展覧会の絵 がカートに入りました
2000円以上国内配送料無料(一部例外あり)でお届けします。 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 中古品のため商品は多少のキズ・使用感がございます。記載ない限り予約特典などは付属致しません。商品はアマゾン倉庫内にある為、商品に関する個別のお問合せにはお答えできません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせます)
こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 1,559
対象商品 ¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
発売元: ★☆本のお友達☆★
カートに入れる
¥ 2,700
通常配送無料 詳細
発売元: Plus9ファクトリー
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

展覧会の絵 CD

5つ星のうち 4.8 20件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 1,944
価格: ¥ 1,559 対象商品¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 385 (20%)
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:10¥ 1,559より 中古品の出品:7¥ 943より

この商品には別のバージョンがあります:

【1,500円OFF】CDと楽器・オーディオ機器のまとめ買いキャンペーン
おすすめのCDプレーヤー、イヤホン、ピアノ、MIDIキーボードなど多数ご用意。 いますぐチェック

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

Amazon の 冨田勲 ストア


キャンペーンおよび追加情報

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック


よく一緒に購入されている商品

  • 展覧会の絵
  • +
  • 月の光 - シンセサイザーによるメルヘンの世界(期間生産限定盤)
  • +
  • ホルスト:組曲「惑星」
総額: ¥4,162
選択された商品をまとめて購入

登録情報

  • 演奏: 冨田勲
  • CD (2007/10/24)
  • ディスク枚数: 1
  • フォーマット: CD
  • レーベル: BMG JAPAN
  • 収録時間: 37 分
  • ASIN: B000VI6KW8
  • JAN: 4988017654026
  • 他のエディション: CD  |  LP Record
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.8 20件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: ミュージック - 68,449位 (ミュージックの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

曲目リスト

ディスク:1

  1. 展覧会の絵 プロムナード~こびと
  2. 展覧会の絵 プロムナード~古城
  3. 展覧会の絵 プロムナード~チュイルリーの庭
  4. 展覧会の絵 ビドロ
  5. 展覧会の絵 プロムナード~卵のからをつけたひなの踊り
  6. 展覧会の絵 サミュエル・ゴールデンベルクとシュミュイレ
  7. 展覧会の絵 リモージュの市場
  8. 展覧会の絵 カタコンブ
  9. 展覧会の絵 死せる言葉による死者への話しかけ
  10. 展覧会の絵 バーバ・ヤーガの小屋
  11. 展覧会の絵 キエフの大門

商品の説明

メディア掲載レビューほか

各方面注目の中、デビュー翌年にリリースされた第2弾アルバム。馴染み深いメロディーを壮大な迫力と機知に富んだアレンジで展開させ、期待に相応しいトミタ・サウンドを聴かせる、1975年発表の作品。 (C)RS


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.8
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 Edipo Re トップ1000レビュアー 投稿日 2016/5/10
形式: CD
あの記念碑的な「月の光~ドビュッシーによるメルヘンの世界」(初出時のタイトル)に続いて冨田勲氏が発表した本作は前作以上の高い評価とセールスを記録したのだが、これ以前にも冨田氏による「展覧会の絵」編曲が存在していたことをご存じだろうか。それは手塚治虫氏が虫プロ時代に制作した同名の実験的アニメーション作品('66)のサウンドトラックとして収録されたものだったのだが。
ことの経緯は最初の上映を秋山和慶氏指揮の東京交響楽団によるラヴェル編曲管弦楽版のライヴ演奏付という贅沢な試みで挙行し、次いで海外のアニメーション映画祭でその録音をサントラとして用いるという目論見だったのだがそこで横槍が入った。編曲を含むラヴェル作品の全版権を持つフランスの出版社デュランからそのような使用は罷り成らぬとの強いお達しがそれで、窮した手塚氏は「ジャングル大帝」で仕事をした冨田氏に急遽ムソルグスキーの原曲からの新しい編曲を依頼し、何とか上映に間に合わせたと。
その旧冨田版は手塚=虫プロの実験アニメを収録したBlu-rayやDVDあるいはYouTubeで視聴出来ると思うが、おそらく日程(与えられた時間は手塚氏によれば1週間、冨田氏によるとわずか4日!)や予算にもかなりの制約があった中でシンセサイザーのまだ存在しなかった時代にも冨田氏が多様なアイディアを駆使してユニークな表現を成し遂げているのが興味
...続きを読む ›
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
冨田勲氏は多くのシンセサイザー・アルバムを出しましたが、その中でも最高峰の作品がこの『展覧会の絵』だと思います。

この中で冨田氏が使用している楽器は、単音しか出ないモーグシンセサイザーと、鍵盤によってテープを再生するメロトロンのみです。しかしこの原初的な電子楽器が奏でるサウンドはあまりにも素晴らしく、冨田氏はマルチトラックレコーダーを使用し、非常に長い制作期間を経てこの作品を送り出しました。

デジタルシンセサイザーがどれだけ進歩しても、この豊かな音、魅力的なサウンドは再現できないのです。また、生楽器ですらこれだけの表現力には追いつかないのではないでしょうか。私見で言えば、シンセサイザーミュージックによってクラシックの名曲を超えたというのは、この作品をおいて他には知りません。

今では冨田氏本人ですら決して再現のできない、驚異的な音世界を体験してください。テクノなどが好きな若者にもおススメです。
コメント 30人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD Amazonで購入
冨田勲の展覧会の絵を初めて聞いたのが、中学の音楽の時間。30年近く前になります。
プロムナードとバーバヤーガの小屋、もう一曲聴いたような気がしますが思い出せません。
音楽の授業でいきなり、当時まだ分類が「電子音楽」だった、この作品を紹介した
先生も結構趣味の人だったかもしれませんが、一応、授業ではムソルグスキーにいて、
オリジナルのピアノ曲について、ラベルのオーケストラ曲についても説明はありました
(曲は聴きませんでしたが)。
この授業の後、ピアノ曲や、オーケストラ版をFMで聞いたりしたのを覚えています。
冨田勲の作品はその後もLP時代に購入し、聞き続けたのですが、今回、いろいろな
展覧会の絵をあらためて聞き直したくなり、このアルバムを始め、ピアノオリジナル、
ラヴェル版
...続きを読む ›
コメント 21人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
予備知識なくこのCDを聴いた人であれば、最新の録音であると思われるかもしれない高音質でマスタリングされています。1974年に録音されたこのアルバム、当時dbxノイズリダクションが存在したかは分りませんが、これだけクリアなサウンドでアナログ録音の名盤が蘇るとは、驚きです。

当時のデータを再現して再録音したのかと一瞬、思ってしまいましたが、いやアナログ多重録音で創られていますから、それはあり得ません。でも、ヒスノイズがないのに高音成分がきちんと残っているバランスの良さには驚きました。ヘッドフォンで聴いてもヒスノイズは、ほとんど分りません。むしろ多重録音で創られたエレメントに入ってしまっているヒスノイズの方が明確に聴き取れます。マスターテープの転写によるプリエコーなどがかすかに聴こえなかったら、デジタル再録音盤と思ってしまうほどです。

今回はステレオ・ミックスということですが、ホームシアターで5.1ch再生すると、かつての4チャンネル・ミックスを彷彿させるサウンドが楽しめますので、かつてアナログLPや、冨田勲氏自身によるNHK-FM用の立体サウンド・ミックスを楽しまれた方でも満足できる仕上がりです。

曲によっては遊び過ぎの感もありますが、不思議なことに全曲通して聴くとバランスのよい作品性と方向性がよく分ります。作曲家でも編曲家でも音楽屋でもない、アーティストとしてヴィジョンは制作後40年ちかくが経った今でも斬新です。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー