通常配送無料 詳細
残り15点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
岩盤規制 ~誰が成長を阻むのか~ (新潮新書) がカートに入りました
+ ¥350 配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 帯つき。コンディション(新品、ほぼ新品、非常に良い、良い、可)はAmazonのガイドラインを基準にしています。中古品のため多少の汚れ・キズ等があります。神奈川県より厚さ2㎝未満はゆうメール(追跡なし、土日祝の配達なし)、2㎝以上はクリックポスト・レターパック・宅急便コンパクト(追跡あり、土日祝の配達あり)で発送します。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

おすすめ商品の読み込み中
お客様へのおすすめ商品

カートに追加中...

カートに追加されました

追加されませんでした

商品はお客様のカートに入っています。

カートを見る

追加されませんでした

本商品をカートに追加する際問題が発生しました。 後でもう一度試してください。
申し訳ありませんが、現在おすすめ商品を表示する際に問題が発生しています。 後でもう一度試してください。
ショッピングを続ける
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

岩盤規制 ~誰が成長を阻むのか~ (新潮新書) 新書 – 2019/3/14

5つ星のうち4.6 9個の評価

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
Kindle版 (電子書籍)
新書
¥814
¥799 ¥269

本まとめ買いクーポン
click to open popover

よく一緒に購入されている商品

  • 岩盤規制 ~誰が成長を阻むのか~ (新潮新書)
  • +
  • 「場当たり的」が会社を潰す (新潮新書)
  • +
  • 南無阿弥陀仏と南無妙法蓮華経 (新潮新書)
総額: ¥2,420
ポイントの合計: 37pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton


無料で使えるブックカバー
好きなデザインを選んで取り付けよう! 詳しくはこちら。

商品の説明

内容紹介

このままでは日本は取り残される――。数十年の長きにわたって、この国をがんじがらめに
してきた「岩盤規制」。1980年代の土光臨調以来、昨今の獣医学部新設問題まで、それを打ち砕く
試みは繰り返されてきたが、道はまだ半ばだ。ビジネスの邪魔をする「岩盤規制」はなぜ生まれ、
どのように維持され、今後の日本経済の浮沈にどうかかわるのか。そして、官僚とマスコミはこの
旧弊をどう支えたのか。現場の暗闘を知るトップブレーンが、改革の重要性をわかりやすく指し示す。



(目次)
はじめに
岩盤規制をめぐる役所の屁理屈/政府がビジネスを妨げてきた
「予定調和」ではない「真剣勝負」/役人にも政治家にもでき
ない仕事/マスコミが報じない「モリカケ」の実像/これからの
「政府の役割」

1 加計問題にみる岩盤規制の基本構造
あまたの岩盤規制の中でも異様な規制/真相は「歪められていた
行政をただした」/新設を認めていた文科省/鉄のトライアングル
理容室、医薬品販売でも/規制改革はなぜ必要か/日本の労働生産性
が低い理由

2 「20世紀の規制改革」を怠った日本
世界の規制改革と日本の「岩盤規制」/事前規制型から事後チェック
型へ/前進した分野もあったが……/土光臨調の三公社民営化/「民間
活力」提唱した第一次行革審/「経済的規制」と「社会的規制」
「規制緩和」から「規制改革」へ/「社会的分野」が議論の中心に
教育分野でも「事前規制型から事後チェック型」へ/「事後チェック型」
へ転換したはずが……/80年代以降の議論をすべて否定/獣医学部問題は
氷山の一角か

3 官僚機構改革「面従腹背」の歴史
「面従腹背」が生まれる構造/「事前規制型」は権力の源泉/「ルールは
できる限り不明瞭に」/「大事なルールほど下位規範で」/停滞した2000年代
後半/規制改革を遅らせた「強い官僚機構」/不発に終わった民主党政権の
「脱官僚」/「大臣は一日警察署長のようなもの」/「内閣人事局」の
源流は橋本行革/「公務員制度改革基本法」の成立/「官邸への忖度」は
悪なのか?/「天下り規制」を無視した官僚の遵法意識/第三者機関と
特区の活用/官僚主導と縦割り行政は限界

4 マスコミが殺気立った「放送法4条騒動」
民放解体論?/異常な過熱報道/4条がないと虚偽報道だらけになるのか?
双方がけん制しあう「部分規制論」/「偏向報道」か否か/「スポンサー」
「視聴率」への忖度/必要なのは「ビジネスモデル」/「新規参入と競争」

5 放送界「ハード・ソフト分離」とテレビの未来
「なぜインターネットでテレビがみられないのか」/民放が「同時配信」に
慎重なワケ/欧米では「ハード・ソフト分離」が当たり前/宮内氏が提起した
「縦割りから横割りへ」/闇に葬られた2001年報告書/法体系は整ったが……
ハードとソフトの分離は起こらず/強制分離は筋違い/コンテンツの出口「プラ
ットフォーム」の構築/ネットフリックスやアマゾンの脅威/「ビジネスモデル」
をなぜ政府で議論するのか

6 「電波オークション」と「高い携帯電話料金」の深層
飛躍的に増加する電波ニーズ/「公共」「放送」部分の電波の整理/進まな
かった電波オークション/今や「日本以外の全OECD諸国」で実施/「リープ
フロッグ」の可能性/携帯電話市場の競争は十分か

7 世界が直面する「現在の課題」――「格差とグローバル化の影」
貧富の差の拡大と移民問題/格差を解消できない「事前規制型」対策/格差
問題渦巻くテレビ番組の制作現場/省庁の「縦割り」が問題解決を阻む/「教育
無償化」より重要な「学校教育のモデルチェンジ」/遠隔教育を阻む文科省の
予算利権/60年以上続く「当分の間」/あいまいな外国人労働者政策/最善の移民
政策を

8 世界が直面する「未来の課題」――第4次産業革命への対応
シェアリングエコノミーと規制体系の転換/「ライドシェア」は営利企業NG
「民泊」には「営業しにくくする規制」/「規制の実験場」に必要な迅速性
と柔軟性

おわりに 「全知全能の政府」の可能性と「アジャイルな政府」

全てを知る男が語る、官僚、マスコミとの壮絶な暗闘。今日まで我が国を縛ってきた岩盤規制。官僚とマスコミは、それをどう支えたのか? 日本経済の浮沈との関わりは? 霞が関改革を熟知する男が、暗闘の全てを明かす。

内容(「BOOK」データベースより)

数十年の長きにわたって、この国をがんじがらめにしてきた岩盤規制。一九八〇年代の土光臨調以来、昨今の獣医学部新設問題まで、それを打ち砕く試みは繰り返されてきたが、道はまだ半ばだ。なぜ岩盤規制は生まれ、どのように維持され、今後の日本経済の浮沈にどうかかわるのか。そして、官僚とマスコミはこの旧弊をどう支えたのか。現場の暗闘を知るトップブレーンが、改革の現状と未来をわかりやすく指し示す。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 新書: 208ページ
  • 出版社: 新潮社 (2019/3/14)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4106108062
  • ISBN-13: 978-4106108068
  • 発売日: 2019/3/14
  • 商品パッケージの寸法: 18.2 x 11.3 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 7件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 116,134位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.6
評価の数 9
星5つ
71%
星4つ
14%
星3つ
14%
星2つ 0% (0%) 0%
星1つ 0% (0%) 0%

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

7件のカスタマーレビュー

ベスト500レビュアー
2019年3月24日
形式: 新書Amazonで購入
10人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2019年5月2日
形式: Kindle版Amazonで購入
6人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2019年10月21日
形式: 新書Amazonで購入
2019年3月14日
形式: 新書
17人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2019年3月14日
形式: 新書
9人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2019年4月6日
形式: 新書
6人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告