¥ 12,960
通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
少雨荘書物随筆 (知の自由人叢書) がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

少雨荘書物随筆 (知の自由人叢書) 単行本 – 2006/1/1

5つ星のうち 4.0 1 件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
¥ 12,960
¥ 12,300 ¥ 2,733
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。


商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

生涯書物を愛でて已まなかった著者が語る興味尽きない書物談義の数々。少部数限定版のため一般にはほとんど目に触れる機会のなかった書物随筆集三冊をまるごと収録。明治・大正の文学、出版界、ブックデザインに関心ある人は必読。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

斎藤/昌三
1887‐1961。明治20年、神奈川県座間生まれ。旧制中学卒業後、原三渓の原合名会社に就職。その後、在米邦人への輸出出版物の取り扱いの仕事をする傍ら、大正9年、加山道之助と雑誌「おいら」を刊行。大正12年、「おいら」のあとを受ける形で雑誌「いもづる」を刊行。大正14年、活字問屋の青山督太郎と雑誌「愛書趣味」を刊行。昭和6年、庄司浅水、岩本柯南、柳田泉らと書物展望社を興し、雑誌「書物展望」を刊行。書物展望社では、約百三十冊の本を刊行。晩年は、茅ケ崎市立図書館の名誉館長を務めた(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 単行本: 723ページ
  • 出版社: 国書刊行会 (2006/1/1)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4336047154
  • ISBN-13: 978-4336047151
  • 発売日: 2006/1/1
  • 梱包サイズ: 22.4 x 16.6 x 5 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 1 件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 803,863位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.0
他のお客様にも意見を伝えましょう
すべてのカスタマーレビューを見る(1)

トップカスタマーレビュー

2017年7月17日
形式: 単行本|Amazonで購入
0コメント|このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
同様の商品をご覧になりませんか? こちらのリンクで参照ください。竹中 弁当箱