通常配送無料 詳細
一時的に在庫切れ; 入荷時期は未定です。 在庫状況について
注文確定後、入荷時期が確定次第、お届け予定日をEメールでお知らせします。万が一、入荷できないことが判明した場合、やむを得ず、ご注文をキャンセルさせていただくことがあります。商品の代金は発送時に請求いたします。
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 《24時間以内に発送致します》漫画喫茶、レンタル落ち商品ではございません。中古商品ですので、細かい傷や焼け、汚れ等がある場合がございますが、問題なく読んで頂けます。すべて、消毒清掃・小口研磨をして発送致します。また、領収書をご要望の方は商品注文後、お取引連絡にて、ご連絡お願いします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

少女ファイト(2) (KCデラックス イブニング) コミック – 2007/2/23

5つ星のうち 4.7 12件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
コミック
"もう一度試してください。"
¥ 648
¥ 648 ¥ 1
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 少女ファイト(2) (KCデラックス イブニング)
  • +
  • 少女ファイト(3) (KCデラックス イブニング)
  • +
  • 少女ファイト(1) (KCデラックス イブニング)
総額: ¥1,944
ポイントの合計: 66pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



村上春樹の最新作が発売開始!
新作長編「騎士団長殺し」が発売開始しました。「第1部 顕れるイデア編」「第2部 遷ろうメタファー編」の全2冊で構成。 第1部を今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

大石練・15歳。バレーボールの名門・白雲山学園中等部に在籍。小学校時代に全国大会で準優勝したほどの実力を隠しながら、練はずっと自分を抑え続けていた。

著者について

日本橋 ヨヲコ
1974年10月3日、香川県生まれ。1996年、『爆弾とワタシ』が第34回ちばてつや賞佳作を受賞。同年、『ノイズ・キャンセラー』でデビュー。単行本は『プラスチック解体高校』(全2巻)、『極東学園天国』(全4巻)、『日本橋ヲヨコ短編集 バシズム』(全1巻)、『G戦場ヘヴンズドア』(全3巻)がある。現在、「イブニング」にて『少女ファイト』を連載中。


登録情報

  • コミック: 210ページ
  • 出版社: 講談社 (2007/2/23)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4063722627
  • ISBN-13: 978-4063722628
  • 発売日: 2007/2/23
  • 商品パッケージの寸法: 18.2 x 13 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.7 12件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.7
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 しんのすけ トップ1000レビュアーVINE メンバー 投稿日 2007/3/2
形式: コミック Amazonで購入
青春群像劇を描かせたら日本橋ヨヲコを超える漫画家はいないんじゃないだろうか。

少なくとも、読んでいる時にはそう感じさせてくれるだけの力と熱さを持った

素晴らしい作品です。正直言って作者の画風はスポーツ漫画のような動きのある

作画には向いていないと思いますが、それを補って余りある内容。

私がこの作品に限らず日本橋ヨヲコの漫画で大好きなところは、登場人物一人一人の

内面をきちんと読者に解説してくれるところで、そうやってそれぞれの考えが分かる

ことによって、お互いの喜び・悲しみ・ジレンマなどに感情移入できます。

作中に決定的な悪人がいないこと、登場人物みんなそれぞれに魅力があること、

主人公はそれよりさらに魅力的であることなども読んでいてとても気持ちが良い。

作者のファンとしてはどうしても打ち切りが心配になってしまうんですが、

掲載誌であるイブニングは「もやしもん」なども評価されている質の高い読者を

持っている雑誌なので、ひとまず安心しています。

このままどんどん突っ走ってほしい。期待しています。
コメント 17人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
 そのバレーボールの天才故に周囲と衝突し挫折・孤立してしまった少女が,高校進学を機に再びバレーに居場所を見出していく過程を描く作品.
 丁寧な人物像の描きこみや時折ハッとさせられる発言等勧めどころは多いが,ここでは登場人物間の関係が徹底して相対化されている点を特に指摘しておきたい.例えば主人公・大石練(ねり)と高校で初めて女子バレーの世界に入ってきた小田切学との関係.入部者の少なさから未経験者である学にも声がかかった際, 練はこう言って踏切りを付けるよう促す.「経験より目的がはっきりしてる奴が優先だと思うよ」と.だが,二人の関係は練の一方的優位には終わらない.対人関係についてネガティブな思考に陥りがちな練に今度は学が知らず知らずのうちにこう諭す.「本当のところは本人に聞かないとわからない」.周囲の無理解さ故に長い間孤独だった二つの魂が,ようやく初めて触れ合い共振する瞬間である.
 このような人間模様の描出に成功している点,この漫画は「スポーツ」「少女」「バレー」等の既存の修飾語で収まり切らない射程の長さを持つ.書き手が女性でまた少女を主人公とする作品が青年誌での連載されていることに全く違和感がないのは理由のないこととは思えない.
 半月刊誌において更に月1連載とされている等,編集側からの充分な配慮も伺える.性急でない着実な話の展開と相まって,本作は間違
...続きを読む ›
コメント 17人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
バレーを辞めることも考えた主人公でしたが、かつて亡くなった姉と同じバレー部に所属していた女性が監督を務める高校のバレー部に入ることに!

ワンマンプレーで周りからドン引きされて孤立した過去がある主人公は、どうにか自分のプレイスタイルを変えるべく努力している途中です。

そんな主人公に憧れる優等生が、当初マネージャーとして入部するつもりが、部員としてプレイする側に入った所からグンと話が面白くなった気がします。

初心者が競技の楽しさを実感する過程を描かれると、実際やってみたいなと思ってしまうから不思議です。

バレー部には他にも一癖も二癖もある濃いメンバーが揃っていて、今後が楽しみな作品になりました。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
ハッキリ言ってスポーツ漫画は話のスジが単調で苦手なんですが、この作品は純粋に面白いと再認識しました。名作「柔道部物語」以来のお気に入りです。

1巻の強烈な個性の登場人物ばかりで、これからどんな話になるのか心配でしたが、群像劇の良さを活かした展開でこの先も楽しみです。

ただし、監督の意図など部員たちが簡単に理解してしまうのは少し違和感ありますが・・。

内表紙のコダワリとか、話の各所に入る笑いのツボとか本当に良いなあと思います。

3巻も買いです!!
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
待ってました、第2巻。
1巻で丁寧に練の性格、気持ちなどが描かれ、
これからどうするのかの前フリが描かれ、
2巻で活動開始となります。

面白いです。
出てくるキャラクターがいちいちカッコ良かったり
いい奴だったり、ストイックだったり。
個人個人でピックアップした話が読みたくなるほどのキャラの濃さがたまりません。
ルミコが出たということは、町蔵もそのうち出てくるのかな、とか
誰と誰がひょっとして兄弟?とか
余計なワクワク想像までさせられてしまいます。
スポーツは何も出来ない私でもガッツリのめり込んでしまうほどの面白さです。

これからさらにどんな試練が待っているのか?
どんなストーリーが待ち受けているのか?楽しみでしかたありません。

しかし、いいっすね、由良木先輩。
あのトボケたキャラ、たまりませんなー。
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー