岡本太郎 「明日の神話」 再生への軌跡 [DVD] がカートに入りました

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

岡本太郎 「明日の神話」 再生への軌跡 [DVD]

5つ星のうち 4.5 4件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 3,024
価格: ¥ 2,675 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 349 (12%)
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:5¥ 2,675より 中古品の出品:4¥ 1,752より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。



登録情報

  • 出演: 岡本太郎
  • 形式: Color, Dolby, Widescreen
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: バップ
  • 発売日 2006/12/21
  • 時間: 120 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 4件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B000ION47E
  • JAN: 4988021126526
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 78,830位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容紹介

縦5.5メートル×横30メートル、幻の巨大壁画が甦った!
メキシコで発見された岡本太郎の最高傑作のひとつとされる巨大壁画「明日の神話」の修復作業を追ったドキュメンタリーDVD。

<解説>
本作は、日本の美術界に大きな足跡を残した岡本太郎が1968年から'69年にかけてメキシコで制作した巨大壁画「明日の神話」の修復・再生プロジェクトを追ったドキュメンタリーDVDです。
大阪万博の「太陽の塔」とほぼ同時期に制作されたこの壁画は、岡本絵画では最大の作品(縦5.5m 横30m)であり、岡本太郎の最高傑作のひとつと言われる作品。メキシコでの諸事情により、行方がわからなくなっていたこの作品は、'03年9月、メキシコシティ郊外の町にひっそりと保管されていることが判明しました。残念なことに30余年の間に作品は少なからぬ損傷を受け、迅速な修復を必要としていました。
壁画を確認した岡本太郎記念館館長だった岡本敏子氏は『明日の神話』再生プロジェクトを発足させ、壁画を日本へ運び、修復する取り組みを始動。'04年、(財)岡本太郎記念現代芸術振興財団内に再生プロジェクト事務局が発足し、'05年、壁画を日本へ移送、修復が開始しました。そして、 '06年6月、修復完成。7月より東京・汐留の日テレプラザ ゼロスタ広場で一般公開……。
DVDでは、発見から、甦った「明日の神話」の公開まで、その苦難の修復過程を取材・記録した貴重な映像をふんだんに盛り込み、希代の作品のもつ芸術的価値と岡本太郎がこの作品にこめたメッセージに迫ります。また、プロジェクト途中で亡くなった岡本敏子氏をはじめ、プロジェクトに関わった人々がこの壁画にどのように向き合ったのかもよく伝わってくるドキュメンタリー作品となっています。

<スペック>
約90分 カラー、ステレオ、ドルビーデジタル、片面1層、16:9

製作著作:日本テレビ
(C)NTV

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

岡本太郎の代表作「太陽の塔」と対をなす作品といわれる巨大壁画「明日の神話」の修復プロジェクトの模様を追ったTVドキュメンタリー。壁画「明日の神話」の修復に関わった人々とその過程に密着し、一大事業の全貌を記録した貴重映像満載の決定版。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.5
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: DVD
生と死は同じものだと、太郎は言う。だからこそ、この人は、破壊を創造することによって、創造と再生を描く事が出来る。彼の作品(レプリカでなく本物)を生で観たのは太陽の塔で、その時もそうだったし、明日の神話は、DVDだけど、同じ感覚にとらわれた。

まず、その大きさに圧倒されると共に、いつも心臓に軽い不整脈が起こる気がする。目が離せなくなる作品というのは、今までいくつも出会ってきたが、岡本の作品では、目どころか、動けなくなる。そして気づくと時間が過ぎている。万博の仕事と、明日の神話の製作を両立させる。どんな思いでやっていたのだろう。焼け野原からの必死の復活で迎えた高度経済成長期、その成果を象徴する博覧会、片方は、皮肉にも焼け野原の原因がテーマ。

岡本の5分の4は、敏子夫人が伝えてくれた。私は残りの五分の一を知りたい。何を伝えたかったのか?

DVDのなかで、「最も人の目を引く骸骨のレリーフ」というナレーションがあった。例えば目前に、100くらいのさまざまな生き物、物があって、その中に一体、人間の死体があるとする。

まず、どれに目がいくか?十人十色というけれど、この解答だけは、100%、皆一致する。明日の神話を、いつか間近で観てみたい。彼の作品は、どんな時代においても常に先をいくだろう。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD Amazonで購入
壁画「明日への神話」修復スタッフの皆さんが、岡本作品に対していかに敬意と愛情を抱いているかがビンビン伝わってくるドキュメンタリーでした。

例えば、スタッフの皆さんは、発見された壁画を修復する際に、制作当時の新品同様の状態にまで戻すべきか、それとも経年変化の味わいを表現すべきかを慎重に検討していました。また、自らが施した修復作業よりも更に優れた修復方法が将来発明されたときのため、どこを修復したのかをわざと見分けやすくするという配慮も行っていました。そのための材料や材質の選び方や、作業工程が紹介されているところが、個人的にはこのDVDの一番の見所だと思われました。

ところで、このDVDには、岡本太郎さん自身が自作の制作意図を解説したり、ディスコで踊ったりしている特典映像が収録されています。特に、岡本さんのスキーの腕前については以前に著作で読んだことがあり、たいへん興味深く思っていましたので、実際にスキーを滑る映像が現れたときには感激しました。ファンならこちらも必見です。岡本さんのエネルギーがガンガン伝わってきますよ!
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD Amazonで購入
「明日の神話」再生プロジェクトの取り組みなどは良いのですが、どうしても「映像の岡本太郎」がみたい私は岡本太郎の映像に過度の編集(テロップ、効果音、フラッシュなどなど)をかけてしまった日テレに反感を持ちます。NHKの「あの人に会いたい」のように、最低限の編集のみを施した映像を出して欲しい。はっきり言って日テレの編集の仕方は低俗すぎて辟易しました。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD Amazonで購入
自分は岡本太郎のことをただの変なおじさんかと思っていたが、
それは大きな誤りだった。

現在、岡本太郎の再評価が盛んになっているが、
私も感化された一人である。

芸術家として熱く、強く、流されずに生きた事を垣間見ることのできるビデオである。

他の方が書いていたことのトレースになってしまうが、
民放でなく、NHKあたりが同じテーマで製作すれば更に良いモノになったであろう。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告