この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

山一証券突然死の真相 単行本 – 1998/4


その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
¥ 22,589 ¥ 25
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。


商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

1997年11月24日早朝、臨時取締役会で山一証券は自主廃業を決定し、百年の歴史の幕を閉じた。明治の創業以来、「法人の山一」として、日本の証券業界をリードしてきた巨大証券が、なぜ自主廃業に到ったのか?そこには幾重にも重なりあった不運と経営トップ・政府の無策、日本型経済システムの欠陥がみえる。21世紀に向け山一の教訓を活かし、長引く「平成不況」の脱出口を国際エコノミスト、元・山一証券参与の著者が提言する。

内容(「MARC」データベースより)

巨大証券は、なぜ破綻したのか? 5年前に「平成恐慌」の到来を予言した著者が、山一破綻の深層と日本経済の将来を論じる。元・山一証券参与による、痛恨の書き下ろし。


登録情報

  • 単行本: 237ページ
  • 出版社: 出窓社 (1998/04)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4931178138
  • ISBN-13: 978-4931178137
  • 発売日: 1998/04
  • 梱包サイズ: 19 x 13.6 x 2.2 cm
  • おすすめ度: この商品の最初のレビューを書き込んでください。
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 1,402,490位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

まだカスタマーレビューはありません。
他のお客様にも意見を伝えましょう
同様の商品をご覧になりませんか? こちらのリンクで参照ください。粘土 道具