通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
山怪 山人が語る不思議な話 がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: ◆◆◆カバーに若干の使用感がありますが、きれいな状態です。迅速・丁寧な発送を心がけております。【毎日発送】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

山怪 山人が語る不思議な話 単行本(ソフトカバー) – 2015/6/6

5つ星のうち 4.1 100件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本(ソフトカバー)
"もう一度試してください。"
¥ 1,296
¥ 1,296 ¥ 592

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 山怪 山人が語る不思議な話
  • +
  • (山怪 続編) 山怪 弐   山人が語る不思議な話 続編
  • +
  • マタギ奇談 狩人たちの奇妙な語り
総額: ¥3,780
ポイントの合計: 114pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

メディア掲載レビューほか

「ヤマケイの“黒本"」を知っていますか? 怪談ブームに乗って9万1000部

山で暮らす人々は、ときおり奇妙な体験をする。宙に浮かぶ狐火、正体不明の足音、死者との遭遇、神隠し、鬼の襲撃……。日本各地からそうした“語り遺産"とでも呼ぶべき貴重な体験談を集めた本が、じわじわと部数を伸ばし続けている。文章は淡々としており、話によっては明瞭な筋がないものも。怖がらせるための作為のなさが、逆に背筋を凍らせる。

「山の怪談は登山者には定番の話題で、山の怪異本の系譜も、脈々とあります。けれどもこの20年あまり、そういった本は弊社から刊行されていませんでした」(担当編集者の勝峰富雄さん)

だが、ヒットの気配は刊行前から感じられていた。

「本書の約1年前に、山好きのあいだで知る人ぞ知る本だった『黒部の山賊 アルプスの怪』を定本化して復刊したんです。その中の怪異譚を掲載した部分の反響が大きいのに気付いていたので、『山怪』の刊行時には、2冊を関連本として打ち出しました」(勝峰さん)

昨今の怪談ブームも売れ行きを後押し。現代版「遠野物語」というキャッチで、民俗学のファンにリーチしたこともヒットに寄与した。

その後も『山のミステリー』(工藤隆雄)など埋もれていた山の怪異譚の名著を続々と復刊して、新たな書き手や編者による新著も刊行。「ヤマケイの黒い本」としてシリーズ的な人気を博すまでに至った。今年1月に刊行された本書の続編『山怪 弐』も快調だ。

評者:前田 久

(週刊文春 2017.3.23号掲載)

内容紹介

『山怪』をためし読み(PCのみ) 5/21ためし読みページ更新
※PDFでの閲覧となり、ダウンロードにお時間がかかります。

著者の田中康弘氏が、交流のある秋田・阿仁のマタギたちや、各地の猟師、
山で働き暮らす人びとから、実話として聞いた山の奇妙で怖ろしい体験談を多数収録。
話者が自分で経験したこととして語る物語は、リアリティがあり、
かつとらえどころのない山の裏側の世界を垣間見させてくれる。
山の怪談。現代版遠野物語。

目次
序文
I 阿仁マタギの山
狐火があふれる地/
なぜか全裸で/
楽しい夜店/
生臭いものが好き/
狐の復讐/
見える人と見えない人/
狸は音だけで満足する/
消えた青い池/
人魂、狐火、勝新太郎/
親友の気配/
辿り着かない道/
蛇と山の不思議な関係/
汚れた御札/
マタギの臨死体験/
叫ぶ者/
白銀の怪物

II 異界への扉
狐と神隠し/
不死身の白鹿/
来たのは誰だ/
もう一人いる/
道の向こうに/
響き渡る絶叫/
僕はここにいる/
謎の山盛りご飯/
山塊に蠢くもの/
鶴岡市朝日地区/
出羽三山/
鷹匠の体験/
奈良県山中・吉野町/
ツチノコは跳び跳ねる/
足の無い人/
巨大すぎる狐火/
山から出られない/
行者の忠告

III タマシイとの邂逅
帰らない人/
死者の微笑み/
迎えに来る者/
ナビの策略/
椎葉村にて/
テントの周りには/
幻の白い山/
なぜか左右が逆になる/
不気味な訪問者/
天川村の事件/
帰ってくる人/
固まる爺婆/
お寺とタマシイ/
飛ぶ女/
帰ってくる大蛇/
呼ぶ人、来る人/
狐憑き/
真夜中の石臼/
狐火になった男

【「定本 黒部の山賊 アルプスの怪」をお読み頂いた方もお楽しみいただけます。】

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 256ページ
  • 出版社: 山と渓谷社 (2015/6/6)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4635320049
  • ISBN-13: 978-4635320047
  • 発売日: 2015/6/6
  • 商品パッケージの寸法: 18.8 x 12.8 x 2.5 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 100件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 3,447位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?


関連メディア

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
著者がマタギ、東北の方々に取材して聞いた山で起こる不思議な現象、実際に起きたことを集めたもの。怪談ではないけど、それだけにリアリティがあって夜読んでると怖い… 面白くて一気に読みました。昔おばあちゃんに聞いたお話しを読んでるみたいで懐かしい感じもありました。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
私は怪談話がすきなのですが、ちょっと趣旨が違っていました、
自然の不思議さ、人間の不思議さが交錯して現象が起きているのかなと
感じました。。山は本当に神秘の世界だとあらためて考えさせられました。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 ルワトロ 投稿日 2017/5/21
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
この手の山の怪異現象はいくら読んでも飽きないです。なかなか良い商品です。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
 どこかの新聞の書評を読んでキンドルで購入した。いまは海外暮らしなのでKINDLEの威力をしみじみと
感じている次第だ。

 本書自体は面白いのだが、それ以上に本書がじわじわと販売を伸ばしているという事象に興味を
持った。
 考えてみるとコンビニに行ってもペーパーバックのような安っぽい作りの「怪談」等が結構
売っている。娘たちと話していても、いまなお「都市伝説」は廃れていない。僕らの時代は「口裂け女」
だったりしたわけだが、いまもバージョンこそ違うようだが、かかる現代の怪談は活きている様子だ。

 と考えると、そもそも「怪談」とは非常に人間らしいものなのかもしれない。

 僕は怪談とは、ある種の高度な知的作業の結果生まれて来ているのだと考えている。日々の生活の
中で、どうしても理解出来ない事象に直面することは有る。その際に僕らは、それでもどうしても事象を
「整理」したい思いが強い。整理しかねると、最後は怪異談に持っていくことで、ぎりぎりの「理屈」を
こねあげて「整理」するという作業は極めて知的である。怪談に仕立てた上で、鎮魂を行ったりお祓いを
したりすることで解決したと自分を納得させる。「鎮魂」されたり「お祓い」されたりしているものは
...続きを読む ›
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
山で不思議な体験をした人達のエピソード集。
マタギをされている(されていた人も含む)方が行き慣れた山で方向感覚を狂わされて見た事がない場所に居た話やクラブ活動の下校途中に狐に化かされた話など、興味深い話が盛り沢山で不思議な体験談や怪談が好きな自分にとってストライクなエピソード満載。
心霊現象とはまた違う”異世界”を堪能出来る面白い本です。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
 結局読んじゃいましたが、何度か鳥肌が立ち、自分が結構この手のものに弱いことを知りました。
 不思議を否定し、全部合理的に説明がつくと主張するお話も登場するのですが、もともとの現象に合理性がないので、かえってこわい・・・。
 本文を読んでいる内は、知り合いからごく簡単に集めたお話だと思ったのですが、あとがきによれば、取材に相当なご苦労をされたようです。
 多少とも山歩きを趣味とする者なら、山に何らかの神秘さを感じるし、山頂に祠がある山が多いことから、それはたぶん日本人の根っこにある感情なのでしょう。独り歩きのときに思い出しそうでいやだなあ。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
もっと多くの記事があるかと思っていたが、タレント本のように余白が多く残念。
平成の遠野物語と言うのなら、20年ほど前とかではなく昭和・平成○○年ころとかで記載して欲しかった、当事者への聞き書きだから難しいと思うが、人によっては強烈な印象で年月日まで覚えている事もあっただろうし、新聞記事になった事も有り得る事故や遭難などもあったと思う。これなら正確な年月日も検証できたことでしょう。
ただ、現代にでもある山の怪異は面白かった。
著者には失礼だが、柳田邦夫の凄さを改めて感じた。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
山の不思議が面白く、一気に読んでしまいました。
山と自然界の西丸さんの方が面白いけどね。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
山の不思議な話がたくさん載っています。でも奇怪な話とか妖怪の話というわけではなく、ちょっと不思議な話が多いですね。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 Amazon Customer 投稿日 2016/8/2
形式: Kindle版 Amazonで購入
怪談話しがいいですね。鳥肌は立つけども決してすゞしくも寒くもならないのがね。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー