通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
少女終末旅行 1 (BUNCH COMICS) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ●ページは多少の日焼けがある場合がありますが、良好な状態です。●カバーなどの外観は、中古のため多少の使用感や擦れ、ヨレ、細かな傷があることがありますが、良好です。●帯なし●防水梱包【発送】日本郵便「定形外郵便」で2日以内に迅速に発送いたします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

少女終末旅行 1 (BUNCH COMICS) コミック – 2014/11/8

5つ星のうち 4.3 27件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
コミック
"もう一度試してください。"
¥ 626
¥ 626 ¥ 102
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 少女終末旅行 1 (BUNCH COMICS)
  • +
  • 少女終末旅行 2 (BUNCH COMICS)
  • +
  • 少女終末旅行 3 (BUNCH COMICS)
総額: ¥1,878
ポイントの合計: 57pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

文明が崩壊した終末世界。愛車のケッテンクラートで廃墟をあてもなく旅するチトとユーリの日常を描く、ほのぼのディストピア・ストーリー


登録情報

  • コミック: 152ページ
  • 出版社: 新潮社 (2014/11/8)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 410771781X
  • ISBN-13: 978-4107717818
  • 発売日: 2014/11/8
  • 商品パッケージの寸法: 17.8 x 12.8 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3 27件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: コミック
一言で言えば、
色々終わっちゃった世界を少女二人がケッテンクラートでウロウロする話。

一人は若干神経質で、もう一人は楽観主義者。
ベタではあるが、これが二人とも神経質か楽観主義者だったら速攻で死にそうだ。

実際世界が終わっちゃったのかどうかはまだよく分からない。
生き残りはこの二人だけかと思ったら他のキャラも出てくるしね。
雰囲気でいえば、商業誌というよりはコミティアの同人っぽい。
実際、商業誌よりも同人の方が何倍も面白いという作家は意外と多いので、
こういう雰囲気の漫画がもっと出てほしい。もう売れ線だの御定まりじゃなくて、
その人自身しか描けないものを(むしろ編集こそが率先して)ブラッシュアップしていく時代だと思う。

これを読んで、昔、ケッテンクラートが好きだったことを思い出した。
ずっと忘れていたけど、多分プライベート・ライアンの影響だ。
公開当時に観ていたが、あまりそのシーンは覚えていない。
昔の記憶をひょんなことから思い出すというのは面白いもので、
そのお礼も兼ねて連載を追っていたし、単行本も買ってみた。

特に何かすごいストーリーがあるわけでもないけど、
忘れ去られた何
...続きを読む ›
コメント 80人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 ryuki VINE メンバー 投稿日 2014/11/26
形式: コミック Amazonで購入
週末じゃないです。

web漫画で連載しているものですが、2巻が出たら買います。
いろんな見たことある感がそこかしこに見えます。色んな作品から影響を受けてますね。
弐瓶勉さんの巨大構造物の雰囲気(底が見えなぐらい高い場所etc)であるとか
メタルマックスのようにビルを倒して渡ったり
ケッテンクラートが出てくるし服装も軍用のコートのようだが、ミリタリー感はずいぶん少ない。
作中では崩壊した世界なので、ケッテンクラート以外の機械はほとんど壊れている。

全体的に終末感があるが、描かれているのは主人公二人の日常です。
なんせ一巻の登場人物は主人公をいれても三人しかいないので、武器が出てきても敵がいるわけじゃない。

終末感があるのに、読んでも非常に刺激が少ない作品なので、アクションやアツい展開等を期待しても出てきません。
ツボにハマる人はハマるでしょうが、ツマランと感じる人も少なからず居るでしょう。
☆は信用せず、とりあえずweb@バンチで本作の連載を読んでみて自分に合うかチェックしてみましょう。
コメント 45人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
ポイントとしては崩壊した都市(雰囲気的には惑星全体を覆うエキュメノポリスみたいな)を目的もなく旅するという点でしょうか?
人もいなくなり都市も放棄されているにもかかわらず、自動化された排水設備や発電設備が
ところどころ生きている描写が良いですね。パオロ・バチガルビの第六ポンプみたいな感じで。

似た雰囲気のマンガとしては、芦奈野ひとしのヨコハマ買い出し紀行 1 新装版 (アフタヌーンKC)
とかが近い気がします。
他にも、鬼頭莫宏の「殻都市の夢」やうすね正俊の「砂ぼうず」等も、
都市描写や前文明を絡めたデストピ
...続きを読む ›
コメント 21人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック Amazonで購入
チトとユーリがケッテンクラートに乗り、終末を迎えた世界を旅する話です。
どうして世界が終末を迎えたのか、理由は示されていません。辛うじて、旅の理由は食料を求めてとあります。
ただ、ゆるく終末が流れる話なので、そのあたりは余り気にならないと思います。

ただ言えることは、出てくるキャラで女の子が何というか横に長いwということ。
そして、終末を迎えてから相当世代が経過した後の話だろうという感想です。

終末を迎えた世界をいろいろ旅した二人が最後にどこにたどり着くのか、興味が尽きません。

終末ものが好きなら★4つ。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック