通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
岸辺のヤービ (福音館創作童話シリーズ) がカートに入りました
中古品: ほぼ新品 | 詳細
発売元 SHストア
コンディション: 中古品: ほぼ新品
コメント: 商品確認のため一度開封されていますが新品商品です。商品は迅速丁寧に発送いたします。こちらの商品はAmazon配送センターより、迅速・丁寧な梱包にて発送致します。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
3点すべてのイメージを見る

岸辺のヤービ (福音館創作童話シリーズ) ハードカバー – 2015/9/9

5つ星のうち 4.4 8件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
ハードカバー
"もう一度試してください。"
¥ 1,728
¥ 1,728 ¥ 1,030

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 岸辺のヤービ (福音館創作童話シリーズ)
  • +
  • 僕は、そして僕たちはどう生きるか (岩波現代文庫)
  • +
  • 不思議な羅針盤 (新潮文庫)
総額: ¥3,186
ポイントの合計: 97pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

緑豊かな湖沼地帯、そこにある寄宿学校で教師をしている「わたし」は、ある晴れた夏の日、学校近くの三日月湖、マッドガイド・ウォーターに浮かべたボートの上で、ふしぎな生き物と出会います。 ふわふわの柔らかい毛におおわれ、二足歩行するハリネズミのような……。 そのとき、わたしが彼に手渡した一粒のミルクキャンディーがきっかけとなり、「ヤービ」と名乗るその生きものと、わたしとの交流がはじまります。キジバトの背に乗って空を飛んだり、水をはじくスーツを着て水中を自由自在に泳ぎ回ったり、ヤービの口から語られる水辺の生きものたちの暮らしは、穏やかだけれど、静かな驚きに満ちていました。作者の愛する児童文学のエッセンスと自然への想いがたっぷりつまったこの世界は、どこか懐かしく、そして、まだ誰の手にも触れていないようなみずみずしさを湛えています。物語を愛するすべてのひとに贈る、マッドガイド・ウォーターシリーズの開幕です。

出版社からのコメント

【9月上旬発売決定! 梨木香歩さんの待望の新作長編ファンタジー! 】 『西の魔女が死んだ』『裏庭』など児童文学ファンタジーの傑作を輩出しつづけてきた梨木香歩さんの、久しぶりの新作長編。梨木香歩さんご自身がとても思い入れのある集大成的な作品に仕上がりました。岸辺に住むヤービ族と語り手の「わたし」との交流の日々が、優しく鮮やかに描かれるこの作品に、子どもも大人も夢中になることでしょう。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • ハードカバー: 232ページ
  • 出版社: 福音館書店 (2015/9/9)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4834081974
  • ISBN-13: 978-4834081978
  • 発売日: 2015/9/9
  • 商品パッケージの寸法: 21 x 16 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.4 8件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 84,678位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.4
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: ハードカバー
どこか孤独の影がある学校の先生(女性)が、ふとしたきっかけから、水辺にすむ、ちいさな命(クーイ族)の営みと触れあう。やがて、その生き物たちにも、悩みがあり、喜びがあり、大きな物語があることが明かされてゆく。穏やかな文章なのに、読み始めたら止められない、その物語も素敵だが、挿絵もいい。私は、特に114-5頁のキジバトの背中から見た大地の広がり、その見開きの絵を見ていると、物語と相まって身体が暖かく軽くなった。本書の帯にあるように「世界ってなんてすばらしいんでしょう!」と世界や自分を肯定したくなる。出会えてよかった、いとおしい本です。続編が楽しみです。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: ハードカバー
岸辺に住むハリネズミに似たヤービ族の暮らしが丁寧に描かれ、たちまち
引き込まれて行きました。
「ムーミン」シリーズや「ニルスのふしぎな旅」のような古典名作童話の雰囲気
を持ちつつ、「大きい人」の影響で自然が変化していくことへのおそれが大きな
影となってきます。

童話で育った大人たちや、梨木香歩の愛読者はもちろですが、これから大人に
なる世代に向けてはメッセージ的な意味も大きく、やはり、一番届けたい相手
だろうと思います。

小学生の息子が夢中で読んでいます。はやく続きが出していただけるといいなと
願います。子どもたちの時間は早いですから。

本棚の「グリーンノウ」シリーズの横を開けて待ってますよ。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: ハードカバー
ヤービは、水辺に暮らす小さな不思議な生き物。
ヤービたちの生活はとてもとてもシンプルでおだやか。
語り手の「わたし」の言葉がとてもきれいで美しい日本語。
挿絵から、「わたし」は女の人と分かったのはだいぶ後半だったので、それまでは、品のいい若者の男の先生だと思ってよんでいました。

今の子どもたちがどのくらいこの本にはまるかはわかりませんが、数章ずつ、読み聞かせてあげたなら、きっとひきこまれていくのではないかと思いました。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: ハードカバー Amazonで購入
梨木さんが好きで購入しました。
不思議な物語系が好きですがこの作品、私は出だしが少しもたついた感じ(?)が有りました。
内容の「ヤービー」という架空の生き物の世界には引き込まれました。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告