この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

山猫の夏 【新装版】 (講談社文庫) 文庫 – 1995/11/7

5つ星のうち 4.5 24件のカスタマーレビュー

その他(4)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 983 ¥ 443
文庫, 1995/11/7
¥ 1

click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

受賞歴

第6回(1985年) 吉川英治文学新人賞受賞

内容紹介

船戸冒険小説の原点(ブラジル篇)。ブラジル東北部の町エクルウは、アンドラーデ家とビーステルフェルト家に支配されている。両家はことごとに対立反目し、殺し合いが絶えない。そんな怨念の町に、<山猫(オセロット)>こと弓削一徳(ゆげいっとく)がふらりと現れた。山猫の動く所、たちまち血しぶきがあがる。謎の山猫の恐るべき正体はいつ明かされる? 南米3部作第1弾。 (講談社文庫)

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 726ページ
  • 出版社: 講談社; 〔新装版〕版 (1995/11/7)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4062631555
  • ISBN-13: 978-4062631556
  • 発売日: 1995/11/7
  • 商品パッケージの寸法: 14.6 x 10.8 x 3.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 24件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 488,622位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.5
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫
南米のある町に山猫と名乗る男が現れたことから始まる大冒険活劇小説。黒沢明の「用心棒」とシェークスピアの「ロミオとジュリエット」(ハムレットは作品名やないか!)を足して2乗して2で割った物語。主人公の山猫とその敵役が魅力的。しかしこの小説を日本の最高傑作たらしめているのは、この物語の書き手である、「おれ」なのである。生きる希望をなくし、だらだらとただ毎日を過ごしているだけの「おれ」が山猫に出会うことによって、男として成長していく。見事です。完璧です。ストーリーももちろん文句無しに面白いのだが、この「おれ」がどう変わっていくのかここらあたりに注目して読んでください。絶対に損はしません。読み終わるのがもったいなくなります。
コメント 24人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 hit4papa トップ1000レビュアー 投稿日 2011/5/22
形式: 文庫
週刊文春1984年 国内4位

ビーステルフェルト家とアンドラーデ家が、百年のおよぶ抗争をつづけるブラジルの町エルクウ。ビーステルフェルト家は、山猫=弓削一徳に、アンドラード家の息子と駆け落ちした長女を連れ戻すよう依頼する。山猫は、捜索隊を編成し、二人の追跡を開始するが、一方で、アンドラード家も傭兵達を差し向けるのだった。 ・・・

灼熱のブラジルの中で展開される流血の冒険小説。ブラジルのロミオとジュリエットの逃避行はほんのさわりで、中盤から町全体をぶっ壊すほどのスケールのでかい物語へ。

外国を舞台にしながら、日本人を主役としてるんだけど、全く違和感がない。もしろ、日本的な価値観が垣間見えるところが魅力なんだと思う。昔のウェスタン映画で見られるベタなシーンもあったりするが、そこはご愛敬ってことで。登場人物は、敵役、脇役を含めて個性的。まるで映像を見ているように思い描くことができる(どんどん、やられちゃうんだけど)。とくに山猫のキャラクターは秀逸。嫌味なほど”俺って強い!”的な発言と行動は、ここまで徹底されると、何か心地良ささえ感じてしまう。その分ラストの衝撃はでかい!。

初船戸与一で、すっかりとりこになってしまったかなぁ。
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
もう30年前に私が就職したころ、故今東光和尚が褒めておられたの見て初版を読みました。
主人公「おれ」とシンクロして読み、山猫に鍛えられました。
プロはいかに想像力を働かせ、事前に準備しておくか、また情緒に流されず合理的に進めていくくかが、仕事の成否にかかわることを教えられました。
この「段取り八分、仕事二分」が今まで実業務で役立ってきました。その辺のビジネス書よりもよっぽど役立ちます。
1年前に読み返し、改めて感銘を受け、就職したばかりの甥にプレゼントしようと探しましたが古本しか見当たらず、今回の再販を知り、ありがたく買い求めました。
日本の若い方に読んでいただきたい珠玉の1冊です。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
文庫の初版で買ってからもう20年とちょっと。長い付き合いになりました。
20年間、人生で行き詰まった時や本当に辛い時、かならず読みたくなる
一冊です。

むせ返るような日差しと硝煙の匂いでつまらない日常を忘れさせて
くれます。この本を読まなくなる日が…来るのかなぁ?
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
ラテンの血が流れているがごとく、その匂いが鼻につく気がするぐらい艶めかしい血の匂いがするような文面。
絶対期待を裏切らないこの世界を、一度でも味わうと忘れられなくなる。
寝不足確実!
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
船戸与一の作品は初めて読みました。
南米関係の冒険物語を検索していたら本作に出会った次第で、魅力的なレビュウに
推されて手に取りました。

726ページの分厚い文庫本でしたが1.5日で一気読みでした。高評価の皆さんの
レビュウは間違いなかった。
序盤は映画「用心棒」の序章は似ていますが、舞台は地球の裏側のブラジル。
血を血で洗う抗争をつづけた一族同士、汚職の染まる警察、千金を狙う怪しい軍属、
盗賊一味、文化、伝統、自然現象、大自然、悪徳にまみれる男と女達の野望が
混然一体となって奈落の底にころがっていく。

蒸して、脂ぎって、汗苦しくて、女と男の濃い欲望が濛々と匂ってきます。
そして、結末は船戸与一節?なのか個性豊かな主人公が昇天する。

ざざざっと一気に読んだ本作、テイストは西村寿行、勝目梓が代表のハードロマン
(もう死語ですねこのフレーズ)テイスト。人間のむき出しの欲望が見事に圧倒的に
荒唐無稽にならずに描かれています。

若年世代が手に取れば間違いなく思い出の一冊となるのでしょうね。
私は中・高校時代は、とにかく大藪晴彦に溺れたので少々物足らず星4個と
なりました。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック