Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 0

¥ 679の割引 (100%)

(税込)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

[鎌谷悠希]の少年ノート(1) (モーニングコミックス)
Kindle App Ad

少年ノート(1) (モーニングコミックス) Kindle版

5つ星のうち 4.5 15件のカスタマーレビュー
[まとめ買い] 少年ノート(モーニングコミックス)の8の第1巻

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 0
コミックス
"もう一度試してください。"
¥ 1

紙の本の長さ: 220ページ

【期間限定無料】Kindleコミック
いつでもコミックが無料で読める!常時多数の無料コミックを配信中。 今すぐチェック
【Kindleコミック ストア】: コミックの人気タイトル、新着・ニューリリース、お買い得タイトルをチェック。 Kindleコミック ストア へ

【女性向けコミックストア】: 女性のためのコミックストア。期間限定無料タイトルからセール情報まで、お得な情報多数! 今すぐチェック



商品の説明

内容紹介

少年は、音の中で世界と語る――。『隠(なばり)の王』鎌谷悠希の新作は、合唱群像!天使の歌声“ボーイソプラノ”を持つ少年・蒼井由多香(あおい・ゆたか)。音に対して繊細で感受性豊かな彼は、中学校入学と同時に合唱部に入部。ゆたかの声に触発されて、部員たちはコンクールの金賞を目指す――。「学校」という舞台で少年少女が紡ぎだす、失われゆく日々のハーモニー。

著者について

鎌谷 悠希
漫画家。代表作に『隠の王』『リベラメンテ』など。作画中に欠かせないのは、音楽と熱いブラックコーヒー。

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 45409 KB
  • 紙の本の長さ: 220 ページ
  • 出版社: 講談社 (2011/6/23)
  • 販売: 株式会社 講談社
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B00A765Z0C
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 15件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  • さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.5
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 ☆野巫☆ VINE メンバー 投稿日 2017/5/11
形式: Kindle版 Amazonで購入
期間限定セールでkindle版が無料だったので購入しました。
第1巻が多いものの複数の漫画を購入できたので、夜勤中や旅行中に読んでみて、気に入った漫画の続編を購入していこうと考えています。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 投稿日 2012/12/24
形式: コミック
毎回読んで思うのですが、合唱好きの人にはたまらない本です。
合唱経験者ならきっと「そうそう!」って言いたくなるような微妙な感覚が、丁寧に描きこまれています。
声が揃ったときの浮遊感、爽快感。とんでもなく素晴らしい歌声を聞いたときの痺れるような感じ。
きっと、作者さんは合唱経験者なんだろうな、あるいは本当に合唱が好きなんだろうな、そう感じさせてくれます。

今回は、それに加えて、思春期独特の子供の心が繊細に描かれます。
考えすぎてしまうあまりに、言葉が出てこない女の子。
アイデンティティが見つけられずに歌えなくなってしまった男の子。
子供ならではの言葉の刃で誰かを傷つけてしまい落ち込む子。
大人になってしまった自分から見ると、甘酸っぱくて、でも温かい懐かしい世界です。中学生って、うん、こんなだったな。そう思える素敵なコミックスです。
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
鎌谷悠希さんという存在を、以前から気になっていました。
「隠の王」という漫画を連載しており、私は読んだことがありませんが、ネット上にあふれているイラストを見て「この人はなんてきれいな少年を書くんだろう」と思っていました。
書店で「隠の王」の画集を見つけて、表紙をまじまじと眺めましたが、まさに少年趣味丸出しでして、ああ、やはりこの人のかく絵は私の趣味にぴったりと当てはまると思いました。
しかし、私は、ファンタジーやバトル物がとても嫌いなので「隠の王」には手を出せずにいました。
そんな中、「隠の王」の連載は終了し、今度は私の好きな講談社のモーニングツーで新連載を始めるというではありませんか。
しかも、内容はボーイソプラノを持つ少年が主人公の合唱モノです。(私はクラシック音楽が好きで、特に合唱とボーイソプラノが大好きなのです)
めったに本を買う事がない私が何年かぶりぐらいに本を買いました。内容は期待どおりのものでした。

主人公の由多香くんはボーイソプラノを持ち、かつ、抜群の歌唱力、音楽に対する感受性が優れた得別な才能を持った男の子。
その彼が引っ越してきた新しい街で、中学校に入学し、合唱部に入部することから物語が始まります。
由多香くんの音楽に対する純粋な気持ち。それが鎌谷悠希さんの巧み
...続きを読む ›
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
下調べ等をせずに軽い気持ちで表紙買いをしたのですが、とんでもない。この作品に出会えて良かった!!と思える、そんな作品でした。

著者は「隠の王」の鎌谷悠希さん。
よく表紙と中身で絵の感じが違う、というのがあると思いますが、この作品はどちらも安定して綺麗な絵を楽しめます。

この作品の魅力は「音」「音に関わる人たち(合唱部)」の表現にあると思います。

主人公の少年 由多香が自ら奏でる「音」、他が奏でる「音」を楽しむ姿が新鮮。
読者側は勿論、きっと著者本人が1番楽しんでいるんだなと伝わってきます。
特に見開き2ページを使うシーンが幾つかありますが、鳥肌が総立ちします。すごい!!

出てくるメインのキャラクターは学園モノの割には少なめですが、個性派です。
まあ1巻なので仕方ないといえば仕方ないので、これはパス。
熱血(?)な部長とクールな副部長、見事にバランスが取れてます。

最後まで読むと、もう1回読みたくなる。一度目を閉じて、身近な音を改めて聴きたくなる。
そんな作品でした。
由多香の成長、合唱部の成長。
これからが気になるところです。
鎌谷悠希さんのファンの方、そうでない初めましての方。夏に飲むラムネのような、爽やかな味を楽しめる今作を強くオススメします!!!
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
あらゆる「音」に大きく感情を揺り動かされてしまう、ボーイソプラノの少年が主人公の物語である。

しかし、登場するあらゆるキャラクターが主人公になりうる物語だと感じた。なぜか。

それは、この物語に出てくる、あらゆるキャラクターに共感できるからである。

登場人物の数だけ、この物語は別の読み方が存在する。それはつまり、この物語のテーマである「合唱」と繋がっている。

これは主人公一人の物語ではなく、そして、読者すらも、この合唱の輪の中に加えてしまう。そんな、とてつもない力を持った作品だと思う。
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー

click to open popover