通常配送無料 詳細
残り3点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
山登りABC 山のエマージェンシー がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
発売元 ★BOOKRIVER★
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 軽い使用感程度できれいな状態です。迅速・丁寧心がけます。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
3点すべてのイメージを見る

山登りABC 山のエマージェンシー 新書 – 2014/7/25

5つ星のうち 4.3 4件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
新書
"もう一度試してください。"
¥ 1,080
¥ 1,080 ¥ 749
この商品の特別キャンペーン 本とのまとめ買いで対象商品が10%OFF 1 件


AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 山登りABC 山のエマージェンシー
  • +
  • 山の天気リスクマネジメント (山登りABC)
  • +
  • テント泊登山の基本 (山登りABC)
総額: ¥3,240
ポイントの合計: 99pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



Amazonランキング大賞2017上半期 本
やせるおかずの柳澤英子さん、白石麻衣さん、にしのあきひろさん、諫山創さんからの受賞コメント付き 和書総合ランキングTOP20へ

商品の説明

内容紹介

山登りをするうえで、絶対に身につけておきたい危機管理の知識と技術をわかりやすく紹介します。

山登りには、さまざまなリスクが潜んでいます。
滑落・転倒・道迷い…登山コースの難易度にかかわらず、常に危険を予測しておくことが、遭難防止の第一歩です。

本書では登山におけるリスクと危険回避、対応方法など、山登り初級者が必ず知っておきたい安全管理術をわかりやすく解説します。

▼登山におけるリスク(山に潜む危険、遭難の傾向、危ない時間帯・危ない登山者・危ない場所・登山届とは)

▼危険の予測と回避(道迷い、転倒・転落・滑落、天候悪化、体調悪化、落雷、有毒ガス、野生動物)

▼遭難時の対応(道迷いのリカバリ、崖・沢からの脱出、野生動物の回避、ビバーク法、搬送法、レスキュー訓練)

▼傷病の応急手当(持っておきたいキット、心肺蘇生、擦過傷、創傷、捻挫、骨折、高山病、熱中症、低体温症、凍傷、日焼け、虫さされ…etc)

▼救助の要請方法 (救助要請の判断基準、連絡方法、救助の流れ、費用、山岳保険と遭難の後始末)

▼付録・登山計画書

内容(「BOOK」データベースより)

すぐに役立つ安全登山の技術。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 新書: 128ページ
  • 出版社: 山と渓谷社 (2014/7/25)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4635043436
  • ISBN-13: 978-4635043434
  • 発売日: 2014/7/25
  • 梱包サイズ: 17.8 x 11.2 x 1 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2 4件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 211,965位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.3
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 新書 Amazonで購入
ベテランの方や、日頃から講習会などに参加をされている方は読む必要はないと思います。
しかし、これから登山を始めようとしている方や登山初心者は読んでおいた方が良いと思います。
知っておくべき知識が大変コンパクトにまとめられています。

本書は、第1章「危険の予測」、第2章「回避と対処」、第3章「ファーストエイド」、第4章「救助要請」から構成されています。
特に、第2章の「回避と対処」は必見です。ある問題例を「原因・予防・対策」の観点から書かれてあります。
本来ある程度の「危険は未然に避けられる」ものです。
しかし、知識不足や経験不足が多くの危険な状況を生み出していると、具体例を挙げて紹介されてあります。
また、「道迷いのリカバリ法」や「悪天候の離脱」などの危険状況になった場合の対処法も丁寧に書かれてあります。

これを読んだからといって、必ずしも十分の知識を得たとは言えません。
やはり、講習会などを通じて実践が必要だと思います。

124頁、全カラー、新書サイズです。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書 Amazonで購入
私はまだ20年くらいしか山歩きをしていませんが、初歩的なことを再認識するために読みました。わかりやすくて良いと思います。実際のトレーニンバで覚えるのが一番と思いますが、はじめはしっかり本を読んでおくことは大切なことだと認識しています。私はまだ遭難はしたことはありませんが、低山でも侮らないということを肝に銘じています。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
フルカラー写真・イラスト付きで山に関する知識がまったくなくてもスッと理解できるわかりやすさ。初心者に優しい作りになっており、基本的なことを改めて復習するという意味ではベテランの方も読んでみて損はないのでは。
エマージェンシー編ということで、遭難や怪我をしてしまった時の対処方法はもちろんのこと、そういった危機をあらかじめ回避するための方法にもページが割かれています。応急処置の仕方など、場所を山に限定しなくてもいざという時に使えそうな知識が多々盛り込まれていて参考になりました。普段知る機会はないものの地味に気になっていた救助費や山岳保険についての項目も「へぇ~」となりました。
電子版でも付録は一応ついていますが切り取って自分で組み立てて使う・印刷して使うといったタイプの付録なので実本ならともかく電子版ではあまり役に立たないかも。付録がどうでもいいのならば普段嵩張らず、緊急事態にサッと確認できる電子版がおすすめ。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書 Amazonで購入
手遅れにならないよう、予備知識のために購入。

緊急事態への心構え、で危機回避。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告