¥ 2,160
通常配送無料 詳細
残り4点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
岡本尚文写真集『沖縄02 アメリカの夜 A NIG... がカートに入りました
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
7点すべてのイメージを見る

岡本尚文写真集『沖縄02 アメリカの夜 A NIGHT IN AMERICA』 ムック – 2016/12/15

5つ星のうち 5.0 1 件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
ムック, 2016/12/15
"もう一度試してください。"
¥ 2,160
¥ 2,160 ¥ 2,160

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 岡本尚文写真集『沖縄02 アメリカの夜 A NIGHT IN AMERICA』
  • +
  • 裸足で逃げる 沖縄の夜の街の少女たち (at叢書)
総額: ¥3,996
ポイントの合計: 56pt (1%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

岡本尚文写真集『 沖縄02 アメリカの夜 A NIGHT IN AMERICA 』
沖縄。
オレンジ色の夜景。
そこには基地のゲートやフェンスというはっきりとした形が出現したり、古びた建物の看板など、かつて沖縄とアメリカが交わした蜜月の痕跡も浮かび上がる。
写真には、よく見ると光の航跡となって写り込んだ米軍ジェット機やオスプレイ、またはフェンスの前でたむろする沖縄の子ども達の姿がある。
どれもが沖縄の日常として今、存在している。
『アメリカの夜』というタイトルはフランソワ・トリュフォーの映画から想起した。
古い映画では昼間に夜のシーンを撮るためにブルーのフィルターを装着して「夜」を撮影する。
フェイクな「夜」、フェイクな「アメリカ」。
そのことを浅川マキは『アメリカの夜』という曲で歌った。

私は音楽をきっかけにアメリカの文化に強く影響を受けた。
それは「格好の良い」フェイクなアメリカでもあるが、この島の深淵には別の顔が潜んでいる。
沖縄とアメリカ、日本、そして自分との関係。
それが何なのか、答えを探している。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

2008年に発刊した『沖縄01 外人住宅』に続く2冊目の写真集。
引き続き、沖縄とアメリカ、そして日本についての写真。

今回の写真は、2009年から2016年の間に沖縄本島で撮影された。
沖縄の夜に浮かび上がる「アメリカ」がテーマだ。

いまは寂れてしまった大通り。
かつて、多くの米兵が街に繰り出した。コザや砂辺、金武周辺にはその残り火がいまも微かに燃えている。
夜9時過ぎの夏の晴天、浦添上空をゆっくりと流れて行く雲。オスプレイが一筋の光を残し、低周波の音を立てて通り過ぎていく。
また、辺野古の海上に写る赤い軌跡。 いわゆる辺野古のフェンス、砂浜と海、そして海を照らす月明かりが写っている。 今では、コンクリートで固められたフェンスがこちら(日本)とあちら(アメリカ)を隔てているが、 そこは数年前まではフェンスは鉄条網であり、反戦の意思表示のリボンが結びつけられていた。
凪いだ海の上の赤い点線が左右に写し込まれている。この赤い点は、夜の10時過ぎに辺野古の海上を行く米軍ヘリの軌跡。
言葉で言われなければそれは綺麗な軌跡でしかない。
写真と、言葉について考える。

望んだ訳ではなく戦争によってアメリカと出会ってしまった沖縄。
その歴史のなかの愛と憎悪。
ノスタルジーや美しさと反基地。
歴史から消えていくもの。
嫌悪する中で、それでも尚、美しさやノスタルジーが浮かび上がるということは、どういう事なのか?
「癒しの島」沖縄の日常になぜ今もアメリカが浮かび上がるのか?

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

テキストは『同化と他者化ー戦後沖縄の本土就職者たち』で沖縄と日本について鋭い考察を行い、『断片的なものの社会学』で紀伊国屋じんぶん大賞を受賞した社会学者の岸政彦さんにお願いした。
書き下ろし。届いた原稿は7000字。
私も岸さんも内地の人間として沖縄と関わっているという自覚のもとに、沖縄とアメリカ、また、日本について、真正面から向かい合った。
テキストが単なる写真の解説ではなく、相互に響き合い、ノスタルジーや美について思いを巡らす、それを形にしてみようと思った。

装幀はシンゴジラ公式記録集『ジ・アート・オブ・ゴジラ』、昨年度大きな話題になった蔡國強展の図録など、美術関係の書籍の装幀を数多く手がける松永路さん。
今回の写真集は所謂上製本の写真集は敢えて目指さずに、1960年代後半、活発に出版された日本の写真集を意識して作成された。

沖縄02 アメリカの夜 A NIGHT IN AMERICA
定価 2160円(税込)
並製 60ページ A4
発行日 2016年9月22日
著者 岡本尚文
編集 ライフ・ゴーズ・オン
装幀 松永路
テキスト 岸政彦
翻訳 栗田知左子
リライト 山本和生

著者について

1962年生まれ。
1983年和光大学人文学部芸術学科卒業。
1985年東京綜合写真専門学校第2学科卒業。
1990年よりエディトリアルを中心にフリーランスとして撮影を担当。
1978年以来東京と沖縄を往復する。
2003年「外人住宅」の撮影を開始。
2008年12月写真集『沖縄01 外人住宅 OFF BASE U.S. FAMILY HOUSING』発行。
2013年9月 D&DEPARTMENT OKINAWA に於いて、写真展「外人住宅 岡本尚文の写真」開催。
2013年9月 D&DEPARTMENT OKINAWA に於いて、 美術家・真喜志勉、評論家・仲里功氏と ともにトークイベント『戦後のLOVE&HATE』開催。
2016年9月 PACIFIC FURNITURE SERVICE に於いて、写真展「沖縄02 アメリカの夜 A Night in America」開催 。
2016年9月 PACIFIC FURNITURE SERVIC代表 石川洋平氏、雑誌「& Premium」Executive Director 柴田隆寛氏とともにトークイベントを開催。
2016年9月 写真集『沖縄02 アメリカの夜 A Night in America』発行 。
「外人住宅」「アメリカの夜」「沖縄建築」シリーズなどで、沖縄を撮り続ける。


登録情報

  • ムック: 60ページ
  • 出版社: 有限会社ライフ・ゴーズ・オン; A4版 (2016/12/15)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4990443713
  • ISBN-13: 978-4990443719
  • 発売日: 2016/12/15
  • 商品パッケージの寸法: 29.7 x 21 x 0.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 1 件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 409,268位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
1
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
カスタマーレビューを表示
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

私は、昨年、恵比寿のパシフィックファニチャーサービスで開催されていた著者の岡本尚文さんの個展で
この写真集を買いました。
A&WやPIZZA IN などをはじめとした英語表記のサインや看板、店舗。
また夜空を頻繁に行き来する米軍機や、延々と続く基地のフェンスなど...。
沖縄に存在しつづけているアメリカとその痕跡が、写真家の意志と視点で丁寧に切り取られていて、
そこに変な郷愁や感傷などが加えられずに、淡々と撮影された風景写真です。
昼間の太陽のもとでは、沖縄の風景としてすっかり馴染み、
善くも悪くも見慣れてしまったそれら「アメリカ」が、夜の暗闇の中で不思議な存在感を放っていて、
なにか、こころが、ざわざわっとしました。

また、この写真集に寄稿されている、社会学者の岸政彦さんの文章がとても素敵です。
私は岸政彦さんをこの写真集で初めて知り、『断片的なものの社会学』をすぐに購入して読みましたが、
この写真集に描かれている文章は、まるで『断片的なものの社会学』の中の一編のようで、
やさしく、せつなく、そして読んだあとに何かがザラッと残ります。
以下は、その『彼方と過去 ― 存在すべきではなかったものたちの存在』からの一節です。
“「沖縄の
...続きを読む ›
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

関連商品を探す