中古品
¥ 396
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: カバーに傷みあり。 中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

尾崎豊―Say good‐by to the sky way 単行本 – 1992/7/17

5つ星のうち 5.0 4件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 350

click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

すべての人々に伝えたかったのは絶望と苦悩の中で見つけようとした「希望」。誰も知らなかった26年間の真実。

内容(「MARC」データベースより)

すべての人に伝えたかったのは、絶望と苦悩の中で見つけようとした「希望」…。誰も知らなかった、尾崎豊の26年間の真実!!


登録情報

  • 単行本: 445ページ
  • 出版社: リム出版 (1992/7/17)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4871202852
  • ISBN-13: 978-4871202855
  • 発売日: 1992/7/17
  • 商品パッケージの寸法: 23 x 14.4 x 3.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 4件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 118,910位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
4
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
すべてのカスタマーレビューを見る(4)
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本 Amazonで購入
尾崎豊さん逝去後、兄の康さん、マネージャーの大楽光太郎さん、友人の吉岡秀隆さんらが共同執筆した尾崎さんの追悼文集(92年7月)です。

『Say good-by to the sky way』は、尾崎さんの創作ノートの最後のページから発見された遺稿のタイトルからで、巻頭に詞が掲載されています。「空へ行けると思っていた…」本当に彼は、求める解放された世界の象徴である空に行って、自分自身をある意味で完成させたようです。

「星になった日」逝去3日前から(共同)
「一枚の写真」康さんの述懐
「彼だけが知っている彼」本人(共同)
「約束の日」本人の小説
「夢の中の彼」大楽さんの述懐
「放熱への証のコンセプト」本人
「模索の研究」康さんのインタビュー
「シェリーが始まりだった」吉岡さんと弔辞
「秘められた言葉」未発表の詞と散文
 全歌詞、データ、写真

5歳上の康さんは、この後、弁護士活動をされています。人望が厚く、最も豊さんを理解している方だと思います。子供時代のエピソードでは兄として今も懺悔しているものもあります。多方面から公正、客観的に分析されていると思います。大楽さんは、康さんと同級生の幼少から親友で、豊さんとも幼馴染みの最後のマネージ
...続きを読む ›
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 THE SUN ALSO RISES 殿堂入りレビュアートップ50レビュアー 投稿日 2013/3/14
形式: 単行本
尾崎の死後、たくさんの書物が出版され92年当時は発売される毎に購入し読んでいたのだが、この本が内容的には一番充実してました。

とにかく、闇雲に出版されていた時期だったので、胡散臭いものもあったし、見極めることも大切だったと思う。

まだ、VHSの時代でCDも含めて私は必死に彼を理解しようとしていたのだと思う。

今となっては、あの頃の彼はずっと遺書を持ち歩いていたとの事なので、うまくマスコミ各社に乗せられてしまってたなという感じが否めないし悔しい。

何が真実で何が推測なのかも、もう解らなくなってきてしまって、何も読む気がしないし結局は、尾崎が残した数少ない音楽作品から想いを汲み取るしかないと思う。

これから、尾崎を知ろうとする若者たちへ

決して惑わされるな

真実は彼の音楽の中にしかないのだから

そこから、個人、個人が答えを見つけることが出来たならいいと思う。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
本書を読んで気持ちが安らぎました、愛する人愛しい人との別れは誰しもつらく悲しいものです、その思いが深ければ深いほど悲しみの度合いは比例します、だけど悲しみを事実として受け入れ本書を読んだ時、気持ちが救われました、尾崎豊さんはこんなにも兄上、大楽氏に心から愛されていたんだと、兄上の我が弟に対する一見冷静な語り口ながらも、むしろそれが思いの深さを感じさせている、そこには素直な真実の本当の人の別れに対する悲しみの情がある、その思いがあればこそ魂は安らかになるものである、本書に出会えて本当に良かった、心から感謝している
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
尾崎豊の知らない一面が見れたりなどとてもわかりやすく周りにいた人の体験などもありおもしろかったです!
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック