¥1,080
通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
展望22号(雑誌) がカートに入りました
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

展望22号(雑誌) 単行本(ソフトカバー) – 2019/1/7


その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本(ソフトカバー), 2019/1/7
¥1,080
¥1,080

ブックマイレージカード
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton


本はまとめ買いでポイント増量!
2冊を購入はクーポンコード「2BOOKS」、3冊以上は「MATOME」の入力で最大4~10%ポイント還元 詳しくはこちら。

商品の説明

内容紹介

▼安倍政権の原発輸出政策が破産。経団連会長で日立製作所の会長が、イギリスでの建設計画を「もう限界」と表明。これでイギリス、ベトナム、リトアニア、米国、台湾、トルコと総崩れだ。それでも原発再稼働を行うのはなぜか。堀口論文を見てほしい。 ▼12月18日、事実上の空母導入の新防衛大綱・中期防衛計画が閣議決定された。その額は実に27兆円。中国の空母に対抗し3隻の空母を持つという。14億人民とGDPが米国を抜くのも真近の中国と、果てしなき軍拡競争を続けるのだろうか。改憲と一体の新防衛大綱には巻頭アピールで対抗したい。 ▼2018年の南北朝鮮会談、米朝会談は、日本のマスコミの難癖の裏で、「もはや後戻りができない」和平の過程に入ったと断言したい。そのなかで日本の労働者・人民の闘いの道を探っていく。深津さんの寄稿と落合論文はその一端である。


登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 163ページ
  • 出版社: 前進社関西支社 (2019/1/7)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4904398211
  • ISBN-13: 978-4904398210
  • 発売日: 2019/1/7
  • 商品パッケージの寸法: 21 x 15 x 0.8 cm
  • おすすめ度: この商品の最初のレビューを書き込んでください。
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 1,635,340位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

まだカスタマーレビューはありません


この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう