Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 0

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

[中島 敦]の山月記
Kindle App Ad

山月記 Kindle版

5つ星のうち 4.6 100件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 0

商品の説明

内容紹介

昭和初期に活躍したが惜しくも早世した小説家、中島敦の代表作とされる短編小説。1942(昭和17)年の「文學界」に、「文字渦」とともに「古譚」と総題して発表された。中国唐代の伝記「人虎伝」に基づき、詩に執心して、ついに虎に変身してしまった男のすさまじい宿命の姿を描いて、作者の自嘲と覚悟を語る作品。

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 156 KB
  • 紙の本の長さ: 8 ページ
  • 同時に利用できる端末数: 無制限
  • 販売: Amazon Services International, Inc.
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B009IXHUOY
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.6 100件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: Kindleストア 無料タイトル - 28位 (Kindleストア 無料タイトルの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

投稿者 おるせ 投稿日 2012/11/9
形式: Kindle版 Amazonで購入
iPhone5にkindleを入れて、初めに読んだのがこの作品になります。

この格調高い文章で綴られた不思議な物語を初めて読んだのは、高校生の頃だったでしょうか。
当時、自尊心ばかりが強く、そのくせあまり努力もせず、そういった者の常として、何の根拠もなく、何時かは何者かにはなれるのだろうと自惚れていた若者にとって、非常に強く印象に残った名作であり、もはや初老といっていい年になって、ただ懐かしさから、再読してみました。

結局私は後世に残るようなことは何もしなかったし、もちろん異形のものにもなれなかった。
今はただ、今の若者にこの作品を読んでもらえたらと思います。
コメント 41人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
絶対に読むべき。特に僕は高校生の時の現代国語のサブテクストでこれを読んだっきり40年の歳月が過ぎちゃったけど、高校生の頃には「ふん、こんなの、ただの寓話じゃん」って(不遜にも)思ってましたが、今再読して脳天を割られた様な激しいショックを受けました。自分の内面が晒されているかの様な小説です。この年齢になって再びこの作品と出会えて幸福でした。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
テンポが良いのでさっくり読む事ができます。

この作品も太宰治の「トカトントン」と同じで、学生の時分と大人になり挫折を味わってから読むとがらりと感想が変わります。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
最初に読んだのは中学生でした。それ以来60になった今年は、kindle版で読みました。単行本、青空文庫と目にとまった度に読んでいます。名作は、いつ読んでも、教えられます。また、読みます。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
何度も読んだ作品ながら、Kindle購入後初めてDLしたのがこの作品。
今さら言うまでもないのですがこれは真の名作です。
おそらくはすべての人間に内在する執念、自尊心。
「人が人以外のものに変ずる」という恐怖と潜在的願望が入り混じるある意味甘美な感覚。
そしてなにより芸術とも云うべきハイレベルな文体。
美しく、妖しく、哀しく。
何度読んでも読むたびに感心してしまいます。
まさに文芸、ボクの中ではパーフェクトな作品です。
コメント 22人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
誰もが知る名作ですが、改めて読んでもやはり感動します。
短いストーリーの中に、ひとりの人生が垣間見れる作品。
難しい漢字が多用されますが、逐一振り仮名が振ってあるのはよかった。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
今回は作品の名高い内容よりは、タブレットでどこでも/いつでもというportabilityとaccessibilityを中心に考えて購入し、既に何度も読み、利便をかみしめている。大満足。物語としての解釈は、何度も読んだ後で、いずれ固まってくると期待している。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 Cineman VINE メンバー 投稿日 2012/12/26
形式: Kindle版 Amazonで購入
物語の内容についてはすぐれた書評がありますのでそちらに譲ります。私は名作をkindleで読む意味と、読む環境、そして総合評価としての読み心地について記します。
kindleを手にするまで、本や活字媒体は紙で在るべきだとの偏見を持っておりました。いままでも紙の本が当たり前でしたし、これからもそうだろうと思っていたのです。第一、栞を挟めないなんて読んだ気がしないと思っていました。kindleで無料購入できる名作は青空文庫版の短篇がほとんどなので、そもそも栞の必要などないのですが、それでも本らしさを感じさせるには必要なものだと思います。それが、kindleを利用してみて驚いたのですが、活字がくっきりして大変読みやすく、しおりの機能もよい。また目の疲れも当初の予想ほどではなく、時間さえ決めて利用すれば、紙媒体のようにかさ張ることなく利便性を実感できます。何しろ活字が読みやすいのが気に入りました。何回も何回も読んできた名作ですが、格調高い文章を電子媒体で読むという体験は不思議であると同時に、電子媒体の時代になってまで伝えられる名作の名作たる所以を嫌がおうにも感じさせるのです。私にとって名作をkindleで読む意味は再評価と再認識です。
読む環境は主に乗り物による移動中になります。家ではkindleは読書用には使いません。家では慣れ親しんだ紙の本を読みます。
読み
...続きを読む ›
コメント 22人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
現実の自分から逃げない、過小評価、過大評価ではなく、自分の今を認めること。挫折を経験した人間は幸せだ。それも若いうちがいい。今を知ることができればこそ人は成長できる。昔から変わらないんだね。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー

click to open popover