通常配送無料 詳細
残り4点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
屍鬼〈1〉 (新潮文庫) がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: ◇◆配送:主にゆうメールによるポスト投函です◆当日もしくは翌々日までに発送いたします◆梱包:完全密封のビニール包装または宅配専用パックにてお届けいたします。◆商品:アマゾン専用在庫商品です。除菌クリーニング済◆◇
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

屍鬼〈1〉 (新潮文庫) 文庫 – 2002/1/30

5つ星のうち 3.8 86件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 810
¥ 810 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 屍鬼〈1〉 (新潮文庫)
  • +
  • 屍鬼〈2〉 (新潮文庫)
  • +
  • 屍鬼〈3〉 (新潮文庫)
総額: ¥2,257
ポイントの合計: 70pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

人口わずか千三百、三方を尾根に囲まれ、未だ古い因習と同衾する外場村。猛暑に襲われた夏、悲劇は唐突に幕を開けた。山深い集落で発見された三体の腐乱死体。周りには無数の肉片が、まるで獣が蹂躙したかのように散乱していた――。闇夜をついて越して来た謎の家族は、連続する不審死とどう関わっているのか。殺人か、未知の疫病か、それとも……。超弩級の恐怖が夜の帳を侵食し始めた。

内容(「BOOK」データベースより)

人口わずか千三百、三方を尾根に囲まれ、未だ古い因習と同衾する外場村。猛暑に襲われた夏、悲劇は唐突に幕を開けた。山深い集落で発見された三体の腐乱死体。周りには無数の肉片が、まるで獣が蹂躪したかのように散乱していた―。闇夜をついて越して来た謎の家族は、連続する不審死とどう関わっているのか。殺人か、未知の疫病か、それとも…。超弩級の恐怖が夜の帳を侵食し始めた。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 583ページ
  • 出版社: 新潮社 (2002/1/30)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 410124023X
  • ISBN-13: 978-4101240237
  • 発売日: 2002/1/30
  • 商品パッケージの寸法: 15.2 x 10.8 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.8 86件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 86,497位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

投稿者 カスタマー 投稿日 2004/1/31
形式: 文庫 Amazonで購入
1巻は村人の紹介など7割が導入部分として使われており、なかなか事件が展開しないのでもどかしく、途中で読むのをやめようと思いました。
1巻では誰が犯人なのか、何が原因なのかと推理しながら読んでいくことと思います。
しかしこの作品は読者の推理が及ぶほど凡庸な作品ではなく、
2巻から5巻までは読み止むことができない、ぐいぐいと作品に引き込まれていくでしょう。寝不足になります。
1巻だけ買うと先の巻は読まないと思うので、まとめて買うのをおすすめします。
コメント 58人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
作品自体は昔図書館で読んだことがあるのでしっていました。
漫画版、テレビアニメ版も見ていて、原作小説がKindle化されるのをずっと待っていたのですが、小野不由美先生の書籍は全般的に電子書籍化されておらず、その気配もないので待ちきれずに買ってしまいました。
今は読書というとほぼ電子書籍ですが、やはりこれはこれで良いですね。
図書館で読んだ時は流し読みだったので、これからじっくりと読みたいと思います。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
この手の小説にしては全5巻という読み応えのある量だったけど、読み流して最後までいきました。

巨大な山火事のオープニング、それは村ひとつを忌まわしい事件ごと焼き尽くした炎だった。

前半は閉鎖された山あいの中規模な村で、奇妙な疫病が広がっていく。

致死率100%の原因不明な疾患に、村のトップである寺の住職とその幼なじみの医者が原因究明のために奔走する。同時に田舎の人間関係がくっきりと浮かび上がっていた。

中盤からは疫病の正体が明らかにされていく。それは蘇った死者であり、命を長らえるために新たな犠牲者を求める。非常識な現実から目を背ける人々だったが、被害が己の身に降りかかって狩人に変じる。恐怖とおそらくは歯止めのきかなくなった集団心理で、関係ない犠牲者を出しつつも疫病ははらわれたかのように見えた。

ホラー小説として恐怖を感じるのは、やはり身近な者がアンデッドの化け物となって襲ってくる所だろうか。しかしただのパニックホラーに終わらないのは、屍鬼となっても記憶や感情が残っているためだ。それでも生きるためなら他人を襲ってもかまわない。それはある意味弱肉強食の原理にのっとっている。

身を守るためならそれらを虐殺しても構わない。これも同じ理屈だろう。

炎でも浄化できないのは人の心と過去である。罪とは何だろうかと考えさせられた。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
「村は死によって包囲されている…」この象徴的な文で始まる通り、ひとつの死をきっかけに、閉鎖的で小さな村にじわじわと死が蔓延し始めます。死の理由がわかるにつれて「え?こういう話の展開?」と個人的には思ったり、また圧倒的なボリューム、登場人物の多さや場面の切り替わりの早さなどにも初めは戸惑いまが、読み進めるうちに緻密で魅力的な世界観、文章力にぐいぐい引き込まれました。 登場人物の一人が書いている小説と対比されながらの展開も見事です。ホラーというカテゴリになるようですが、その枠だけには収まらない、深く考えさせられる、そして哀しい話です。傑作。
コメント 27人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
かつて宮部みゆき「模倣犯」を読んだとき、あるいは、ジャンルは違いますが学生時代に「竜馬がゆく」を読んだときなどと同様、大長編ながら夢中になって一気に読んでしまう本でした。次の展開にわくわくすると同時に、物語が終わってしまうのがさびしく感じたのも同様です。
 最初はつまらないとの感想もありますが、旧習にとらわれているといいながらも、現在もどこにでもありがちな、地方都市近郊の集落の雰囲気を、さまざまな登場人物の視点から丹念に書き込まれていて、物語に没入するのに非常に効果的だったと思います。
 途中、「恐怖の対象」側の視点での描写が始まった時は、少しリアリティに欠けるのではとも思いましたが、読み進むにつれ、いつのまにか主人公のひとりと同様の感情移入をしていました。
 長編が苦手な方にはおすすめできませんが、そうでない方は是非全巻まとめて買ってください。私はまず1巻だけ買って、読み始めてからすぐに2巻以降を手配しましたが、待ち遠しくて、配送会社を恨んでしましました。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 お父さん 投稿日 2015/1/10
形式: 文庫
最初の方はかなり面白く世界観は凄い好きですが、登場人物が無駄に多く、
なんというか、、その登場人物それぞれにサブエピソードがあり、それが単調かつ長過ぎて肝心の本筋のお話がかなりピンボケになってしまって
いると思う。
すごいもったないなと感じました。
せめて上下2冊にしてギュッと凝縮したら
かなり印象違ったと思う残念!
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー