この書籍はよりお買い得なバージョンをご購入いただけます
Kindle版を選ぶと、¥ 259 (20%) お買い得にご購入いただけます。
¥ 1,037
Kindle版
¥ 1,296
単行本(ソフトカバー)の価格

Kindle版を選ぶと、<span class="a-color-price">¥ 259 (20%)</span> お買い得にご購入いただけます。 iOS, Android, Mac & パソコンで使えるKindle無料アプリで今すぐ読む
通常配送無料 詳細
残り9点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
山怪 山人が語る不思議な話 がカートに入りました
+ ¥350 配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ■通常48時間以内に発送いたします。■帯なし■カバーにスレ、天・地・小口に若干の汚れがあります■書き込みなどはなく概ね良好な状態です■中古品のため経年劣化・使用感のある場合があります通読に支障は有りませんが了承の上お買い求めください
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

著者をフォローする

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。


山怪 山人が語る不思議な話 単行本(ソフトカバー) – 2015/6/6

4.0 out of 5 stars 134件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
Kindle版
単行本(ソフトカバー)
¥ 1,296
¥ 1,296 ¥ 194

booksPMP

【2冊で最大4%、3冊以上で最大8%、10冊以上で最大10%】ポイント還元

2冊を購入する際クーポンコード「2BOOKS」を、3冊以上は「MATOME」を入力すると最大8~10%ポイント還元!今すぐチェック

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報

  • 対象商品をお買い上げいただくとAmazonポイントを10%還元。対象期間:2019/5/31(金) 23時59分(日本時間)まで。/Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外となりますのでご注意ください。/詳細は、「Amazonポイントキャンペーン」へ (「細則」を必ずお読みください)。

よく一緒に購入されている商品

  • 山怪 山人が語る不思議な話
  • +
  • (山怪 続編) 山怪 弐   山人が語る不思議な話 続編
  • +
  • 山怪 参 山人が語る不思議な話
総額: ¥3,888
ポイントの合計: 387pt (10%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton


無料で使えるAmazonオリジナルブックカバー
10種類のロゴ入りデザインから好みのデザインを印刷して取り付けよう。 詳しくはこちら。

商品の説明

メディア掲載レビューほか

「ヤマケイの“黒本"」を知っていますか? 怪談ブームに乗って9万1000部

山で暮らす人々は、ときおり奇妙な体験をする。宙に浮かぶ狐火、正体不明の足音、死者との遭遇、神隠し、鬼の襲撃……。日本各地からそうした“語り遺産"とでも呼ぶべき貴重な体験談を集めた本が、じわじわと部数を伸ばし続けている。文章は淡々としており、話によっては明瞭な筋がないものも。怖がらせるための作為のなさが、逆に背筋を凍らせる。

「山の怪談は登山者には定番の話題で、山の怪異本の系譜も、脈々とあります。けれどもこの20年あまり、そういった本は弊社から刊行されていませんでした」(担当編集者の勝峰富雄さん)

だが、ヒットの気配は刊行前から感じられていた。

「本書の約1年前に、山好きのあいだで知る人ぞ知る本だった『黒部の山賊 アルプスの怪』を定本化して復刊したんです。その中の怪異譚を掲載した部分の反響が大きいのに気付いていたので、『山怪』の刊行時には、2冊を関連本として打ち出しました」(勝峰さん)

昨今の怪談ブームも売れ行きを後押し。現代版「遠野物語」というキャッチで、民俗学のファンにリーチしたこともヒットに寄与した。

その後も『山のミステリー』(工藤隆雄)など埋もれていた山の怪異譚の名著を続々と復刊して、新たな書き手や編者による新著も刊行。「ヤマケイの黒い本」としてシリーズ的な人気を博すまでに至った。今年1月に刊行された本書の続編『山怪 弐』も快調だ。

評者:前田 久

(週刊文春 2017.3.23号掲載)

内容紹介

『山怪』をためし読み(PCのみ) 5/21ためし読みページ更新
※PDFでの閲覧となり、ダウンロードにお時間がかかります。

著者の田中康弘氏が、交流のある秋田・阿仁のマタギたちや、各地の猟師、
山で働き暮らす人びとから、実話として聞いた山の奇妙で怖ろしい体験談を多数収録。
話者が自分で経験したこととして語る物語は、リアリティがあり、
かつとらえどころのない山の裏側の世界を垣間見させてくれる。
山の怪談。現代版遠野物語。

目次
序文
I 阿仁マタギの山
狐火があふれる地/
なぜか全裸で/
楽しい夜店/
生臭いものが好き/
狐の復讐/
見える人と見えない人/
狸は音だけで満足する/
消えた青い池/
人魂、狐火、勝新太郎/
親友の気配/
辿り着かない道/
蛇と山の不思議な関係/
汚れた御札/
マタギの臨死体験/
叫ぶ者/
白銀の怪物

II 異界への扉
狐と神隠し/
不死身の白鹿/
来たのは誰だ/
もう一人いる/
道の向こうに/
響き渡る絶叫/
僕はここにいる/
謎の山盛りご飯/
山塊に蠢くもの/
鶴岡市朝日地区/
出羽三山/
鷹匠の体験/
奈良県山中・吉野町/
ツチノコは跳び跳ねる/
足の無い人/
巨大すぎる狐火/
山から出られない/
行者の忠告

III タマシイとの邂逅
帰らない人/
死者の微笑み/
迎えに来る者/
ナビの策略/
椎葉村にて/
テントの周りには/
幻の白い山/
なぜか左右が逆になる/
不気味な訪問者/
天川村の事件/
帰ってくる人/
固まる爺婆/
お寺とタマシイ/
飛ぶ女/
帰ってくる大蛇/
呼ぶ人、来る人/
狐憑き/
真夜中の石臼/
狐火になった男

【「定本 黒部の山賊 アルプスの怪」をお読み頂いた方もお楽しみいただけます。】

商品の説明をすべて表示する

出版社より


登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 256ページ
  • 出版社: 山と渓谷社 (2015/6/6)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4635320049
  • ISBN-13: 978-4635320047
  • 発売日: 2015/6/6
  • 商品パッケージの寸法: 18.8 x 12.8 x 2.5 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 134件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 12,216位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

関連メディア


134件のカスタマーレビュー

5つ星のうち4.0

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

気になるトピックのレビューを読もう

134件中1 - 8件目のレビューを表示

2017年6月23日
形式: Kindle版Amazonで購入
26人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2018年4月10日
形式: Kindle版Amazonで購入
13人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2017年1月22日
形式: 単行本(ソフトカバー)Amazonで購入
16人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2018年7月16日
形式: 単行本(ソフトカバー)Amazonで購入
4人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2016年5月7日
形式: 単行本(ソフトカバー)Amazonで購入
12人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2016年2月18日
形式: 単行本(ソフトカバー)Amazonで購入
12人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2018年4月27日
形式: 単行本(ソフトカバー)Amazonで購入
4人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2019年2月9日
形式: 単行本(ソフトカバー)Amazonで購入
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
同様の商品をご覧になりませんか? こちらのリンクで参照ください。怪談山と溪谷社