Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 540

¥ 56の割引 (9%)

(税込)
ポイント : 5pt (0%)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[岡本健太郎]の山賊ダイアリー(1) (イブニングコミックス)
Kindle App Ad

山賊ダイアリー(1) (イブニングコミックス) Kindle版

5つ星のうち 4.5 111件のカスタマーレビュー
[まとめ買い] 山賊ダイアリー(イブニングコミックス)の7の第1巻

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 540
コミックス
"もう一度試してください。"
¥ 596 ¥ 86

紙の本の長さ: 128ページ

【期間限定無料】Kindleコミック
いつでもコミックが無料で読める!常時多数の無料コミックを配信中。 今すぐチェック
【Kindleコミック ストア】: コミックの人気タイトル、新着・ニューリリース、お買い得タイトルをチェック。 Kindleコミック ストア へ

【女性向けコミックストア】: 女性のためのコミックストア。期間限定無料タイトルからセール情報まで、お得な情報多数! 今すぐチェック



商品の説明

内容紹介

現役猟師、兼マンガ家。岡本健太郎(おかもと・けんたろう)による狩猟&ジビエ(野生肉)喰い実録日誌。ウサギの唐揚げ、カモのロースト、カラスの焼き鳥etc、山グルメ満載! 山で迷ったときの心得などサバイバル術も満載! 都会を離れ、故郷に戻った男は山に遊び、お気に入りの空気銃「エースハンター」と自作の罠を手に、今日も鳥や獣と勝負する。鳥羽僧正よ、刮目せよ! これぞ二十一世紀の鳥獣戯画だ!(※最後の二文は内容とは関係ありません念のため)

内容説明

現役猟師、兼マンガ家。岡本健太郎による狩猟&ジビエ喰い実録日誌。ウサギの唐揚げ、カモのロースト、カラスの焼き鳥etc、山グルメ満載!山で迷ったときの心得などサバイバル術も満載!都会を離れ、故郷に戻った男は山に遊び、お気に入りの空気銃「エースハンター」と自作の罠を手に、今日も鳥や獣と勝負する。鳥羽僧正よ、刮目せよ!これぞ二十一世紀の鳥獣戯画だ!(※最後の二文は内容とは関係ありません念のため)

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 29784 KB
  • 紙の本の長さ: 128 ページ
  • 出版社: 講談社 (2011/12/22)
  • 販売: 株式会社 講談社
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B00APR9HZC
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 111件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  • さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: Kindle版 Amazonで購入
面白かった。
良く、実録4コマ漫画みたいなヤツは、無理矢理にでも4コマごとにオチをつけようとして、かえって「要らないコマ・展開」が増えちゃう傾向にあるけど、この作品は淡々とそこらへんを描いていて(4コマじゃないしね)、無駄なネタ・オチ志向がないのが良い。
後、カッコつけた描き方をせず、初心者っぽい失敗談も飾らずに描いているのも好ましい。

それにしても、「とりあえず何でも食う」精神は凄いなー。
私にはできん・・・(汗
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
現役猟師、兼マンガ家。岡本健太郎(おかもと・けんたろう)による狩猟&ジビエ(野生肉)喰い実録日誌。ウサギの唐揚げ、カモのロースト、カラスの焼き鳥etc、山グルメ満載! 山で迷ったときの心得などサバイバル術も満載! 都会を離れ、故郷に戻った男は山に遊び、お気に入りの空気銃「エースハンター」と自作の罠を手に、今日も鳥や獣と勝負する。鳥羽僧正よ、刮目せよ! これぞ二十一世紀の鳥獣戯画だ!(※最後の二文は内容とは関係ありません念のため)
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
絵のうまさだとか、芸術性だとかはわかりません。他に無いジャンルで、面白いかと思いました。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 okapi 投稿日 2017/5/30
形式: コミック Amazonで購入
繰りかえし開いて読んでしまう味わいがあります。
続いていってほしいです。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
狩猟がテーマの本は珍しい事もあって1巻が無料だったので購入しました。
しかし、これが面白い絵は下手なのですが話が面白いです。
結局,全巻購入してしまいました。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 退屈しのぎ 投稿日 2017/8/1
形式: Kindle版 Amazonで購入
良い!淡々としかし詳細に描かれています。フィクションにありがちな余計な描写もなく読みやすいです。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 カスタマー 投稿日 2017/8/1
形式: Kindle版 Amazonで購入
その昔はこうやってみんな生きていたんだよなぁと感心しました。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
はっきり言って、本当に絵が下手です。
本当に漫画家?と思えるほど立体感が無いのです。
お鍋をよそってる器がどうみても平坦。
巻数が進んでもあまり上達しない。
「普通、漫画を描き続けてたらうまくなっていくものだよね」と言ってみれば
「オカモトくんは、昔からこうだよ」と知人皆に言われ、
「ええ?昔からって、漫画家歴そんなに長いの?というか皆そんな昔から彼を知ってるの?」とびっくりです。
しかし、本当に内容が面白いです。
絵がすごく上手で内容が無い漫画よりずっとずっと良いです。
何度も読み返してしまいます。
つまりは、漫画って絵より内容なんだなと実感させられた作品でした。
絵も内容も素晴らしければ一番でしょうが、この漫画はこの絵だから良いんだろうなと思います。
ただ、この絵でも漫画家として採用してくれてる担当さん、あんたすごいよ!素晴らしい目をもってるよ!
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
猟師という特殊な職業(というか活動?)を、当事者として猟師兼漫画家である作者がつづる漫画。

普通の生活をしている人にとっては、まず経験のないような話ばかりで、「こんな世界があるんだなぁ」と、楽しく読めること請け合いです。
絵はお世辞にも上手とは言えないが、味があるし内容に対して必要十分でしょう。

私も昔から自然に興味があったこと、知り合いに猟師がいたこと、配偶者の実家が専業農家で獣害に困っていたことなど、いろんな要素があったところでこの漫画と出会い、猟師としての活動を生活の一部とするべく現在奮闘中です。

この漫画は、私のように「やろう!」と思い立った者にとっては、手引き・入門書として価値があります。
また、世の中にとっても、「こんな世界がある」「あの業界の中はこんな感じ」と猟師と猟師たちの世界・文化を知らしめる紹介モノとしても価値があります。

ただの娯楽作品ではない付加価値を持っている点で、非常に有意義な作品であると言えると思います。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 ブロフェルド トップ500レビュアー 投稿日 2013/4/23
形式: Kindle版 Amazonで購入
説明の「です・ます」体が雰囲気あっていい。
じいちゃんの「仏壇」に爆笑!

むかし、猟をやっている人についていって、仕留めた鹿をその場で解体し、
食べさせてもらったことがある。
そのときは、最初は「鹿なんて殺さないで。かわいそうだよ」とか言っていたが、
やがて猟が佳境に入ってくると、
ヘタレなおれにも山賊の血がはいり、「うぉおぉおぉお」とわけのわからぬ声が自然と出ながら
獲物を追いかけた。(あくまでついてっただけだけど……それでも大興奮)
猟の前は、「おれ、菜食なんで」と、ヘタレてたおれも、
最後は、皮はぎを手伝い、血抜きし、解体。
その場でおいしくいただきました。

そのときの、血が沸くような静かな興奮が、読んでいるうちに甦ってきた。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
click to open popover