通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
少女ファイト(1) (KCデラックス イブニング) がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: ◆◆◆カバーに若干の使用感がありますが、きれいな状態です。迅速・丁寧な発送を心がけております。【毎日発送】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

少女ファイト(1) (KCデラックス イブニング) コミックス – 2006/7/21

5つ星のうち 4.1 46件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
コミックス
"もう一度試してください。"
¥ 648
¥ 648 ¥ 1
この商品の特別キャンペーン 本とのまとめ買いで対象商品が10%OFF 1 件


この商品には新版があります:

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 少女ファイト(1) (KCデラックス イブニング)
  • +
  • 少女ファイト(3) (KCデラックス イブニング)
  • +
  • 少女ファイト(4) (KCデラックス イブニング)
総額: ¥1,944
ポイントの合計: 60pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

大石練・15歳。バレーボールの名門・白雲山学園中等部に在籍。小学校時代に全国大会で準優勝したほどの実力を隠しながら、練はずっと自分を抑え続けていた。

著者について

日本橋 ヨヲコ
1974年10月3日、香川県生まれ。1996年、『爆弾とワタシ』が第34回ちばてつや賞佳作を受賞。同年、『ノイズ・キャンセラー』でデビュー。単行本は『プラスチック解体高校』(全2巻)、『極東学園天国』(全4巻)、『日本橋ヲヨコ短編集 バシズム』(全1巻)、『G戦場ヘヴンズドア』(全3巻)がある。現在、「イブニング」にて『少女ファイト』を連載中。


登録情報

  • コミック: 238ページ
  • 出版社: 講談社 (2006/7/21)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 406372171X
  • ISBN-13: 978-4063721713
  • 発売日: 2006/7/21
  • 梱包サイズ: 18.4 x 13 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.1 46件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: Kindle版 Amazonで購入
主人公を始めとして、周囲のキャラも含め、心の機微を丁寧に書いているのが良い。

ただ、やや画力的にイマヒトツなのと、ストーリーの取っ掛かりの部分でスッと入って行きづらいのが弱点。
最初の方は、誰がどういう関係なのか分かりづらいまま、話が進んでしまう。
もっとも、読み進めて、ある程度関係や位置づけが分かって来ると、俄然面白くなるンだけど。

1巻としては、まだ「本章の前段エピソード」的な感じ。
これ以降が本格始動・・・!
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
大まかなストーリーが結構シリアスなので、和気藹々スポーツを楽しむ漫画みたいなのを期待していると気持ちが重くなるかも。

絵柄がとても独特ですが意外と見やすくはあるのですが、キャラクターが全員老けて見える…

中学生とか高校生に見えないのが残念です。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 田村田 投稿日 2017/4/8
形式: Kindle版 Amazonで購入
バレーより葛藤とか人間模様みたいな描写のほうがメインに思える。
過去のトラウマを乗り越えて行く成長ストーリー?
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
読むたびに伏線や書込みの豊かさに気がつきます。春高行きたくなりました(^^)
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 yoc 投稿日 2015/12/6
形式: Kindle版 Amazonで購入
ぐいぐい引き込まれてしまいました。
2巻も早くよみたいです。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
「あの日から、友達は作らないって決めたんだから」大石練(おおいしねり)・15歳。バレーボールの名門・白雲山(はくうんざん)学園中等部に在籍。練はずっと自分を抑え続けていた。小学校時代に全国大会で準優勝したチームのキャプテンであったほどの実力を隠しながら。集団スポーツの中で、自分を殺さなければいけない理由は――。それでもバレーを辞められない想いとは――!! バレーボール群像劇スタート!
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
作者のやさしくてまっすぐな心がつたわります。
やさしくてまっすぐは、時には弱さにもつながりますが
弱さで終わらせないところが素敵です。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 飛迦璃 投稿日 2007/2/8
形式: コミック
小学校時代に全国大会準優勝を果たすという実力の待ち主ながら、中学ではその力を

隠し、万年補欠を貫きとおしている「大石練(ねり)」がこの物語の主人公だ。

彼女はその実力と、試合になると熱意から狂犬のようになってしまうことで、チームメイトに

疎まれた経験があった。そのため、中学では目立たないように、皆から嫌われないように…と

自分を押し殺していた。しかし、レギュラー選手のケガのせいで、練は試合に出場することに。

「調子に乗らないように」と自分に言い聞かせたものの、案の定、彼女はプレーに熱が入ってしまい

その上エースアタッカーにケガを負わせてしまう…

リアルな痛さを感じる。スポーツというものには、妬みや嫉妬がつきものだ。

私自身、中学のころ部活において昔の練のような人間だった。正直、自分よりも実力がない奴には

イライラしたりしたし、キツイコトを言ったかもしれない。

だから練のように実は疎まれていたかも、いや、疎まれていただろう。

だから、この漫画は私に色んなものを突き刺してきた。

練にはこらからも色んな試練、戦いが待っているのであろうが、強く、たくましく成長していって

欲しい。今後が待ちどおしい作品がまた一つ増えた。
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
少女ファイト。感想9巻まで読んで。
ボレーボールをしたことありませんが私ははまりました。
家柄が特殊な子が多く人間関係の話が多いためスポーツ物って言うよりドラマに近いものだと思います。
絵柄は線が太く影線はあまり使わずトーン代用のため最初は違和感感じましたがなれると見やすいですし、扉絵などのカラーを見るとデザインや構図などの画力をすごく感じます。
ドラマといいましたがバレーボールもしっかり書いてますので私のフェチとしてのユニフォーム好きにも効果抜群です。
『お前がそう思うんならそうなんだろう お前ん中では』という言葉がネットのイラスト絵でダイブームでしたが、この漫画人間関係が濃密なので名言が多いです。ブームの言葉はネタですが、心に響く、刺さる言葉が多いのでネット上だけでなく自分でも探すのも一興かと。
現実では『気持ちを言葉に換え伝える』ことはとても難しいと私は感じて生きていますが、しかしこの作品の少女達の強い気持ち、そしてそれを伝える饒舌な大人っぽさは感動しました。
ちなみに私の一番好きな話は部屋片付けの話ですw
私個人としてはキャストがいるなら是非TVドラマ化してほしい作品です。

私はスポーツをしてこなかった人間なのですごくうらやましいですし、学生時代にこうゆう物を読んでいればよ
...続きを読む ›
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー