こちらの本はKindle Unlimited読み放題に含まれています
¥1,200
Kindle Unlimited でこの本を読み放題で読む
電子書籍のカバーの画像
Kindle Unlimitedのロゴ
Kindle Unlimitedでは、豊富なKindle本、コミック、雑誌を読み放題でお楽しみいただけます。

Kindleアプリのロゴ iOS, Android, Mac & パソコンで使えるKindle無料アプリで今すぐ読む
通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
山と溪谷2020年4月号「キーワードで知る 山の自... がカートに入りました
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
11点すべてのイメージを見る

山と溪谷2020年4月号「キーワードで知る 山の自然学入門」 (日本語) 雑誌 – 2020/3/14

5つ星のうち5.0 3個の評価

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
Kindle版 (電子書籍)
雑誌
¥1,200
¥1,200 ¥1,560
この商品の特別キャンペーン プライム会員ならすべての本が3%以上ポイント還元中。 1 件
  • プライム会員ならすべての本が3%以上ポイント還元中。
    プライム会員ならすべての本が3%以上ポイント還元中。今なら本をお得にご購入いただけます。 特設ページはこちら 販売元: Amazon.co.jp。 詳細はこちら (細則もこちらからご覧いただけます)

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報

  • プライム会員ならすべての本が3%以上ポイント還元中。今なら本をお得にご購入いただけます。 特設ページはこちら 販売元: Amazon.co.jp。 詳細はこちら (細則もこちらからご覧いただけます)

よく一緒に購入されている商品

  • 山と溪谷2020年4月号「キーワードで知る 山の自然学入門」
  • +
  • ワンダーフォーゲル2020年4月号「テーマで知る。レベルで選ぶ。日本百名山案内」
  • +
  • PEAKS(ピークス) 2020年 4月号
総額: ¥3,400
ポイントの合計: 60pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton


アウトレット本から掘り出しものを見つけよう!
「雑誌」カテゴリーの商品をお手頃価格で販売中! 詳しくはこちら

商品の説明

内容紹介

木々や草花、動物たちが織りなす多様な生態系をもつ美しい日本の山。山を歩いていてふと心をよぎる疑問に、専門家がわかりやすく回答します。

■特集 「キーワードで知る 山の自然学入門」
なぜこんな美しい形の山が生まれたのだろう。高山植物がそこにしか育たない理由はなんだろう。山域によって森の雰囲気が違うのはなぜだろう。
山の自然の成立の裏側がわかると、山は2倍楽しくなる。
キーワードを手掛かりに、地形・地質から動植物、人の暮らしなど、豊かな山の自然を知る特集です。

●山の自然学のすすめ
造山活動のダイナミズム、繊細な高山帯の自然、豊かな森の世界……。
山の自然に目を向ければ、登山はもっと楽しくなる

第1部 高山の自然
●[解説]日本の山の成り立ち
高山はなぜ本州中部に集中しているのか。なぜ4000mを越える山がないのか。日本の山の成り立ちを知る
●地形を楽しむコースガイド
●高山の生態系
森林限界を作り出す環境と、高山帯に生育する高山植物や動物など、氷河期の残存生物
●自然に触れる高山の登山コースガイド
●[コラム] クライマーが感じる、地質の違い

第2部 中級山岳の森
●[ルポ]動物たちの森へ
さまざまな動物たちが生息する浅間山の森を歩く
●[解説]森林の生態系
標高や地方によって異なる森林の姿。森を歩くときに着目したいポイントや、そこからわかる森の多様性を知る
●豊かな森を楽しむコースガイド
●[コラム] 沢登りで体感する森の豊かさ

第3部 低山・里山
●[ルポ] 山暮らしの痕跡を訪ねて
近郊低山に残された人の暮らしの痕跡をたどる
●[解説]低山の自然と人の暮らし
標高の低い山の自然と、林業や炭焼きなど、人の営みが共存してきた里山の世界
●美しい里山コースガイド
●[コラム] 西表島の亜熱帯林


■第2特集 没後20年 田中澄江と「花の百名山」
劇作家でありながら、山と、そこで咲く花々を愛し、『花の百名山』を表わしたことでも知られる田中澄江さん。
没後20年、また『山と溪谷』での連載終了から40年を迎える2020年、あらためてその人物像に迫り、『花の百名山』の山と花を紹介します。

・ガイド
大雪山(イワウメ)、栗駒山(ヒナザクラ)、大滝根山(シロヤシオ)、田代山(キンコウカ)、雲取山(フシグロセンノウ)、相模大山(ウラシマソウ)、
五色ヶ原(クロユリ) 、白馬岳(コマクサ)、 霧ヶ峰(ヤナギラン)、剣山(クリンユキフデ)、韓国岳(マイヅルソウ)


■特別紀行 韓国で人気の「オルレ」を本場・済州島で体験
■特別企画 エベレスト日本人登頂50年の歩み
■新連載
「平成を登った女性たち 第1回 山野井妙子」
「編集部員が挑む! アドバンス登山入門 フリークライミング編」
「山を描いた画家たち 第1回 大下藤次郎」
「新世代“やまびと"インタビュー 第1回」

■記録 厳冬期剱岳北方稜線を完全縦走

■別冊付録 「山の花ポケット図鑑」
オールカラー80ページ。里山、低山から亜高山まで、167種の山の花を季節ごとに紹介します。


出版社より

「山の花ポケット図鑑」の内容

zukan

特集 キーワードで知る山の自然学入門

山と溪谷2020年4月号

ひたむきに山頂をめざすのもいいが、ときには足を止め、感覚を澄ませて山を感じてみよう。うねる山嶺、鳥の声、木の葉のきらめき、土のにおい。気になることが見つかったら、よく観察してみよう。大地と動植物がつくる、豊饒な世界が見えてくる。


登録情報

  • 雑誌: 208ページ
  • 出版社: 山と渓谷社 (2020/3/14)
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B084WLPCBY
  • 発売日: 2020/3/14
  • 梱包サイズ: 28 x 21 x 1.6 cm
  • カスタマーレビュー: 5つ星のうち5.0評価の数 3
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

カスタマーレビュー

5つ星のうち5.0
星5つ中の5
評価の数 3
星5つ
100%
星4つ 0% (0%) 0%
星3つ 0% (0%) 0%
星2つ 0% (0%) 0%
星1つ 0% (0%) 0%
Amazonは星評価をどのように計算しますか?

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう
2020年3月17日に日本でレビュー済み
形式: 雑誌Amazonで購入
VINEメンバー
2020年3月16日に日本でレビュー済み
形式: Kindle版
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
ベスト500レビュアーVINEメンバー
2020年3月15日に日本でレビュー済み
形式: 雑誌
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告