Androidアプリストア Amazonファミリー 本を聴くオーディブル Amazon Cloud Drive SOS0516 Amazon MasterCard 車&バイクの雨対策 nav_flyout_videogame ファッション Fire 7 ・Fire HD 8 Fire TV stick お中元ストア リニューアルキャンペーン ペットの防災特集 Kindle Amazon MP3 スイミング 今田x東野のカリギュラ
 
山田耕筰:序曲ニ長調/交響曲ヘ長調「かちどきと平和」/交響詩「暗い扉」/交響詩「曼陀羅の華」

山田耕筰:序曲ニ長調/交響曲ヘ長調「かちどきと平和」/交響詩「暗い扉」/交響詩「曼陀羅の華」

2003/11/1
5つ星のうち 4.8 5件のカスタマーレビュー

Amazon プライムに加入して、無料でライブラリにこのアルバムを追加
購入価格: ¥ 900

Amazonプライム会員特典に含まれています

今すぐ再生
Prime Musicで聴く
30日間の無料体験を始める
プライム会員なら100万曲以上の楽曲と数百のプレイリスト、そして広告なしのラジオが追加料金なしで聴き放題
その他のオプション
現在、Amazon ミュージックアカウントがこの国に関連付けられていません。プライムミュージックをお楽しみいただくためには、ミュージックライブラリに移動して、アカウントを Amazon.co.jp に転送してください。

  

  • このアルバムを試聴する
    タイトル アーティスト
    0:00 / 0:00
1
- アーティスト: ニュージーランド交響楽団
3:30
今すぐ聴く 購入: ¥ 160 MP3 カート追加済み MP3 カートを表示
2
- アーティスト: アルスター管弦楽団
8:40
今すぐ聴く 購入: ¥ 160 MP3 カート追加済み MP3 カートを表示
3
- アーティスト: アルスター管弦楽団
11:18
今すぐ聴く 購入: ¥ 160 MP3 カート追加済み MP3 カートを表示
4
- アーティスト: アルスター管弦楽団
5:45
今すぐ聴く 購入: ¥ 160 MP3 カート追加済み MP3 カートを表示
5
- アーティスト: アルスター管弦楽団
10:18
今すぐ聴く 購入: ¥ 160 MP3 カート追加済み MP3 カートを表示
6
- アーティスト: アルスター管弦楽団
10:47
今すぐ聴く 購入: ¥ 160 MP3 カート追加済み MP3 カートを表示
7
- アーティスト: アルスター管弦楽団
7:36
今すぐ聴く 購入: ¥ 160 MP3 カート追加済み MP3 カートを表示

登録情報

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.8
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 金山寺味噌 #1殿堂トップ10レビュアー 投稿日 2013/9/22
形式: CD
山田耕筰が20世紀日本を代表する大作曲家であることは疑問の余地がない。しかし、現在広く知られている作品というと、
『この道』『待ちぼうけ』『赤とんぼ』などの歌曲や童謡、夏の甲子園の入場行進曲、そして山のように量産された各種
学校の校歌といった状況である。若い頃の山田はドイツに留学してマックス・ブルッフなどに師事した絶対音楽の作曲家
であった。青年期には少なからぬ量の管弦楽作品を書いていたが、本人がのちに絶対音楽から離れて何でも屋的な活動に
入ったため、青年期の作品は埋もれていった。片山杜秀氏プロデュースの日本作曲家選輯で取り上げられる形で発掘され、
こうしてアルバム化されたことは大変喜ばしいことだ。片山氏の懇切丁寧な楽曲解説付き。

楽曲自体は留学時分に作った習作的なもので、シューベルトやメンデルスゾーンを範にとった常識的な内容だが、すでに
後年の活躍を暗示させる歌ごころと優美さが現れていて、単なる古典の模倣に留まってはいない。2作の交響詩には当時の
最先端の音楽であったドビュッシーやスクリャービンの影響が感じられ、山田が貪欲に西洋音楽の知識やトレンドを吸収
していたことがうかがわれる。

指揮の湯浅卓雄氏はかのロヴロ・フォン・マタチッチのアシスタントをしていたと
...続きを読む ›
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
 最初に聴いたとき曲想と演奏、録音の雰囲気から、サバリッシュの指揮したシューマン交響曲全曲のCDをふと連想しました。何回か聴くにつれ山田耕筰はシューマンより明るく楽観的、湯浅氏はサバリッシュより情感に溢れていると思い始めました。
 日本の西洋音楽の父のような存在と習った山田耕筰(1886-1965)。でも実際聴いて知っているのは 赤とんぼ など数曲の歌曲、あと我が母校の高校の校歌、阿部知二作詞・山田耕筰作曲(旧制中学の頃のものは北原白秋作詞・山田耕筰作曲)ぐらい。長らくクラッシックも聴いてきて武満徹しか日本の作曲家を真面目に聴いたことがなかったことを本当に恥じ入りました。もっと日本の作曲家も聴こう。
 収録曲は1912年から13年のドイツ留学時の作曲だとか。とにかく堂々たる作品です。颯爽とはじまる序曲と凛とした交響曲はドイツロマン派を髣髴とさせ日本人が作ったといわれなければ分からないほどですが、その中にしっかり日本人の情緒が脈づいている。嬉しいなあ。交響曲の2楽章など聴いていて漂ってしまいました。交響詩はそれ以降の様式、ベルリオーズ、リストやレスピーギのみならずドビュシィのような香りも伴いながら、前二曲よりは落ち着いた雰囲気が漂っています。詩に基づく純粋な交響詩らしいので当然か。1年ぐらいしか作曲時期に違いがないのに何と振れ幅の豊かなこと。しかしこの方はぜったい
...続きを読む ›
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 Krtek 投稿日 2016/3/15
形式: CD
2008年の秋、ハンブルクのホテルで朝起きてラジオを着けたら、いきなりこの曲が飛び込んできた。
あまりに突然なので、司書h何の曲か思い出せなかった。
多分、音源はこれだったのだろう(山田一雄指揮のLPもあるが、CD化されていない)。
音楽番組ではなく、ニュースや一般的な話題の合い間にBGM的に流された扱いだったので、あの時のNDR(北ドイツ放送)制作スタッフが
山田耕筰という存在を意識していたとは思われないが、それでも何か、作曲者が避暑地として滞在していたデンマーク国境に近い北ドイツの風景と
どこか重なる思い出がある。
因みに、これを聴いた数時間後にICEでリューベック経由、列車ごとフェリーを経てコペンハーゲンに行った。晩秋の北欧は寒い。
山田耕筰の若き日の情熱を感じさせる一曲。その第3楽章の、どこかワイルドな響きは、彼の自伝「若き日の狂詩曲」に記された、村の若者たちのエロスの饗宴までも感じさせる。
日本での西洋音楽受容の歴史に燦然と輝くマイルストーンと言える。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
山田耕作はおびただしい歌曲、校歌を残す傍ら、日本人による初の本格的オペラ「黒船」を作曲、指揮者として西洋音楽の紹介に努めたり、後進への音楽教育にと、多大な功績を残しました。その彼は20世紀初めにベルリンに留学し、本場の音楽を吸収しています。その成果がこのCDに残されていて、一人の芸術家と西洋音楽との邂逅がはっきりと示された貴重な資料です。
それまで見向きもされなかった彼の管弦楽曲が初めて公にされていますが、どれも親しみやすいものばかりで決して猿まねに陥らず一個の作品となっています。
最も初期の作「序曲二長調」は、瑞々しい小品で、若き山田耕作の躍動する心が伝わって来そうです。交響曲「かちどきと平和」は、ベートーベンやリヒャルト・シュトラウスなど先達の作品を意識しながらも、「君が代」の一部をさりげなく取り入れるなど、和製交響曲としての存在感を示しています。また、ラストに収録されている「曼荼羅の華」は、暖かな自然の懐に包まれていくような作品で今でいうヒーリング音楽の先駆けをなしています。
後期ロマン派から印象派などの影響を受けた様々な形の作品は、山田耕作個人のみならず、日本の音楽界が西洋音楽を貪欲に受け入れ自分流に消化、変容を遂げていった過程が伺われます。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告