通常配送無料 詳細
残り3点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
山の神 易・五行と日本の原始蛇信仰 (講談社学術文... がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 中古品のため商品は多少のキズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。商品はアマゾン倉庫内にある為、商品に関する個別のお問合せにはお答えできません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせます)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

山の神 易・五行と日本の原始蛇信仰 (講談社学術文庫) 文庫 – 2008/8/7

5つ星のうち 3.8 4件のカスタマーレビュー

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,999
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 972
¥ 972 ¥ 550

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 山の神 易・五行と日本の原始蛇信仰 (講談社学術文庫)
  • +
  • 蛇 (講談社学術文庫)
  • +
  • 隠された神々: 古代信仰と陰陽五行 (河出文庫)
総額: ¥3,024
ポイントの合計: 93pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

蛇と猪。なぜ山の神は二つの神格を持つのか 蛇はたんに「水の神」ではない。山=蛇は死と再生を司り、荒神、宇賀神ともなる。易・五行において山の神は、陰の極として亥となり、あらゆる生命の初発を担う。

内容(「BOOK」データベースより)

蛇と猪。なぜ山の神はふたつの異なる神格を持つのか?日本古来の社の祭神の起源は、祖霊としての蛇神であった。六~七世紀、中国から将来された易・五行による新な神々が、原始蛇信仰の神々と混淆し、山の神は複雑な相貌をもつようになる。神島の「ゲーターサイ」、熊野・八木山の「笑い祭り」、御田神社の「烏喰神事」などの祭りや習俗を渉猟し、山の神にこめられた意味を読み解く。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 264ページ
  • 出版社: 講談社 (2008/8/7)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4061598872
  • ISBN-13: 978-4061598874
  • 発売日: 2008/8/7
  • 商品パッケージの寸法: 14.6 x 10.8 x 1 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.8 4件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 309,766位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.8
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫
先年、惜しくも亡くなられた民俗学の大家、吉野裕子氏の作品を文庫本化したもの。

日本の神道における祭祀や神話ほど、神秘的な魅力にあふれ、かつ、謎めいているものはない。
それらは単なる抽象的儀式や神話であると思われがちだが、宮中祭祀や、格式高い神社の祭祀、記紀神話に留まらず、一見、自然崇拝の原始的信仰と思われている、いわゆる山の神や田の神といった民間レベルの伝統的祭祀、つまり、村の祭りにおいてさえも、高度な陰陽道の理論に基づいている事例が往々にしてあると言えることから、いかに古代の人々の呪術的知恵・思想が豊かで、理論的であったかが、本書を読むと良く解る。

本書の内容もまた、好奇心を刺激するのに充分な論説ばかりだ。
冒頭の日本武尊の記紀における記述の違いの謎から始まり、ヤマタノオロチの謎、箸と櫛の謎、荒神の謎、山と田の神の謎・・・と、最後まで全てが陰陽道と易の理論をベースに解いた説が続き、とにかく全てが目からウロコの、非常に明解な論説が続く。
たとえば、日本の原風景とも言うべき、田畑を守るカカシが、実は陰陽道の理論に則った、呪術的要素を秘めていると知るだけでも驚きである。
改めて、いかに日本という国が、今もってなお、陰陽道の影響を受けていることを知るだけでも価値ある内容である。

吉野
...続きを読む ›
コメント 39人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 AKamemori 投稿日 2010/8/10
形式: 文庫
一章:蛇と山の神、二章:猪と山の神、三章:山の神祭りとその周辺、という構成。

ヤマトタケルが斃れた伊吹山の神が「記」では大蛇、「紀」では白猪となっていることから書き起こし、なぜ山の神が異なる姿で描かれているか明らかにすることが「山に対する古代日本人の意識、信仰の解明につなが」るとしている。

他の方のレビューにもある通り、上記二者の片方を五行思想に応じて山に配された、と結論づけているのだが、その根拠となっているのが宋代 (11世紀) に成立したとされる先天図であり、8世紀に完成していた記紀に反映されているとするのが甚だ疑問である。三章ではその他の祭りの例を引いて五行思想の日本の祭事への影響の大きさを傍証させるのだが、上記の通りであって、いささか結論ありきの感が否めない。

元が89年の本なので当時は先天図の成立年代が不明だったのかも知れないが、現在読むには古典と言うほかない一書。
コメント 16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
 まず本書は、日本の山の神の2つの相として、『記紀』ヤマトタケル伝説に登場する《伊吹山の神》を取り上げるます。伊吹山とは関が原北方の、強風で知られる山。この神は『古事記』では大蛇、『日本書紀』では猪の姿で出現します。このうち一方を日本古来のものとし、もう一方をより新たな陰陽五行説・易による姿とし、それぞれの相を詳細に論じた本。民俗学だけでなく、日本の神話伝説の研究としても注目できます。
 文章は著者の常として簡潔ですが、陰陽五行説や易の知識が一般的でない分、敷居が高くはあります。
1 コメント 18人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
私が考えていた内容と違っていたので、
ごめんなさい。評価低いです。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告