通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
少女 (ハヤカワ・ミステリワールド) がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: ◆◆◆カバーに若干の使用感がありますが、きれいな状態です。迅速・丁寧な発送を心がけております。【毎日発送】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

少女 (ハヤカワ・ミステリワールド) 単行本 – 2009/1/23

5つ星のうち 3.1 80件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,512
¥ 1,512 ¥ 1
この商品の特別キャンペーン 本とのまとめ買いで対象商品が10%OFF 1 件


AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 少女 (ハヤカワ・ミステリワールド)
  • +
  • 贖罪 (ミステリ・フロンティア)
総額: ¥3,024
ポイントの合計: 92pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

親友の自殺を目撃したことがあるという転校生の告白を、ある種の自慢のように感じた由紀は、自分なら死体ではなく、人が死ぬ瞬間を見てみたいと思った。自殺を考えたことのある敦子は、死体を見たら、死を悟ることができ、強い自分になれるのではないかと考える。ふたりとも相手には告げずに、それぞれ老人ホームと小児科病棟へボランティアに行く―死の瞬間に立ち合うために。高校2年の少女たちの衝撃的な夏休みを描く長編ミステリー。 --このテキストは、文庫版に関連付けられています。

著者について

1973年広島県生まれ。武庫川女子大学家政学部卒。第2回BS-i新人脚本賞佳作入選(2005)、第35回創作ラジオドラマ大賞受賞(2007)。2007年「聖職者」で第29回小説推理新人賞を受賞。2008年、同作を第1章とした全6章構成の『告白』がベストセラーとなる。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 279ページ
  • 出版社: 早川書房 (2009/1/23)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4152089954
  • ISBN-13: 978-4152089953
  • 発売日: 2009/1/23
  • 梱包サイズ: 19 x 13.2 x 2.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.1 80件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 288,714位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
分かりにくいのは確かに分かりにくいかもしれない。アスタリスクで訳が分からなくなるのもある。なんとなく釈然としない、ぼんやりとした後味が残る……それも確かにそう。だけれど、それこそがこの本の魅力ではないかと思う。ノンフィクションであり、フィクションである、そんな感覚になる。小説を「作り話」として読むのであれば不合格かもしれないが、この話は現実と空想の混合物と考えて読むべきだと感じた。因果応報、なるほどな。おもしろい作品でした。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 four-leaf clover 殿堂入りレビュアートップ10レビュアー 投稿日 2009/10/1
形式: 単行本
前作の「告白」が面白かったので、本作も読んでみました。

結構辛口な評価が多いけれど私は面白く読めました。

あまりにも偶然が多すぎる感もしましたが、そこかしこに伏線が引かれ、丁寧な作品だと思います。

ラストに向けての意外な真相には私もすっかり騙されてしまいました。
次の作品もぜひ読んでみたいです。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
「複雑な因果の果てにむかえた衝撃の結末とは?」 に騙されてはいけません。死体を見たいという高校生の話と言う事で、すごく猟奇的?な展開になるのかと思いきや「死体を見たいなんて思うわりには意外に素直?で傷つきやすい」高校生の友情を通した夏休みのお話にすぎません。高校生の気持ちを大人の今もこれだけ描写出来るのはある意味スゴイなと思いますが(たいていの人は忘れてしまうから)。1日で一気に読めてしまう読みやすさは良いのか悪いのか?
それから、これも湊さんの作品によくある展開ですが、登場人物がみんなどこかでつながるんですよね。この本の場合も中盤ですでに「ああ、この人がおそらく〇〇なんだろうな」とみんなつながってしまったので、その分さらに驚きにも衝撃にもならなかった。ミステリーとも言い切れずドラマとも青春ものとも言いきれない、どこか中途半端な流れになってしまったのが残念です。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
湊かなえさんの本は読み始めると途中でとめられないところがあります。この本はいろいろなことがつながってくるのですが、ここまでこうつながるものかと思えるところがありました。(あとから前のページをまた読み返したりしました)私の学生時代は携帯(スマホ)なんてものはなく、よかったな~と思える部分がありました。今の学生はこの本のように「裏サイト」にいろいろなことを書き込みいじめを行っているのでしょうか。裏サイトなど誰が書いたかわからないことがいいことに誰でも簡単に文を書けてしまうところが怖いです。(昔は直接言うしかなかったので誰が言っているのかがわかっていた)今、学生じゃなくてほんとよかったと思いました。今の女子高生はこんな感じなんですかね。。。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
「告白」があまりにも衝撃的で出来すぎていたので、これを超える作品を期待するのは酷かも。
しかし文体は告白と同じ しゃべり口調でサクサクと進み、とても読みやすくちょうどいい長さでした。
ただ 少女、おっさん、子供、彼氏、みんなそんなにひねくれているのか?と思ってしまいました。 
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
とても面白かったです。告白もそうでしたが、最後まで読まないと眠れませんでした。

もう30代後半ですが、10代ってこんな気持ちになることあるよなーって、すごく共感できました。
独りよがりで、じぶんばっかりで、周りからどう思われてるか気になって・・
二人の少女の友情の物語として、ものすごく感動もしてしまい、涙してしまいました・・・・

「告白」の少年たちの行動は、理解不能な部分がかなりあったのですが、
そういう意味では、今回の「少女」のほうが、よっぽどリアルだと感じました。

ほかの方がおっしゃっているような、二人の少女の読み分けの難しさもまったく感じませんでした。

ただ、最初と最後の部分・・・ここさえなければ・・・
そこだけで、「告白」と同じような後味の悪さが炸裂しています。。
せっかく、ひと夏の体験で、人の痛みがわかるようになったのに。

軽い気持ちで、加害者になりえてしまう、10代の怖さ・・というのは確かにあると思いますが
ここまで因果応報!な展開はちょっとやりすぎ。と思います。

過剰に、読者を煽っているようでやっぱり好きになれません。

でも、やっぱり新しいのが出たら、また読んでしまうだろうな。
コメント 17人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー


関連商品を探す