通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
就職先はブラック企業―20人のサラリーマン残酷物語 がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: ◆◆◆カバーに若干の使用感がありますが、きれいな状態です。迅速・丁寧な発送を心がけております。【毎日発送】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

就職先はブラック企業―20人のサラリーマン残酷物語 単行本 – 2008/12/26

5つ星のうち 3.5 23件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,404
¥ 1,404 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 就職先はブラック企業―20人のサラリーマン残酷物語
  • +
  • ここで辞めたらただの負け犬!  _ブラック企業で「修行」した男の日常
総額: ¥2,700
ポイントの合計: 39pt (1%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

著者について

東京都出身。 大手就職情報会社勤務を経て、就職アドバイザーに。独特の視点から求人広告・採用広告評論家としても活躍中。 別ペンネームで、海外生活アドバイスに関する書籍の出版にも携わる。 ブラック企業情報は随時募集中。


登録情報

  • 単行本: 240ページ
  • 出版社: 彩図社 (2008/12/26)
  • ISBN-10: 4883926710
  • ISBN-13: 978-4883926718
  • 発売日: 2008/12/26
  • 商品パッケージの寸法: 18.8 x 13.2 x 2.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.5 23件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 440,835位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
就職してしまいますと、他の会社が見えませんので、自分の会社の慣例が常識になってしまいがちです。私も企業人としてやっていくなかで、他の取引先の方と接することもありますが、「その会社のやり方」というものをやはり当然のように主張されることがあるのですが、まさしくこの本を何気に見つけて読みましたが、こんなに酷いとは思いませんでした。法を犯しているのは問題外ですが、コーポレートガバナンスが叫ばれている中で、実名はかかれていませんが、大体イメージはわかりますので、驚愕の内容です。インタビューはその人の主観が入ってしまうのは仕方ないと思いますし、一つの指標としては、十分参考になります。噂のレベルはいくらでは、いくらでも書けますが、ここまで突っ込んだ内容は、今までなかったように思います。その意味で著者の勇気にも敬意を表します。辞めた会社を語るならともかく、現在在職中の社員からこれだけの話を引き出せたのは、リアリティーがあってなかなかのものです。話としてもよくまとまっていて、読み易かったですし、自分の会社を見直す機会になりました。
圧力にめげず、こうした会社がどんどんあぶりだされて、まじめな会社が損をなく、全うな社会を作るきっかけになればと思いますし、今の大不況の中で、新たな事例は出てくると思います。これからも、引き続き取材を進めていただき、続編を是非出していただきたいです。
コメント 39人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
新卒入社が8人、中途採用が7人、現在就業中が5人の計20人に
自社の状況や仕事の様子をリアルにインタビューをしたもの。
働くとは、就職するとは、社会に出るとは、ということを
イメージする上で、初心者である「就活生」にとっては、
参考になると思います。
ただしこの内容は、「あくまでもインタビューされた方の
主観的な感じ方、意見である」ということは肝に銘じて
おいた方がいいでしょう。人によって感じ方は様々。同じ境遇を
「ブラック」と感じるか、「やりがいがある」と感じるかは、
人それぞれということです。
この本を読むことで、会社説明会で言っていることだけを鵜呑みにせず、
自分の足で内実を把握し納得した上で自己決定を行い、
新たな一歩を踏み出すことのできる学生が一人でも多く出れば、
良いと思います。
それでも「こんなはずじゃなかった!」というのは、多かれ少なかれ、
ありますよ〜。就活生、がんばれ。
コメント 33人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
家族経営主義を貫き、労使協調路線のもと、従業員の安定雇用を何よりも重視してきたのが、戦後の日本企業である。しかし、バブル崩壊とアメリカの金融政策の影響で、社員のリストラが株価を押し上げ、企業価値の上昇につながるようになった。最近の派遣切りもその流れの中にあるのだろう。
企業の経営目標は、利益の極大化にあり、それを実現するために全力を尽くすのは当然だ。しかし、それのみが優位し、無制限に力を持つことが果たして正しいのだろうか。
この本は、様々な業界、様々な企業規模の、20人の社員達の赤裸々な告白集である。ここでは、企業の利益追求の力と、社員或いは消費者、社会に対する倫理的基準という、両者の緊張関係が、具体的なエピソードとして語られている。
一読後、企業はブラック企業とホワイト企業という二種類に分類されるのではなく、どの企業もブラック(=無制限な利益追求)とホワイト(=倫理的基準)という、多分パラレルであろう二面性を持っていることを強く感じた。
就職活動中の学生を対象にして書かれているようだが、学生にとっては、就職というハードルを越えた後に待ち受ける企業社会を疑似体験でき、人事部のインタビュー等も併載されているため、就職活動のバイブルのひとつとして機能するだろう。ただ、学生だけでなく、今後の企業経営のあり方への重大な警告として、社会人の方にも、ぜひ一読をお薦めしたい。
コメント 23人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
どんな学校で学ぶかは人生を大きく変化させるだろうが、実は社会に出てからはむしろ
「どんな業界・企業で働くかで人生は大きく変わる」と誰もが痛感しているのではないだろうか?

昨今の雇用不安は転職・就職活動を困難にさせ、入社する企業を間違えると人生設計すら大きく狂う。
この本では20人の就職失敗体験(?)から、多くの人に悪徳業界・企業の見分け方を伝授する。

まずブラック企業の定義であるが
・異常に労働時間が長い。
・入社前の待遇・条件・仕事内容と全く異なる仕事を入社後に強制させられる。
・大量に人を採用する。(辞める人間が多いことを見越して採用している)
・肉体的・精神的にキツイ。
・法令違反を犯している。
・社長や上司が体罰を加えたり、公衆の面前で特定の社員を罵倒したりする。
・セクハラが公然と行われていたりして、社内の風紀が乱れている。
・薄給である。
・残業代が支払われず、サービス残業ばかりである。

上記のような業務を日常としている企業がブラック企業と呼ばれている。
規模的に中小企業が多いのかと思うが、実は名の知られた大きな企業でも上記のようなことは慣習化されているところも多いらしい。
<
...続きを読む ›
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック