屋根の上のバイオリン弾き [DVD] がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

屋根の上のバイオリン弾き [DVD]

5つ星のうち 4.6 19件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 1,944
価格: ¥ 1,071 対象商品¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 873 (45%)
残り6点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:12¥ 636より 中古品の出品:5¥ 499より

この商品には新しいモデルがあります:

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


よく一緒に購入されている商品

  • 屋根の上のバイオリン弾き [DVD]
  • +
  • ラ・マンチャの男 [DVD]
  • +
  • キャッツ [DVD]
総額: ¥3,069
選択された商品をまとめて購入

この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: トポル, ノーマ・クレイン, ロザランド・ハリス
  • 監督: ノーマン・ジュイソン
  • 形式: Color, Dolby, Subtitled, Widescreen
  • 言語: 英語
  • 字幕: 日本語, 英語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 2.35:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: 20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
  • 発売日 2011/06/22
  • 時間: 181 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.6 19件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B004X3Z334
  • JAN: 4988142845429
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 18,641位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容紹介

政情不安の嵐の中、娘たちは花と咲き、恋を実らせる──。
名作ミュージカルを見事に映像化!


<キャスト&スタッフ>
テビエ…トポル
ゴールデ…ノーマ・クレイン
ツァイテル…ロザランド・ハリス

監督・製作:ノーマン・ジュイソン
脚本:ジョセフ・スタイン

●字幕翻訳:菊地浩司

<ストーリー>
ウクライナ地方の、とうもろこしと麦畑に囲まれた小さな村アナテフカ。そこでは厳しい現実と伝統の中で必死に生きる人々が暮らしていた。ユダヤ人テビエも、そんな村人の一人。彼は政情不安な世の中で、娘達の幸せを願い、彼女達の恋愛に悩み、結婚を祝い、そしてユダヤ人追放という過酷な時代を生きていく。

<ポイント>
◆1971年度アカデミー賞3部門受賞(撮影賞/音楽[編曲・歌曲]賞/音響賞)

<特典>
●オリジナル劇場予告編

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

ノーマン・ジュイソン監督による名作ミュージカル。ウクライナの麦畑に囲まれた小さな村で、ユダヤ人・デビエは娘たちの幸せを願い、結婚を祝い、ユダヤ人が迫害される過酷な時代を生きていく。“スタジオ・クラシック”。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.6
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

変化していく社会の中で伝統を維持しようとすると,必然的に矛盾が生じる.ましてや,テヴィエたちが住んでいるのは異質なグループに周囲を取り囲まれた不安定な集落である(しかも革命前夜).彼らの直面した問題は,そのような危険な場所(=「屋根の上」)で頑なに伝統を守ろうとする生活が,変化していく社会と否応無しに対峙していく中で,いわば起こるべくして起こった悲劇である.

社会の変化の速度は一定ではなく,加速度的に増大していく.3 人の娘の結婚のはらむ問題がどんどん困難になっていくのが,そのことを象徴している.そして,最後には個人の思惑などをはるかに超えた大きな力で共同体自体が破壊されてしまう.そのような状況の中で,ユダヤの伝統と変革の波との間で生じる大きな葛藤に対し,不器用ながらも常にユーモアを忘れずに取り組み,受け入れ難い変化を受け入れたり,時に拒絶する,そんな平凡な人間であるテヴィエの等身大の悩みや喜びが静かな感動を呼ぶ.

物語の最後,バラバラに旅立っていく彼らは,移住先でも伝統を守っていこうとすることだろう.それは,テヴィエがバイオリン弾きについてくるよう促していた場面にはっきり示されている.しかし,危ういながらも何とか保たれてきた,伝統的な生活を支えてきた共同体は既に崩壊し,いや増す速度で変化し続ける社会と伝統との間の矛盾はますます大きくなる
...続きを読む ›
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
映画館で観たのは、もう30年以上前のこと。
当時は勉強不足で、ユダヤ民族の慣習や、それを維持していくことになぜそれほど彼らがこだわっているのかを、
理解できていなかった。
改めて、そうした歴史的背景を知ってから見直すと、トポル演じる父親の想いが、胸にささる。
ミュージカル映画としての完成度も高く、もっと評価されていい作品。
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
帝国劇場で森繁久弥さんのこの作品を見たのは45年前の事で、30分間のカーテンコールで、夜の部があるのでこれで勘弁してほしいと、言われたまでの興奮を映画でじっくりと鑑賞するために、評価の高い映画をあじわう事が出来ました。
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
以前LDを買いましたが、今回はやっとDVD版を購入。何回観ても泣きます。そして長女の結婚式はあまりにも美しい!大好きな映画です。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
 一生忘れない映画、というのがありますが、私にとって本作はその一つです。映画館でリバイバルで見たのが1980年前後だったと思いますが、初めて見た時は感動のあまりしばらく立ち上がることが出来ませんでした。最終日まで上映館に数回通って繰り返し見ました。
 2015年7月現在、日本では「家族は素晴らしい、は欺瞞」、という本(下重暁子「家族という病」)がベストセラーになっていますが、若干崩壊気味だった自分の家族を思うとある程度賛同するのですが、逆にそれだからでしょうか、この映画で見せてもらった家族愛には大変胸打たれました。まぁ確かに今の考え方から言えば、家族を極端に人生の中心に据える価値観は問題だと思いますが、家族を「愛する人(たち)」と置き換えて考えればこの映画で訴えているテーマは誰にでも受け入れられるものではないでしょうか。ロシアで暮らしやがて迫害されるユダヤ人の物語、というとそれだけで政治性を帯びて来ますが、主人公のテヴィエ(トポルの演技があまりにも素晴らしい!)が妻と3人の娘たちの家父長としてユダヤ教に則った暮らしをしながらも、やがて成長して娘たちが自ら選択する道を大きな心で見守ってやる、という、誰でも自分が親として、あるいは子としてどう対処しただろうかと思い起こさせる物語であり、誰でも受け入れられるコメディでありドラマ、そしてミュージカルなのです。
 ミュージ
...続きを読む ›
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
恵まれているとは言い難い土地、時代、人々や風習、描くものは明るくはないのに、普通の日常を懸命に生きる人の心が美しい音楽で描かれる。テビエの演技は本当に感動を呼ぶ。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
映画の冒頭で流れる「バイオリンの美しい音色」アメリカおかれた「時代背景」「ユダヤ人迫害の歴史」を理解した上で、「見た時」世界の抱える課題を感じます。1970年代、東西冷戦時代の深刻な体制不安を私は再認識しました。
この主題は、今も各国が抱える課題として続いています。若い人達にも見て、考えて頂きたい
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
さすがに楽曲にはいいものが多いです。
ノーマン・ジュイスン監督はこの頃は絶好調で
シャープな演出で作品としてもヒットしましたね。
FMラジオで毎日のように曲がかかっていたのを思い出します。
広大なロケーションを活かして、ロシア革命前のユダヤ人迫害を背景に、
つつましく生きる信仰深い人々の生活や家族の愛を描いております。
この作品によりロシアにおけるユダヤ人迫害を知ることが出来ました。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー