中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ◆◆◆見返しに剥がし跡があります。開き癖があります。カバーに傷みがあります。他は問題ありません。迅速・丁寧な発送を心がけております。【毎日発送】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

少年計数機―池袋ウエストゲートパーク〈2〉 単行本 – 2000/6

5つ星のうち 4.5 38件のカスタマーレビュー

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,749 ¥ 1
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 637 ¥ 1
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

池袋のストリートが今、面白い! 動いてなければ、欲得抜きで楽しまきゃ何もわからない。テレビ化で大好評の若さ漲る連作第二弾

内容(「BOOK」データベースより)

切れるな!閉じるな!池袋で会おう!さらに鋭く、マコトとGボーイズが、池袋の灰色ゾーンを駆ける。時代の「エッジ」を生きる少年たちを活写する、新世代ストリートミステリー。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 303ページ
  • 出版社: 文藝春秋 (2000/06)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4163192808
  • ISBN-13: 978-4163192802
  • 発売日: 2000/06
  • 商品パッケージの寸法: 19 x 13.8 x 2.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 38件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 631,736位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.5
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
 オナベ、高機能障害児、老人の恋愛、大人のパーティー…。石田衣良の嗅覚は時代を鋭角的にかぎ分ける。そこに現在の面白さもゆがみも凝縮されているはずだから。このシリーズは鮮度のいいうちに味わうと実に鮮烈だったろう。が、作りがしっかりしているから、仕掛けを時代が追い越していっても、人間たちの刹那の思いはしっかり真空パックしてある。4年後の今でも、ドキドキする現実感がある。
 特に書き下ろしの「水の中の目」は、ごく脇役の「肉屋」が、物語が進むにつれどんどん良くなっていく。外見と魂は一致しないことが多いってやつ。
 体言止めと口語風の短い文体で、スピード感を出している。
 マコト、歳のわりにシブすぎるぞ!クラシックってのがイケテル。
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
IWGP第二段。
この作品に気づかずに最新刊「骨音」を読んでしまいました。
表題にもなっている「少年計数機」がなんともすばらしい。
普通こんなこと子供を思いつくだろうか?彼はすべてを数に変換する。
なんともいえないデジタルな世界だ。
そして、最終章「水のなかの目」。
おもしろい。人間の裏側、本当の怖い少年、読みたくない文章。
石田さんの作品は結構ラストが想像できる。想像できるように書いてくれている。読者を喜ばせるのがうまい。
水のなかの目では、忘れることのできない非常にすばらしい脇役が出てくる。ぜひ、彼の生きるところ見ていただけたい。
シリーズの中で一番完成した巻だとおもう。
非常に「バラけた」いい作品ぞろいだ。
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
短編と中編が合わせて4編収録されています。人間ドラマよりのミステリーって感じです。

どれも、一人としてキャラの被らない個性的な登場人物、

前作に匹敵する疾走感とストリート感で面白いです。

中でも私が一番ワクワクして読んだのが、最後の書き下ろし、「水のなかの目」。

過去に起きた女子高生監禁事件を記事にしようと追うマコトは、違法な風俗営業の店ばかり狙う強盗団の調査を、以前から顔見知りの暴力団関係者に頼まれるが…という話。

後ろ3分1くらいは、ずっとクライマックスみたいな展開です。一場面一場面を活写して読ませる作者の手法が非常に活きていてどんどん読み進めてしまいました。

オチも、終わりかと思ったらもう一段あったりして、最後まで先読み出来ませんでした。

前作を読んで気になった方、ドラマを観て気になった方、オススメです。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
『I.W.G.P』 第2弾!!
ドラマにも入っていた原作が入ってます。
ドラマを見た人も見てない人も是非読んでみてください。
見た人はきっとドラマとはちょっと違う小説のマコトに惚れるでしょう。
見てない人も自分にもこんな友人欲しかったと思うかもしれません。
ある意味「正義の味方」な主人公。だけどどの正義の味方なんかより、
人間臭くて、頼りになって・・・。
そんな彼の周りの人もそれぞれ色んな人がいるけどもみんなイイ味
だしてます。
読んだあと何か行動したくなる、そんな作品です。
是非、読んでみてください。第1弾読んでない方はまずそちらから。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 カスタマー 投稿日 2003/8/3
形式: 単行本
IWGP第二弾。
「少年計数機」では、数字に強いちょっと変わった少年との交流が、
「銀十字」では、二人合わせて140才超の老人との交流が、
それぞれ描かれており、マコトの老若男女への人気ぶりがうかがえた。
「水のなかの目」では、ラストで、いつもの甘いマコトとは違う一面が見られ、
私にとっては意外なラストでした。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
石田衣良の人気シリーズ第2弾。前作に比べ、ややリアリティにかける作品が多い中、書き下ろしの「水の中の目」は実際にあった残虐な事件をモチーフにしている。犯人の多くが未成年で数年の少年院送致で野放しにされている。主犯格のAはまだ刑務所の中だったと思うが、こいつはまさに人の皮をかぶったモンスターであり、厳しく監視しなければ必ずまた犠牲者がでるだろう。本作は18禁ゲームの問題作「螺旋回廊」にも似通っている。興味のある方はこれらの作品、事件を検索されてみるといい。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー