中古品:
¥ 626
+ ¥ 391 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 背表紙に日焼け・色褪せ有り。USED、レンタル落ち商品。ジャケットやラベルの日焼け、多少のノイズ、音声が歪む場合があります。また、レンタル管理シールなど綺麗に剥がせない場合があります。再生確認時に問題が発生した際にはメールにてご連絡させて頂きます。【レンタルケースのままで通常はゆうメール発送。購入額3000円以上、または3本以上のご購入で佐川急便での発送となります】※休日(土、日、祝)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

山椒太夫 [VHS]

5つ星のうち 4.5 2件のカスタマーレビュー

出品者からお求めいただけます。 在庫状況について
中古品の出品:9¥ 623より


キャンペーンおよび追加情報

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 買取サービスページをチェック。


登録情報

  • 出演: 田中絹代
  • 監督: 溝口健二
  • テープ数:: 1
  • 販売元: 大映
  • VHS発売日: 1995/10/13
  • 時間: 126 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 2件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B00005GEAY
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

商品の説明

レビュー

’54年ヴェネチア国際映画祭銀獅子賞受賞作。「安寿と厨子王」で有名な森鴎外の名作を基に製作した、溝口映画の最高傑作の呼び声も高い文芸大作が低価格で再登場。
-- 内容(「VIDEO INSIDER JAPAN」データベースより)

監督: 溝口健二
出演: 田中絹代/香川京子/南田洋子/花柳喜章/進藤英太郎
-- 内容(「CDジャーナル」データベースより)

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.5
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

玉木役の田中絹代や、唯一女優らしい輝きをはなっている安寿役の香川京子をさしおいて、登場時間の一番長い厨子王役の花柳喜章の五頭身がとにかく気になってしまう作品だ。安寿の入水自殺シーンを除いては、宮川一夫のカメラも、ベテラン女優とデカ頭男優の前では真価を発揮しきれていない。

本作品にはもう一つ鼻につくところがある。それは、世界市場を睨んでいるジブリ映画のような、とってつけたような押し付けがましい倫理観だ。「人は等しくこの世に生まれてきた。幸せに分け隔てがあってはいけない」と説く厨子王の父のリベラル発言には、どうも外国人インテリ層の目を意識した溝口の計算が感じられてしまう。厳しい撮影現場で、数々の差別的発言を残した溝口の本心から出た言葉とは到底思えない。

映画冒頭と中盤に登場する敷石を思わせる石造物がある。時間の経過を伝えるシンボルのようにも思えるが、何の説明もされていない分かえって気になってしまう存在だ。饒舌に言葉で繰り返されるテーマよりも、何も語られない映像の方が、時として力を持つことがある。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
 溝口健二監督の映画を観て居ると、神の眼差しで人間を見て居るのではないか?と思ふ事が有る。−−この映画が、まさに、そうである。

 この映画は、『安寿と厨子王』の原作である『山椒大夫』を、溝口健二が映画化した作品である。『雨月物語』や『赤線地帯』と共に、溝口健二の最高傑作の一つであると、私は、思ふ。(それにも関わらず、この映画を駄作呼ばわりした映画評論家が居た事を私は、忘れない。1960年代から70年代の日本の映画評論が、いかに愚かな批評に溢れて居たかの一例である。)

 田中絹代が演じる母親と、子供たちが、水上で生き別れに成る場面の悲劇性は、溝口健二ならではの物である。又、その母親が遊女にさせられると言ふ設定も、実に、溝口健二らしい物である。そして、最後の親子の再会の場面が与える深い感動は、溝口健二以外の監督では有り得なかった物だろう。

 早坂文雄の音楽も素晴らしい。特に、ラスト・シーンの音楽は、彼の映画音楽の最高傑作の一つではないだろうか。

 小泉首相が北朝鮮を訪問し、多くの日本人が拉致されて居た事が露呈した日、私が、この映画を思ひ出した事を付け加えておきたい。

(西岡昌紀・内科医)
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。

関連商品を探す


フィードバック