中古品:
¥5,079
お届け日 (配送料: ¥777 ): 11月11日 - 21日 詳細を見る
コンディション: 中古商品: 良い
コメント: ※2営業日以内に店頭及び倉庫の在庫を確認したうえで発送予定日をご連絡いたしますのでメールを必ずご確認ください。中古本のためキズや汚れ、色あせ書き込み等の経年劣化が残る場合がありますが、通読には問題のない商品となります。ご注文後再度検品しコンディション説明に不備がある場合は、必ずご連絡させていただき、ご回答を待っての発送となりますのでご了承ください。また、店舗併売商品のため、ご注文のタイミングによっては在庫切れとなりキャンセルしていただくことがありますが予めご了承ください。商品は当店女性スタッフが1点1点丁寧に検品しております。シュリンク包装の上、配送予定日以内に迅速丁寧な発送を心掛けております。よろしくお願いいたします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

無料のKindleアプリをダウンロードして、スマートフォン、タブレット、またはコンピューターで今すぐKindle本を読むことができます。Kindleデバイスは必要ありません 詳細はこちら

Kindle Cloud Readerを使い、ブラウザですぐに読むことができます。

携帯電話のカメラを使用する - 以下のコードをスキャンし、Kindleアプリをダウンロードしてください。

KindleアプリをダウンロードするためのQRコード

携帯電話またはEメールアドレスを入力する

リクエストを処理しています...

「リンクを送信」を押すと、Amazonの利用規約に同意したことになります。

お客様は、AmazonまたはAmazonの代理業者からのKindleアプリに関する自動テキストメッセージを、上記の携帯電話番号に受信することに同意するものとします。同意は購入の条件ではありません。メッセージおよびデータ料金が適用される場合があります。

裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。

岬の分校とちいさな村の物語 単行本 – 2011/3/15

5つ星のうち5.0 1個の評価

価格
新品 中古品
Kindle版 (電子書籍)
単行本
¥5,079
¥5,079

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

昭和23年、映画『二十四の瞳』の舞台となった香川県小豆島にある岬の分校に私はやってきた。「おとこせんせ」「おなごせんせ」と呼ばれる両親と、毎日がお祭りのように賑やかだった分校の日々を綴る、懐かしくてあったかい、とっておきの感動エッセイ。

著者について

1945年韓国仁川で生まれる。引き揚げ後、成人まで香川県の小豆島で暮らす。現在神奈川県在住。

登録情報

  • 出版社 ‏ : ‎ 幻冬舎ルネッサンス (2011/3/15)
  • 発売日 ‏ : ‎ 2011/3/15
  • 言語 ‏ : ‎ 日本語
  • 単行本 ‏ : ‎ 248ページ
  • ISBN-10 ‏ : ‎ 4779006627
  • ISBN-13 ‏ : ‎ 978-4779006623
  • カスタマーレビュー:
    5つ星のうち5.0 1個の評価

カスタマーレビュー

5つ星のうち5.0
星5つ中の5
1 件のグローバル評価
星5つ
100%
星4つ 0% (0%) 0%
星3つ 0% (0%) 0%
星2つ 0% (0%) 0%
星1つ 0% (0%) 0%
評価はどのように計算されますか?

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

上位レビュー、対象国: 日本

2021年3月19日に日本でレビュー済み
カスタマー画像
5つ星のうち5.0 私たちが子供の頃昭和20年代の小学校の先生は全身全霊で子供たちに接していた。
ユーザー名: 浜口 雅寛、日付: 2021年3月19日
作者と同じような年代に育った私には共感することが多々ありました。
このレビューの画像
カスタマー画像
カスタマー画像