この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
3点すべてのイメージを見る

尺八楽譜 中村明一著 明暗流対山派 本調 パンフレット – 2015/4/1


その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
パンフレット, 2015/4/1
¥ 1,000
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。


商品の説明

全国の虚無僧尺八の中から選ばれた名曲の楽譜です。 琴古系の記譜法に基づいて書かれています。 打、押なども細かく記譜されています。 大きな特徴として2つあります。 1つは奏者に任されていた指使いを現在判る限りにおいて最良のものを示したものであること。 2つ目は構造を判別しやすくした色分けです。 尚一層、虚無僧曲を深めるために、この楽譜を使っていただければ大変嬉しく思います。 「本調」 「しらべ」という言葉は現在ではメロディーという意味で用いられているが、本来は、その折の自己および自己を取り巻く宇宙の状態、それらの関係を調べるという意味から由来している。 そういったことから「前奏曲」の役割を負っており、前吹として奏される。多くの「調」の中で、最も根源的という意味で「本調」と名づけられた。この曲は、浜松の普大寺から名古屋の西園流に伝わったもので、京・明暗寺の「調子」とは同曲であるといわれている。往字は、この曲の吹奏により、悟りの段階を測ったともいう。


登録情報

  • パンフレット
  • 出版社: オフィス・サウンド・ポット; 初版 (2015/4/1)
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B07B63GLX4
  • 発売日: 2015/4/1
  • おすすめ度: この商品の最初のレビューを書き込んでください。
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

まだカスタマーレビューはありません。
他のお客様にも意見を伝えましょう