この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

岡本太郎の沖縄 (小学館クリエイティブビジュアル) 大型本 – 2016/4/26

5つ星のうち 5.0 4件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
大型本
¥ 6,160 ¥ 2,767
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。


商品の説明

内容紹介

岡本太郎が目撃した占領統治下の沖縄

1959年、岡本太郎はアメリカ占領下の沖縄を訪れた。ほんの骨休めのつもりが、着いたとたんに沖縄の魅力に引き込まれていく。気がつくと、自分を惹きつける相手にギリギリっと寄り、感動にふるえながら夢中でシャッターを切っていた。
太郎がそこまで感動したのは、沖縄に「忘れられた日本」を見たからだ。そこには現代の日本人が押しやってしまった日本、失われてしまった日本が息づいていた。
「これこそ、オレたち自身なんだぞ、日本そのものなんだぞ」。太郎は沖縄で日本を発見し、自己を発見した。清冽に生きる沖縄の人々に日本人の、そして自分自身の根源を見たのだ。このときの体験がのちに「沖縄文化論」に結晶する。
沖縄にとりつかれた太郎は1966年、再び沖縄に降り立つ。12年に一度行われる女だけの神事イザイホーを見るためだった。いまは見ることができないこの呪術的な儀礼を含め、太郎は沖縄の多彩な表情をフィルムに収めた。
太郎が撮った「沖縄」には、日本の、そして日本人の原点が刻まれている。貴重な歴史史料であり、唯一無二の文化遺産だ。だれもが、そしていまこそ向き合うべき「日本」がここにある。

内容(「BOOK」データベースより)

それは私にとって、一つの恋のようなものだった。アメリカ占領下の沖縄でその魅力に引き込まれた、太郎が撮った「沖縄」。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 大型本: 174ページ
  • 出版社: 小学館クリエイティブ (2016/4/26)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4778036077
  • ISBN-13: 978-4778036072
  • 発売日: 2016/4/26
  • 梱包サイズ: 28.2 x 21 x 1.5 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 4件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 325,947位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?



4件のカスタマーレビュー

5つ星のうち5.0

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

4件中1 - 4件目のレビューを表示

2016年3月8日
形式: 大型本Amazonで購入
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2011年9月8日
形式: 大型本Amazonで購入
4人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2007年2月28日
形式: 大型本
6人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2004年9月6日
形式: 大型本
9人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告