
  • 文庫 : 350ページ
  • ISBN-10 : 404361201X
  • ISBN-13 : 978-4043612017
  • 出版社 : 角川書店 (2001/11/22)
  • 言語: : 日本語
  • カスタマーレビュー:
    5つ星のうち5.0 2個の評価

カスタマーレビュー

5つ星のうち5.0
星5つ中の5
2 件のグローバル評価
星5つ
100%
星4つ 0% (0%) 0%
星3つ 0% (0%) 0%
星2つ 0% (0%) 0%
星1つ 0% (0%) 0%
評価はどのように計算されますか?

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

上位レビュー、対象国: 日本

2004年10月6日に日本でレビュー済み
2人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告