¥ 2,808
通常配送無料 詳細
残り10点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
山で暮らす愉しみと基本の技術 がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

山で暮らす愉しみと基本の技術 大型本 – 2009/6

5つ星のうち 4.5 31件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
大型本
"もう一度試してください。"
¥ 2,808
¥ 2,808 ¥ 3,000

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 山で暮らす愉しみと基本の技術
  • +
  • 楽しい山里暮らし実践術
  • +
  • 農家に教わる暮らし術―買わない 捨てない 自分でつくる
総額: ¥6,912
ポイントの合計: 209pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

昔のワザを新しい感性で訊ね、深めた山暮らしの基本技術を、詳細なイラストと写真で紹介。本格移住・半移住を考える人はもちろん、町暮らしでも自然をみつめたい、そんなすべての人に。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

大内/正伸
1959年生まれ。イラストレーター、著作家。日本大学工学部土木科卒。設計会社勤務を経て、1986年『山と溪谷』誌でデビュー。自然系のイラストの他、手書き文字を用いたエッセイ、絵地図を得意とする。1996年、森林ボランティアを機にスギ・ヒノキ林再生のテーマを追求し、間伐の技術書を書く。2004年、群馬で山暮らしを始める。2009年、旧アトリエ(山暮らし)との二重生活を送っている。作詞・作曲を手がけるギター弾きの顔もあり、川本百合子(歌)とのユニット「SHIZUKU」の紙芝居・音楽ライブは各地で賞賛を受けている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 大型本: 143ページ
  • 出版社: 農山漁村文化協会 (2009/06)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4540082213
  • ISBN-13: 978-4540082214
  • 発売日: 2009/06
  • 商品パッケージの寸法: 25.6 x 21 x 1.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 31件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 10,512位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 大型本 Amazonで購入
我が家は、みかん栽培中心の山間集落にあります。しかし、裏の石垣が、何やら崩れてきている…。これ、どうしたらいいのかなぁ?
中古の家に越してきたので、先代のノウハウを伝授してもらっているわけでない。
業者に頼むと、お金もかかるだろうし、コンクリートで固めそう。それって、水の排水が悪くて、いざって時に一気に崩壊しそうだし、やり直しが難しそう。

そこで、この本に、石垣の作り方が書いてあることを知って、この本を購入しました。
みると、石垣だけではない、山村で暮らすために必要なことが書いてあり、他レビューにありましたとおり「有難い」という言葉がぴったりな本でした。
もっと前から出会いたかった本です。
書いてある作業は、自分で生活を作ることにまだまだ不慣れな女一人(夫は、会社に出勤ばっかり)では、かなり大変なことばかりに見えるけれど、少しずつ始めていけたらな、と思います。

各章の題を紹介します。

はじめに
序章 山暮らしの技術とは?
第1章 木を伐る、草を刈る……光と風を取り戻す最初の仕事
第2章 石を積み敷地をつくる……石垣再生の手法と実際
第3章 水源と水路……水をコントロールする
第4章 小屋をつくる……建てることで木を学ぶ
...続きを読む ›
コメント 70人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 大型本 Amazonで購入
何十年も山里でコメ作りで暮らしてきた田舎者です。しかし、暮らしを支える基礎的な技術が十分に伝えられていないことで、自身の暮らしを含めてもどかしい思いをしてきました。
この本では、第一に水がどこからきてどこへ行くかという、隣に暮らす人への配慮から始まり、自己完結しながら他者と分かちがたく結びついて続けられる山里の暮らしを、すみかの基礎となる石積みの技法や、住まいの維持、燃料の確保、火を暮らしの中で保つ技術など、腰のすわった情報がていねいに又、わかりやすいイラストとともに述べられています。
年寄りから聞き洩らした得難い技術を、このような形で聞きなおすことができることは、とてもありがたいことと思います。
お盆休みで帰省した息子に読ませましたが、ちょっときれいごとに過ぎるかという感想でした。確かに実際の山暮らしは、もっと泥々で汗まみれですが、それを文字にしてもらっただけでもありがたいことです。
願わくば、山里で暮らすかもしれないと考える人々の、最良の参考書に数えられる書となってほしいと思います。
コメント 215人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 大型本 Amazonで購入
山で暮らす愉しみと基本の技術 大内正伸 農文協 2009

購入したのは2010年の5刷。
欲しい本だったのですが、値段がそれなりなので躊躇しておりました。
偶然知人の家にあったのでパラパラとめくって見せてもらいました。
これは買わねばと思った次第です。
作者の大内さんは1959年生まれ(同級生だ。。。)工学部土木学科の背景があります。
ほとんど事は自分自身でこなされてしまいます。
写真とご自身が描かれたイラストをふんだんに使って里山生活を綴ります。
「不便を愉しむ」という事を誰かが書いていましたが、生活と自然とのバランス(割合)が
非常にうまく絡み合っているように思えます。そして自然の中で楽しんでいる。

エネルギーの無駄をなくし、自然からの恵みを利用して生活していく態度に頭が下がるばかりでなく、
発展とは何か?進歩とは何か?という問いを語りかけられているようです。

生きる本質的な技能や技術を失いつつある自分自身に問いかけたい一冊でもあります。
コメント 63人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 大型本 Amazonで購入
森と暮らすNo.2 ノウハウ図解 山仕事の道具 (森と暮らす No. 2) を買ったら
おすすめ商品としてメイルで紹介されていたので、値段は少々高いが購入
正解でした

田舎暮らしでも、まずはしないであろうという伐採作業に詳しい
「森と暮らすNo2」を買っていなかったら興味は持たなかったであろう
木の切り方の本買ってどうするのといわれるのがおちである
しかし、面白いのである
倒す方向に受け口を入れ、反対側高さは少し高くして追い口を入れて倒す
残ったツルも切る 曲がり木の切り方などは応用問題である
当然、刃物のとぎ方は基本中の基本
丸太を半割にする方法とか厚板を作る方法とか 是非やってみたい

チェーンソーの構造とメンテナンスに至っては、そんなもの欲しいのかい
そう、ほしいんです ハスクバーナとかスティルとか エンジンチェン
が、電気じゃだめなんです 内燃機関でないと 
だから、いわゆる草刈り機、刈払機も欲しいんですが 家では使用頻度は
ほとんどない 
内燃機関が好きなので EVやハイブリッド車は嫌いです

更に役立ちそうなのは石積みによる石垣作りである
石垣といえば城であるが
...続きを読む ›
コメント 26人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー